※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

パチンコでハマってしまう理由【ハマる台の挙動も】

2023年2月5日

自分が打つと必ずハマる、カスカスです。

さて、パチンコで必ず訪れるのがゲーム数のハマり

どの程度が「ハマっている」と言われているか明確なゲーム数はないけれど、個人的には確率の倍回ればハマっていると思っています。

パチンコにおいてこのゲーム数のハマりというのは、投資の部分に関わってくるので連荘以上に大事な勝敗分岐点

でもどの台がハマる台なのかは、正直見抜けませんよね。

なのでパチンコ歴13年の私の経験をもとに、パチンコでハマってしまう理由とハマる台の挙動、ハマることに恐怖を抱いている人への対策をオカルトチックに書いていきたいと思います。

Left Caption

カスカス

私は理論とか嫌いなんで、体感的に感じたことを書きます



 

なぜパチンコはハマってしまうのか?

まず、なぜパチンコがハマってしまうのか?その理由を見ていきましょう。

パチンコというのはご存知の通り、純粋に1/319で抽選されているわけではなく、1/65536など数万単位の分母の中から大当たりが抽選されています。

例)
1/319 =205/65536
1/99.9=656/65536

それが結果として1/319だったり1/99だったりするわけです。

Left Caption

カスカス

私は馬鹿なんで乱数の仕組みについては他の方のブログを参考にしてください。

純粋に319個の中から1個の当たりを引くだけなら当たりそうな気がするけども、205/65536だと当たりそうな気がしませんよね。

悪い方ばかり引いていればハマるのは当たり前なのです。

 

極端な話をしましょう。

コインを投げて表の出る確率は1/2なわけですが、裏が2回以上連続してくることもありますよね。

これを1/300のパチンコに置き換えると600ゲームもハマる計算になります。

Left Caption

カスカス

ちょっと違う気もしますが馬鹿なんでそこはご愛嬌

1/300だからといって300ゲーム以内に当たるという保証もなく、さらに言うと1/300だからといって数千ゲーム回しても当たらない事もあります。

 

またこういう事も考えられます。

1/300の台
1回目の初当たり:20ゲーム
2回目の初当たり:200ゲーム
3回目の初当たり:300ゲーム
4回目の初当たり:580ゲーム
5回目の初当たり:400ゲーム

一見この初当たりをみるとハマっているように見えますが、この台の確率は1/300と収束しています。

つまり早い当たりが連発すると後々ハマる可能性もあるよってことなのです。

これが確率の収束って言われているやつです。

ただ確率収束は短いゲーム数では起きにくく、数千ゲーム・数万ゲーム回さないと分かりません。

詳しくは過去記事にありますので、参考に。

 

簡単にまとめれば、

確率って複雑
→1/2でもブレるのに、分母が大きいパチンコならなおさら

確率収束も考えられる
→長期的に見れば収束する

ってことで、だからハマってしまうわけです。

Left Caption

カスカス

めんどくさい話は抜きにして、パチンコは当たりにくいって覚えておきましょう




 

パチンコがハマる確率

パチンコで一定ゲーム数ハマる確率というのもあります。

もし一定ゲームで当たる確率を知りたい場合は、その逆を見ればいいですね。

参考までに各スペックごとにまとめます。

※データ機でのハマりではなく、自分が回してから一定ゲーム数ハマる確率です。

Left Caption

カスカス

本当は計算式があるそうなのですが、理解できなかったのでアプリを使いました

 

ミドルでハマる確率

ミドル(1/319)
300ハマり :約38.98%
500ハマり :約20.8%
800ハマり :約8.11%
1000ハマり :約4.32%

ミドルに関して言うと、300ハマりする確率は約39%しかありません。

残りは300ゲーム以内に当たると考えてもいいでしょう。

Left Caption

カスカス

ちょっと意外ですよね

ただし300ハマると500・800ハマりの可能性も高くなります。

 

