動画編集ソフトEaseUS Video Editorを使ってみた【レビュー】

動画編集は楽にやりたい、カスカスです。

さてみなさん、『EaseUS Video Editor』ってご存じでしょうか?

動画編集したことがある人なら一度は聞いたことがあるかと思いますが、EaseUS Video Editorとは誰でも簡単に動画を編集できるソフトになります。

どんな感じなのか私自身もよく分からなかったので、実際に使ってみる事にしました。

EaseUS Video Editorを使ってみた

今回はEaseUS Video Editorの『無料体験』バージョンを使っていきます。

無料体験バージョンでは一部機能に制限があり、全ての機能が整ったバージョンを使いたいのであれば有料版の購入をしないといけません。

ただ最初から有料版を買って後悔するのも嫌ですよね。

製品版を買う前にお試しができるというのも、このEaseUS Video Editorの良い所です。

こちらが基本画面になります。

さっそく使っていきましょう。

まずは「インポート」という部分をクリックし、編集したい動画を選びます。

EaseUS Video Editorは、よく使われている動画フォーマットのほとんど対応しています。

なので基本的な方法(カメラやスマホなど)で撮った動画は編集可能です。

動画をインポートしたら、ドラッグして下の方に持っていきましょう。

これで編集準備の完了です。

基本的な動画であれば赤丸で囲った部分での操作で完結するはずです。

詳しい操作方法については他の人の記事の方が役立つと思うので、簡単に機能の説明をしていきます。

テキスト

『テキスト』は簡単に言えば、動画の説明や声の字幕を入れたいときに使います。

テンプレートも最初からあるので、初心者はそれを利用してみるのもいいかもしれません。

 

フィルタ

『フィルタ』は、動画の色彩を変える機能。

例えば動画をモノクロ風にしたり、ホラー系にしてみたりとスマホなんかでよくある機能ですかね。

映像の雰囲気を変えたいって人にはいいかもしれません。

 

オーバーレイ

『オーバーレイ』は映像の装飾品みたいなもので、アナログ映画風にしたり、動画撮影に出る「REC」を表示させて撮ってる風にしたりと動画にアクセントをつける機能です

種類も豊富なので結構便利ですよ。

 

画面切替効果

『画面切替効果』は動画と動画を繋ぐ際に使われる機能です。

違う場面に飛ぶときや、「数日後」みたいな状況を変えたいときに使います。

 

オンライン素材

これが未だによくわからん機能の『オンライン素材』。

ただこれだけでも動画素材として使えますので、オープニングやエンディングとして使うのもいいかもしれません。

 

ミュージック

『ミュージック』はその名の通り、音楽を挿入する機能ですね。

多くの動画でもBGMを入れていると思いますが、動画作成においてかなり重要な機能です。

用意されている音楽素材を一通り聴いてみましたが、これだけでも十分使えると思います。

 

おまけ:モザイク

動画作成において使いたくなる機能が『モザイク機能』です。

一応このEaseUS Video Editorにもモザイク処理を施す機能があり、使い方は『モザイクをかけたい動画を選び、右クリック。モザイクという項目があるので選び、モザイクをかけたい場所を指定する』だけです。

モザイクをかけるのは簡単ですが、追跡機能はないようなので、対象物が動くたびにモザイクをかけないといけません。


ここで紹介した機能だけで、基本的な動画の作成は可能です。

ぱっと見思ったのが、そこまで機能がごちゃごちゃしていないので初心者でも分かりやすいのかな?ということ。

確かに細かく色々イジリたい人には物足りなさはありますが、簡単な動画でいいって人には良い動画編集ソフトだと思います。

 

動画の出力方法

動画が完成したら最後にやらないといけない作業が『出力作業』です。

このEaseUS Video Editorの個人的に一番良いと思ったのが、この出力作業。

他の動画編集ソフトに比べてすごく分かりやすい出力画面です。

まず動画が完成したら、画面中央の『出力』をクリックします。

すると以下のような画面が出てきます。

どんな形式で出力するか・動画の名前・保存先を指定します。

MP4・AVI・WMV・MKV・MOV・GIFに対応しています。

『動画プラットフォーム』という項目をクリックすると、YouTubeやTikTokに直接アップロードもできてしまいます。

これなら初心者でも迷うことなく、動画を投稿できますね。

指定したらあとは『出力』を押します。

ただ今回無料体験バージョンで編集しているため、以下の注意が表示されます。

無料体験だと、ロゴがついたり1080pの動画の出力もできないようです。

さすがにYouTubeとかに投稿する動画で、ロゴ付きだとダサいですからね・・・。

ガチの動画作成を考えている人は製品版を買うしかありませんが、まずは無料体験なので『試用する』をクリックして出力しましょう。

そうすれば数分後に「出力完了」となり、動画が完成します。

 

EaseUS Video Editorの価格

無料体験版を使ってみて「これはいいソフトだ」と思った方は、有料版へ移行しましょう。

有料版の名称は『EaseUS Video Editor Pro』になります。

プラン制となっており、

1か月ライセンス
価格:3590円
1年間ライセンス
価格:5990円
永久無料アップグレード
価格:9590円

の3つから選ぶことになります。

公式サイトでもオススメされていますが、価格的にも永久無料アップグレードの方が断然おすすめですよね。

 

EaseUS Video Editorを使った感想

EaseUS Video Editorを使ってみて私が思ったことは、とにかく簡単ということ。

動画編集ソフトって結構複雑で、説明書読みながらやらないといけない事が多いのですが、こちらのEaseUS Video Editorはそこまでしなくても大丈夫。

難しい編集機能はほとんどないので、初心者でもすぐに始められると思います。

確かに慣れてくれば機能面での物足りなさは残りますが、動画編集の基礎知識は得る事ができるでしょう。

Left Caption

カスカス

特殊効果などの素材も最初からあるやつだけ十分ですね。

多少ソフトの重さが気になりますが、某動画編集ソフトほどではないかもしれません。

みなさんも興味があれば使ってみてください。

EaseUS Video Editor公式サイト

プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】