喫煙後に吐き気や胸焼けを起こす理由【体が悲鳴をあげている・・・】

タバコを吸うと吐き気や胸焼けしませんか?、カスカスです。

私はかれこれ10年くらいタバコを吸っているのですが、たまに喫煙後に吐き気や胸焼けを起こすことがあります。

Left Caption

カスカス

たぶん自分だけではないはず!

吐き気や胸焼けって食べすぎ飲みすぎのイメージがありますが、調べてみると実は喫煙にも原因がありました。

みなさんはどうでしょう?

もし喫煙者で、吐き気や胸焼けを起こしやすいって人は一読ください。



なぜ喫煙すると吐き気や胸焼けを起こすのか?

 

タバコには有害物質が多く含まれているってのはご存知だと思います。

そしてそれらは体に多くの悪い影響を与えます。

詳しくはこちらの記事で↓

そんな有害物質を一日に何回も体内に取り入れるわけですから、普通に考えれば胃腸へのダメージが大きいことが分かりますよね。

まずは喫煙後の吐き気についてです。

 

喫煙後の吐き気

タバコを吸って吐き気がするのは、タバコの代名詞でもあるニコチンという成分にその理由があります。

ニコチンには吐き気作用があり、平均して2~5mg摂ると吐き気の症状が現れ、人にもよりますが4~8mgで危険な状態になることもあるそうです。

例えば、メビウスの10ミリ。

こちらにはニコチンが0.8mg含まれていますが、単純に5~6本吸えば吐き気がするレベル。

Left Caption

カスカス

5~6本なんて数時間で吸ってしまう人もいます。

ただし私の吸っているメビウス3ミリはニコチン量0.3mg。

10本以上吸わないと吐き気が来ないはずです。

それでも吐き気が起きるのには理由がありました。

日本呼吸器学会のホームページに、

タバコの箱に表示してあるタールやニコチンは、タバコ1本に含まれる量ではないことに注意が必要です。各銘柄の包装に表示されたタール・ニコチン量は、ある一定の条件下で機械が吸引した煙を分析した値なのです。実際にタバコ1本に含まれるニコチン量は6~7mgもあり、喫煙で約1~3mgが吸収されるという報告があります。
引用:一般社団法人 日本呼吸器学会

とありました。

つまり1ミリだろうが、3ミリだろうが、1本吸えば1~3mgのニコチンを取り入れる事になり、吐き気が起きる目安であるニコチン量2~5mgを簡単に超えてしまうってことなのです。

Left Caption

カスカス

ちなみにニコチンでの致死量は成人で40~60mgと言われています。単純に1日2箱吸えば死ぬレベルですね。

 

喫煙時の胸焼け

Left Caption

世間の声

食べ過ぎていないのに胸焼けがする
Left Caption

世間の声

食べていないのに満腹感がある

もしあなたが喫煙者なら、その胃腸の不快感はタバコが原因かもしれません。

タバコを吸うと血行が悪くなるってのはご存知だと思いますが、実は胃にも毛細血管が張り巡らされており、喫煙によりその機能が低下。

普段は逆流を防いでくれる機能が弱くなることで、胃液や胃の内容物が食道に逆流し、胸焼けを起こすってわけです。

逆流性食道炎って言葉を聞いたことがあるかと思いますが、それです。

Left Caption

カスカス

喫煙後にゲップが出るようなら危険かもしれません。

 

喫煙者は非喫煙者に比べて、1.3倍ほど逆流性食道炎になりやすいそうで、本数が増えれば増えるほどそのリスクが高まります。

もちろん食べすぎ・早食いなどの生活習慣にも問題はありますが、喫煙も胸焼けつまり逆流性食道炎の原因になっているのです。

 

喫煙時の吐き気や胸焼けを放っておくと・・・

喫煙時の吐き気や胸焼けは、時間共に治ることも多いです。

しかしそれに安心して、同じことを繰り返しそのまま放っておくと大変な事にもなりかねません。

喫煙時の吐き気というのは、ニコチン摂取量がオーバーし、体が悲鳴をあげている証拠と思ってもらってもいいと思います。

吐き気がある状態で吸い続ける事で、ニコチンが致死量に到達する可能性もあります。

Left Caption

カスカス

これは体質的にタバコに強い・弱いというのがあるので、人によっても体が悲鳴をあげるタイミングは変わってきます。

 

また胸焼けなんかは胃液が食道を傷つけることで起きますが、食道が荒れることで食道癌などのリスクも高くなります。

ともかく喫煙時の吐き気や胸焼けを放っておくことは、体に悪い事なので無理しない方が身のためです。

Left Caption

カスカス

胃腸薬を飲んでも治りますが、治ったからといってまた吸い続ければ癖になり、胃腸薬でも治らなくなることもあるそうです。

 

メンソールタバコなら大丈夫?

喫煙で吐き気や胸焼けを起こす人の中には、「メンソールタバコなら大丈夫」って人もいます。

確かにメンソールを吸うと、食道あたりがスースーして胸焼けが起こりづらいのかもしれません。

しかしそれはメンソールの清涼感で、誤魔化しているだけ。

強いタバコを吸うとキツイ感じがありますが、おなじニコチンタールのメンソールタバコを吸うと吸いやすいってありますよね。

それと同じです。

むしろメンソールタバコは清涼感があるので、普通のタバコよりもスッキリし、吸い過ぎてしまうっていう悪影響もあります。

メンソールで体の異常に気付けずに、気付いた時には手遅れってことも多いのです。

それもあってかヨーロッパでは2020年5月20日よりメンソールタバコの販売が禁止されました。



喫煙時の吐き気や胸焼けを感じたらヤメ時

喫煙後に吐き気や胸焼けが起こる理由というのが、簡単にでも分かって頂けたかと思います。

吐き気→ニコチンが原因
胸焼け→タバコによる胃の機能低下

喫煙時の吐き気や胸焼けって、最初は私だけだと思っていましたが、調べてみると色んな人が悩んでいるみたいでした。

悩んでいるならタバコをやめろよって言われそうですが、それでも止められないのがタバコの怖さ。

でも吐き気や胸焼けの症状が現れたら、ある意味ヤメ時かもしれません。

体に不調が起きないと止められないのがタバコですから・・・。

完全に止めなくとも、吐き気や胸焼けがあったらその日だけは止めるとか小さい事からでも始めましょう。

Left Caption

カスカス

私は専門家でもなければ医者でもないので、間違った記載もあるかもしれません。ただし一つ言えるのは、シンプルに“体に良いことは一つもない”ってこと。



プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】