低貸の歴史が変わる!10スロが勝てる時代に!

2020年8月2日

 

みなさんは10スロ(10円スロット)を打ったことはありますでしょうか?

名前の通り、貸メダル10円で1000円あたり100枚貸し出されます。

5号機初~中期に入ってからどこかの店が始めたんでしょうが、それが全国に広まって6軒に1軒くらいは10スロを置いているホールがある印象です。

20スロより気楽に打て、5スロよりドキドキできるというレートで、何よりも計算しやすい事も特徴の一つ。

5スロほどの人気はないですが、小遣いの範囲で勝負できる10スロはサラリーマンにも人気です。

そんな10スロに関して私は断言します!

10スロが勝てる時代が来ると・・・。




 

10スロが勝てる時代が来る理由

10スロが勝てる時代が来ると聞いて多くの人は「んなわけあるか!」「寝言は寝て言え」というかもしれません。

しかしこれには理由があります。

近年のパチスロ業界は規制が厳しくなり、5.5号機、5.9号機、6号機とその規格が変わっていったのはご存知ですよね?

簡単に言えば射幸心抑制のための出玉規制

5.9号機でいえば3000枚ほど、6号機でいえば2400枚ほどしかMAXで出せないような仕様になりました。

有利区間についてはこちらで

しかしその反面、6号機に関してはベースが上がり低資金でも遊べるようなスペックやコイン持ちにもなっています。

6号機最初の台として登場した「HEY!鏡」50枚あたり約49ゲーム「エヴァAT777」50枚あたり約50ゲームとかなりコイン持ちが良くなっています。

つまり5スロでなくても10スロでも低資金で遊べる仕様になったということなのです。

5スロで1000円(200枚)使って100ゲームちょっと回せる時代から、10スロで1000円(100枚)使って100ゲームほど回せる時代になったのだから、欲がある人ほど後者を選びますよね。

しかも出玉が抑制されてるんですから1000枚・2000枚でも、まとまった勝ち額を得られる10スロの方が人気になってくると思うのです。

これが10スロが勝てる時代が来る!という理由の一つです。

 

ユーザーが5スロから10スロへ

今では結構なホールに存在する5円スロットコーナー

なぜそれほど5スロの人気が高まったのかを思い出してください。

一撃性のある5号機AT機が全盛期の頃、大金を失ったり心が折れた人たちが、低資金でもAT機が打てる5スロに移った事が5スロユーザーの拡大に繋がりました。

しかし今はどうでしょう?

当時の一撃性のあるAT機が減り、さらには最後の砦の5.5号機まで撤去になれば有利区間のある5.9号機以降の台しか残らず、3000枚以上の一撃性を楽しめなくなります。

そして有利区間の兼ね合いで一撃1000~2000枚くらいが基本となってしまう為、一撃性を求めてやっていた5スロユーザーには物足りなさも残ってしまいます。

出玉で物足りなさを感じたユーザーがどこに向かうかというと「もう一つ上のレート」つまり10スロなのです。

お金が無くて5スロを打ってるわけだから、そんな人が20スロに移行するとは考えにくく、そうなると一つ上のレートである10スロが一番参入しやすいのです。※または8スロ

過去台が減れば減るほど5スロ離れが進むと思っています。

そしてその5スロ離れが進んで行くとホール側も状況に合わせて対応しないといけなくなっていきます。

 

ホール側も10スロ導入へ!?

私はパチンコホール関係者ではないため、内部の詳しい事は分かりませんのであくまでも憶測です。

出玉規制によるベースアップなどでホール側は客から回収しづらくなっています。

旧基準AT機の頃は5スロであっても普通に2万とか負けられましたよね。

しかし新基準機になり、5スロ・2スロなどの低貸では低設定を入れても数千円で長い時間遊べてしまう可能性もあるし、低設定ばかり入れては客離れも進んでしまいます。

低貸にベースの高い新台なんか入れたもんじゃ、回収にも時間もかかります。

そこで考えられるのが10スロへの移行です。

今まで5スロや2スロを導入していたホールが急に全て20スロに戻すという事は今の時代少ないと思われます。※これについては近所のホールが全20スロに戻したという事例もあり

しかも客寄せパンダの低貸を無くすことで店の売り上げに大きなダメージを与えてしまう可能性もあります。

Left Caption

カスカス

5スロ打ってから20スロ打つ養分もいるので・・・はい、私です。

なので低資金でも遊びやすくなった規制に便乗し、5スロから10スロに移行するホールが増えるのではないかと予想しています。

10スロであればそれなりに回収もできますし、出玉の物足りなさから刺激を求めてやってきた5スロユーザーの受け皿にもなりえます。

ホール業界の詳しい状況は知りませんが、私が経営者ならそうします。

それはユーザー側にもメリットがあり、増台だったり10スロに設定を入れるホールも増えることで、勝てる状況が多くなると考えています。

 

変わる低貸、10スロの時代へ

スロットの規制によって5スロが時代に合わなくなってきました。

5.9号機・6号機の登場で「20スロでも夢がない」「5スロだと物足りない」という状況になっており、その中間である10スロはこれからの時代に注目されるレートと言えます。

今後ホールが6号機の新台やおさがりを率先的に10スロに導入したり、10スロを増台したりするとその人気は高まっていくでしょう。

これは今現在の10スロユーザーには朗報です。

先ほども言いましたが台数や人気が増えれば10スロに設定を入れるホールも増えて行く可能性があるからです。

逆に10スロ以下の低貸ユーザーには悲報で、2スロなどが無くなり5スロが今の2スロ的な立ち位置になるかもしれません。

とにかく10スロが勝てる時代がくると私は思っています。

そしていつの日かそれが当たり前となる日も来るかもしれません。

10スロの時代が来ることを私は楽しみにしています。

10スロが勝てる時代になると思いますか?

この記事やブログに対するコメント・感想などはコメント欄にて受け付けています。※全てのコメントに返信します




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】