パチスロ6号機の嫌いな所を10個挙げてみた【これが不人気の理由?】

2020年7月30日

6号機は大キライ大キライ大キライ大スキ!あぁ~、カスカスです。

さてパチスロ6号機に対して色んなご意見をお持ちでしょうが、6号機が比較的好きな私があえて6号機の嫌いな所を挙げてみたいと思います。

一つでも納得していただければ記事を書いた甲斐があります。



6号機の嫌いな所10選

終わりが見えてしまう

まず最初の6号機が嫌いなところは、終わりが見えてしまうこと。

ご存じのように6号機には有利区間という概念があり、1500ゲーム消化or2400枚獲得でATが終了してしまいます。

リゼロなんかは約300ゲームのAT消化で終了だし、どこまで伸びるか分からないのがスロットの魅力だったのにそれがキレイさっぱり無くなっています。

ある程度上乗せや継続すれば最後はほとんど消化試合

消化試合ほど盛り上がらないものはありません。

 

ハマる前提で回さないといけない

6号機は基本的にハマる前提で回さないといけません。

ベースが高いせいもあるけど、数百ハマりは当たり前という感じが嫌いですね。

5号機のA+ARTのようにスロットはテンポが大事だと思うから、投資うんぬんよりも初当たりが軽くないと。

初当たりが比較的軽い設定6なんかエクストラ仕様(後述)なんで。

 

AT・CZ終了後の『はじめから』感

 

5号機とかは天国・潜伏・状態引継ぎなどがあったけど、6号機のAT終了・CZ終了後はまた最初からの台が多い。

ゲームでいう「負ければはじめから」的な感じ。

出玉がしょぼいとそこから続行する気力も起きなかったりします。

このはじめから感が嫌いですね。

「また数百ゲーム回すのかぁ・・・」と喪失感に襲われます。

 

天井のありがたみの無さ

なんの天井か分かるかな?

天井到達ってまぁまぁ嬉しいものだが、有利区間の関係でハマればハマるほど最高獲得枚数が減ってしまうのも6号機の嫌いなところ。

それでも1000枚出せる力あればいいけど、減少区間有りの機種なんかは数百枚で終わることもあるし、どうあがいても純増的に天井からの2400枚が無理な台もあります。

中には何十枚かの出玉を取って有利区間を終える機種なんかもありますね。※喰霊零とかビンゴ倶楽部とか

Left Caption

カスカス

せめて天井到達でも2400枚出せるくらいの力は欲しいよね。

 

○○集め

6号機の多くの機種には○○集めの機能があります。

画像の猛獣王なら肉集め、鏡ならHEY集めなどなど。

こういったシステムは5号機まではどちらかというとAT中の要素だったのに、6号機では通常時の要素になっています。

なんかこの○○集めをやらされている感がなんか嫌い。

これに引っ張られて負ける事も多々あります。

 

有利区間の引き継ぎ

 

これはいりません。

有利区間の引き継ぎはルパンイタリアや北斗天昇など純増が多い機種によくあるシステム。

初当たりの軽くするためのシステムだと思いますが、どちらかというとハイエナのため。

仏壇鉄拳みたいにボーナス高確・TC高確的なゲーム性なら許せるかも?

 

純増を上げればいいという流れ

リゼロ以降、とにかく純増を高くすればいいという流れが正直嫌いです。

確かに純増8枚とか9枚とかって魅力的ですが、高純増の良し悪しは機種にもよります。

リゼロは良しとしても、ルパンやハナペカとか酷いとしか言いようがない。

初当たりとかのバランスを考えれば純増2.7枚~4枚程度がちょうどいいのかも?

 

設定6のエクストラ仕様

転載:DMMぱちタウン

6号機は設定差が大きいことはご存知だと思いますが、設定6がエクストラ仕様過ぎて、そう簡単に店側もいれてくれません。

猪木を例にすれば、初当たり確率に2倍の差があるとか鬼畜。

6はないと思って打つしかないのも嫌いなところ。

ほとんどの機種は初当たりだけで、なんとなく設定の高低が分かってしまうと思います。

 

取り返せる気がしない

6号機で1000枚出すことって意外と難しいもので、個人的な印象としては2万使ったら終わり。

5号機時代は3~6万は当たり前だったし、それでも取り返せるポテンシャルがあった。

でも今は・・・って感じです。

ある程度使うと取り返せる気がしないというのも嫌いなところです。

 

フリーズのありがたみが少ない

5号機まではフリーズって数千枚・万枚への入り口だったりしましたが、6号機ではMAX2400枚なのでありがたみが落ちましたね。

もちろんリゼロなどのように完走確定という強い恩恵もあったりしますが、他の台なんか1000枚いかない事も。

先日のコメントにはこんな声も・・・。

前にロングフリーズ引いてボーナス7個ストックでGT2セット確定した状態でRB5回、BB2回、GT継続立全く伸びず約700枚でお終い、フリーズ引いた時は勝ちを確信したのに結果ちょい負け、泣きそうになりました。

これは5号機でもよくある事でしたが、出玉上限があるんだったらもっとフリーズ恩恵が強くても良い気がします。



6号機が嫌い、けど大好き

以上が個人的に6号機の嫌いな所ですが、この挙げた嫌いな所こそが6号機の不人気の理由でしょう。

最初はもちろん私も6号機に対して毛嫌いしていましたが、やっぱ慣れでしょうか?少しずつ気にならなくもなっています。

Left Caption

カスカス

引き戻しゾーンなんかも最初は「何だこれ?」と思っていたけど、パチンコのSTみたいで楽しいと思えるようになった。

「嫌よ嫌よも好きのうち」という言葉がありますが、5号機自体も最初は嫌われていましたし、5号機ATなんかも最初は否定的な声が多かった時代もありましたが、今は逆ですね。

これからビックタイトルの機種がどんどん6号機仕様で登場してきますが、嫌いなところだけでなく好きなところも見つけて楽しんでみてはいかがでしょうか?

他にも6号機の嫌いな所がありましたら、コメント欄にて教えてください。

Left Caption

カスカス

嫌いと思われないためにも店側も設定入れて頂戴ね
あなたの思う6号機の嫌いなところは?




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】