ライトミドルでハマる確率

ライトミドル(1/199)
300ハマり:約22.06%
500ハマり:約8.05%
800ハマり:約1.77%
1000ハマり:約0.64%

初当たりの割に安定した出玉が売りのライトミドル。

確率を見れば、70%以上は300ゲーム以内に当たります。

ライトミドルで500ハマるとしましょう。

Left Caption

カスカス

その確率は、ナンバーズ3を100枚(2万円分)買って9万円以上が当たる確率と同じだそうです(笑)

 

甘デジでハマる確率

甘デジ(1/99)
200ハマり:約13.12%
300ハマり:約4.75%
500ハマり:約0.62%

初当たりの軽さが売りの甘デジ。

計算上は300ハマりする確率が約5%と意外にも少ない結果に。

200ハマりも約13%と約8回に1回となっています。

ホールで200、300ハマりなんて当たり前のように見ますが、その理由は時短中の引き戻しがあることも関係しています。

Left Caption

カスカス

時短中の1/99が連チャンとして隠れてしまっているってことでしょう

先日、1パチの甘デジでこんなハマりを見ました。

見づらかったらごめんなさい。
Left Caption

カスカス

甘デジで1300ハマり・・・確率って分かりませんね

ここで挙げたハマる確率は、あくまでも時短の引き戻しなどを考慮していない初当たり確率です。

実際のホールでは時短での引き戻しも連荘に含まれてしまうので、データの初当たりは正確ではありません。※とくに甘デジ。

最初に言いましたが“打ち始めてからのハマり回転数”なので、人が変わって打ち始めればさらにハマる事も考えられます。

Left Caption

カスカス

遊タイム付のパチンコが増えたんで、逆にハマってくれた方が助かる人もいるかもしれないけどね




 

 

ハマる台の特徴(オカルト)

ではここからは、お待ちかねのオカルトをご紹介します。

パチンコを長年楽しんでいる皆さんなら、一つくらいは自分なりのハマる台の特徴ってあると思います。

ここでは私が思うハマる台の特徴をみていきたいと思います。

ハマる台には、以下の挙動や特徴があると考えています。

・前日出すぎ
・激熱が外れる
・何も演出がない

 

前日出すぎ

前日出た台は出ない!ハマる!

これはよく言われているオカルトです。

・前日初当たりが良すぎ
・前日連チャンしすぎ

どうしても出過ぎの台の後って、出ない気しかしないものです。

【確率収束】って言葉があるように、出過ぎた台がハマって確率が収束に向かうのではないかという恐怖心が出てきてしまいます。

もちろん短いゲーム数では関係ないと分かっていますが、それでも打つことに抵抗があります。

Left Caption

カスカス

連荘のしまくって出すぎというよりも、初当たりが良すぎる台の方が怖いです

 

激熱が外れる

激熱が来て当たればいいのですが、激アツが簡単に外れるような台は経験上ドハマりしています。


・海の魚群ハズレ
・慶次のキセルハズレ
など

期待させといて外れ、「なにくそ!」と思っていていればドハマり地獄がまっています。

パチンコで激熱が来ること自体、薄い確率を引いている引き強なわけで、当たりとは関係のない別な所にヒキがいってしまっているのかもしれません。

Left Caption

カスカス

ただ今の時代、何が激熱なのか分かりません・・・。

 

何も演出が起きない

ハマる台の特徴としては、何も演出が起きないというのがあります。

よく当たる台は早く当たりたいのか、演出が頻繁に起きる印象。

良く言われているのは、保留変化が起きやすい台は好調台で、逆に保留変化が起きにくい台は不調台とされています。

演出があまり起きないと感じたら、もしかするとドハマり台かもしれませんよ?

Left Caption

カスカス

元々演出の少ない台もあるので注意





 

ハマることに恐怖を抱いている人へ

パチンコがハマるというのは、仕様上仕方がありません。

しかしそれが分かっていても、ハマれば悔しいしオカシイと思うことでしょう。

・自分が座れば絶対にハマる
・なんで俺だけハマるんだ、オカシイ!遠隔だ!!

