10スロは勝てる?勝てない?【時代に合っている】

2022年4月12日

10スロはちょうどいい、カスカスです。

みなさんは10スロ(10円スロット)を打ったことはあるでしょうか?

名前の通り、貸メダル10円で1000円あたり最大100枚貸し出されます。

20スロより気楽に打て、5スロよりドキドキできるというちょうどいいレートで、何よりも換金時の計算がしやすいのもメリットの一つ。

Left Caption

カスカス

1000枚=1万円とかね。

5スロほどの人気はないですが、小遣いの範囲で勝負できる10スロはサラリーマンにも人気。

そんな10スロは勝てるのか?勝てないのか?考えてみます。



10スロは勝てる?勝てない?

まずは10スロは勝てるのか?勝てないのか?について考えてみましょう。

これは当記事で2019年3月から取っているアンケートになります。

10スロは勝てると思いますか?
勝てる :46人
勝てない:27人
やらない:6人
※アンケートは一番下にあります

現状では10スロは勝てると思っている人が多いようです。

単純に“20スロよりは設定が入ってなく、5スロよりは設定が入っている”という立ち位置だと思うので、低貸レートの中でも一勝負しやすいからってことでしょう。

確かに低貸専門店なんかは、20スロの代わりとして10スロを導入していたりするので割と設定も入っている様子。

Left Caption

カスカス

近所の10スロ店もわりと設定が入ってるっぽいです。

個人的な10スロの収支もそこまで悪くないので、現状では10スロは勝てるという感想です。

 

10スロが勝てる時代が来た?

今現在、『10スロは勝てない』って思っている人も、これから「勝てる」と思えるようになるかもしれません。

近年のパチスロ業界は規制が厳しくなり、5.5号機、5.9号機、6号機とその規格が変わっていったのはご存知ですよね?

簡単に言えば射幸心抑制のための出玉規制で、6号機でいえばMAX2400枚しか出せないような仕様になりました。

しかしその反面、ベースが上がり低資金でも遊べるようなスペックになっています。

つまり20スロを恐れて5スロを打たなくとも、10スロでも低資金で遊べるようになったということです。

Left Caption

カスカス

6.2号機からはちょっとまた怖くなったけど

 

一撃2400枚が限界にも関わらず吸い込みが一丁前の20スロを打つよりも、金額的リスクの低い10スロの方がいいと感じる人も多いはずです。

Left Caption

カスカス

勝ち額が半分になるかもしれないけど、負ける方が多い時代だからね。負ける前提で考えれば10スロの方が安心です

 

ユーザーが5スロから10スロへ

どこのホールにも存在する5円スロットコーナー。

なぜこれほど5スロの人気が高まったのかを思い出してください。

5号機AT機が全盛期の頃、大金を失ったり心が折れた人たちが、低資金でもAT機が打てる5スロに移った事が5スロユーザーの拡大に繋がりました。

 

しかし今はどうでしょう?

一撃性のある5号機AT機がなくなり、さらには5.5号機まで撤去され、一撃性を楽しめる機種がなくなりました。

 

そして6号機からは一撃1000~2000枚くらいが基本となってしまう為、一撃性を求めて5スロを楽しんでいたユーザーは金額的な物足りなさを感じてしまいます。

Left Caption

カスカス

みんな諭吉が欲しいだろうからね

 

金額的な物足りなさを感じた5スロユーザーがどこへ向かうかというと“もう一つ上のレート”、つまり10スロなのです。

Left Caption

カスカス

もしくは1パチミドル(笑)

お金が無くて5スロを打ってるわけだから、そんな人が20スロに戻ることは考えにくく、そうなると一つ上のレートである10スロが一番参入しやすいのです。

実際にユーザーが5スロから10スロに流れたことで、ホールが対応せざる負えなくなった例もあります。

 

ホール側も10スロ導入へ!?

私はパチンコホール関係者ではないため、内部の詳しい事は分かりませんのであくまでも憶測です。

出玉規制によるベースアップなどで、ホール側は客から回収しづらくなっています。

旧基準AT機の頃は5スロであっても普通に2万とか負けられました。

しかし新基準機になり、5スロ・2スロなどの低貸では低設定を入れても数千円で長い時間遊べてしまう可能性もあるし、6号機だと設定差が大きい機種も多いので低設定ばかりだと1000~2000円で見切られてしまいます。

だからといって今まで5スロや2スロを導入していたホールが、急に全て20スロに戻すという事は今の時代少ないと思われます。

Left Caption

カスカス

これについては近所のホールが全台20スロに戻したという事例もありますが・・・

そこで考えられるのが10スロへの移行です。

低資金で遊びやすくなった規制に便乗し、5スロから10スロに移行するホールが増えるのではないかと予想しています。

10スロであればそれなりに回収もできますし、出玉規制による金額的な物足りなさから刺激を求めてやってきた5スロユーザーの受け皿にもなりえます。

もしこの流れになっていけばユーザー側にもメリットがあり、10スロで最新台を打てたり設定を入れるホールも増えることで、10スロで勝てるようになってくると考えています。

Left Caption

カスカス

近所の低貸店は5スロを減らして10スロ増台を2回行い、つい先日、全台10スロに移行しました



勝てる10スロ店の選び方

そんな今後に期待の10スロですが、その扱い方は店次第

この記事ではわりと前向きに考えていますが、実際は極悪設定で運用してくる店もあると思います。

なので10スロを打つ際は店選びが超重要です。

 

私が勝てる10スロ店の選び方として注目しているのが、

10スロのジャグラーコーナー

です。

こいつの【台数】【稼働】が良ければ、わりと設定面でも期待できるホールかな?と思っています。

まぁ閉店間際に行ってデータを確認すれば一目瞭然ですが、ジャグラーの台数が多く稼働が良ければ、わざわざデータを見なくとも戦えるはずです。

Left Caption

カスカス

10スロで稼働がいいってのにはちゃんと理由があるはずなんです。

 

逆に勝てない10スロ導入ホールを挙げるとすれば、

・ジャグラーが数台、もしくはガラガラ
・バラエティーばっかり

みたいなホール。

こういったホールは10スロを5スロ同様の扱いで動かしているので、設定面には期待できないかと思います。

Left Caption

カスカス

あくまでも個人的な選び方です。



変わる低貸、10スロが勝てる時代へ

6号機の登場で「20スロでも夢がない」「5スロだと物足りない」という状況になっているパチスロ業界において、その中間である10スロはこれからの時代に注目されるレートと言えます。

まだまだ10スロ導入店は少ないですが、その人気が徐々に高まってくることで、5スロが爆発的に増えたときのように10スロ導入店が増えてくるのではないかと思います。

これは今の10スロユーザーには朗報です。

先ほども言いましたが、台数や人気が増えれば10スロに設定を入れるホールも増えて行く可能性があるからです。

あくまでも個人的見解ですが、有利区間が撤廃されない限りは10スロが勝てる時代になっていくと思っています。

Left Caption

カスカス

私の給料的に10スロが一番ちょうどいいので、もっと増やして欲しいってのが願望。Aタイプは20スロ、AT機は10スロといった使い分けも面白いかもしれませんね
この記事もオススメ
10スロは勝てると思いますか?

この記事やブログに対するコメント・感想などはコメント欄にて受け付けています。※全てのコメントに返信します




プロフィール

 

年収180万円の低所得者。

副業が大好きで、底辺の頂点目指しています。

気軽にコメントどうぞ!

※画像は本人ではありません

「記事に共感した」「可哀そうだからフォローしてやるか」って方は、Twitterのフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】