ハマることに恐怖して打てなくなってしまう人もいることでしょう。

Left Caption

カスカス

逆にいい傾向か

そんな時は以下の対策を行っていきましょう。

・元々ハマっている台を打つ
・止めるゲーム数を決める
・台を休ませる

 

元々ハマっている台を打つ

ハマることを恐れている人は、元々ハマっている台を打ちましょう。

0から座ってハマられるよりも、最初からハマり台に座った方が精神的にも楽だと思うんです。

例えば、朝一から500ハマりを食らったとします。

たぶんパチンカスであれば「もう少しで出る」と精神が不安定な状態になり、追加投資で負債を増やしてしまう危険性があります。

しかし400ハマりくらいから打ち始めれば、500ハマったとしても自身は100しか回していないのでデータ上はハマっていても、精神的には楽だと思います。

Left Caption

カスカス

そこから400回して800ゲームくらいに到達すれば、たぶん気持ち的に「もういいや」ってなると思います。「ハマった後は出る」ってオカルトもあるのでオカルト信者にも良い方法かもしれません

 

 

止めるゲーム数を決める

パチンコを打つ前に「何ゲームまで回そう」と、事前に止めるゲーム数を決めるのも大事です。

何も考えず500ハマりとかを食らうから「ハマった」と思うわけで、事前に止めるゲーム数を決めれば、その決めたゲーム数内で当たらなかっただけなので「ハマった」と思わないはずです。

例えば「100ゲームだけ」「200ゲームだけ」とか回転数で止め時を決めたり、「300まで回そう」とゲーム数で止め時を決めたりすることで、ハマりという言葉とは無縁になるはずです。

Left Caption

カスカス

軍資金で決めるのもアリだと思います

もし止めるゲーム数を決めるときは、上記で説明した一定ゲーム数のハマる確率を参考にしてもいいでしょう。

 

台を休ませる

超オカルトですが、台を休ませるってことも有効かもしれません。

ハマるときって間を置かずにどんどん追加投資していくと思いますが、それでは台が疲れてしまいます。

また、熱がこもりすぎて機械の抽選にも影響を与える可能性もあります。

Left Caption

カスカス

とある人が言ってました。パチンコは生き物だと・・・

 

ハマる台の特徴に該当していたり、「挙動がおかしい」と感じてハマりそうなときは、一旦台を休ませましょう。

そうすることで流れが変わるかもしれませんし、打ち手の身体や精神的にも優しいと思います。

Left Caption

カスカス

やって損はないと思います




 

パチンコでハマるのは当たり前

最後になりますがパチンコでハマってしまう理由は、

確率って複雑
→1/2でもブレるのに、分母が大きいパチンコならなおさら

確率収束も考えられる
→長期的に見れば収束する

といったことが考えられます。

正直、確率なんてあってないようなもの

1日単位で収束するものではないし、どのくらいハマるかは未来人にしか分かりません。

Left Caption

カスカス

毎日データ機の回転数をリセットするわけですから、正確なハマりというのも分からないしね

我々にできることはハマるかどうかの予測ではなく、1回転でも多く抽選を受けることだと思います。

つまり【釘】が大事。

 

・・・って言っても、それじゃ普通過ぎて面白くありません。

なので自分の経験を元にしたオカルトでハマり台を回避することが重要だと思います。

「この台ハマりそうだな・・・」って思う時があるかと思いますが、それを信じればいいのです。

Left Caption

カスカス

パチンコにおいて、勝ち負けを抜きにするならオカルトが全てだと思っています

 

パチンコは確率的にハマるのが当たり前。

余計な期待はせず、軽い気持ちでパチンコを打つように心がけましょう。

遠隔を疑うのならこちらも参考にしてください。

Left Caption

カスカス

冒頭でも言ったけど、いつも自分だけハマってるんだよね。ホールが遠隔しているとは思ってないけど、世界が私を潰そうとしているのかもしれない(中二病)




プロフィール

 

※画像は本人ではありません

年収180万円の低所得者。

副業が大好きで、底辺の頂点目指しています。

記事に対する皆さんのご意見を聞きたいので、気軽にコメントください。※誹謗中傷はNG