なぜパチンコ・パチスロで負け過ぎてしまうのか?【煽りと思いこみ】

2020年7月15日

「今日、パチンコで4万も使って負け過ぎた」「設定狙いしてパチスロで負け過ぎた」

こんな言葉をよく聞きますし、私自身もよくあります。

「今日はこのくらい使おう」と思っていた金額以上に使ってしまうから負け過ぎるわけなんですけども、なぜ予算以上に使ってしまい負け過ぎてしまうのでしょうか。

普通の人からすると意思が弱いと片付けられてしまいそうですが、このパチンコ・スロットで負け過ぎる原因と対策について書いていきたいと思います。




 

なぜパチンコ・パチスロで負け過ぎるのか?

まずはこちらをご覧ください。

これは【パチンコ・パチスロでぼろ負け・・・】記事でのアンケート結果です。

多くの方が負け過ぎとおもわれるくらいの金額を負けているようです。

仮に財布に4万円あったとしても、普通の人であれば最初から4万円突っ込む気持ちで勝負に行かないと思います。

たぶん1~2万円くらいで出そうという気持ちなはずです。※4パチ・20スロの場合

でも蓋を開けてみれば、「4万円使っていた・・・」なんてことはよくあります。

これはその人の気持ちの弱さもありますが、それ以上にパチンコ・パチスロ特有の煽りと思い込みが関係していると私は考えます。

 

負け過ぎる理由:煽りと思い込み

基本的にパチンコ・パチスロというのはいつどのタイミングで止めても問題ありません。※例外もある

それなのに人はお金を突っ込み負け過ぎてしまいます。

その原因が煽りと思い込みです。

例えばパチンコ。

2万使って何も演出なかったのに急に演出が増えてきた。

これが煽り

演出も増えてきたから当たりそうな気がする。

これが思い込みです。

パチンコは思い込みの要素が一番強いです。

パチンコ・スロットのオカルトまとめでも少し書きましたが、パチンコには狙い目などの攻略法が無い代わりに多くのオカルトあり、それを信じてしまいがちです。

「ハマれば出る」「そろそろ出る」など思い込みが強いほど、パチンコで負け過ぎる危険性があります。

パチスロの場合は少し違います。※ここではART機を例にします

レア役引いて高確っぽい所に移行したな、しかもざわざわし出したぞ

これが煽り

さすがに天井までいったら出るだろ

これが思い込みです。

パチスロは煽りの要素が強いです。

弱レア役引いて当たらない前兆に入り、当たらないと分かっているCZで数十ゲーム回したあげく、またレア役引いて止めれなくなり、結果天井近くまで引っ張られるという悪循環に陥る可能性が高いです。

しかしスロットは知識さえあれば対処できる可能性もありますが、逆に知識があればあるほど色々な台に手を出して負け過ぎてしまう危険性もあります。

この煽りと思い込みはパチンコ・スロットの特徴です。

Left Caption

カスカス

これがあるから面白いとも言えるかもしれませんが

 

負け過ぎる理由:その他の原因

負けすぎる原因の中に時間というのもあります。

「今日は夕方までやろう」と決めたとします。※所持金4万円

しかし昼までに2万円負けました。

あなたはそこで止めれますか?

夕方までと決めてしまったせいで、「まだ時間があるから可能性は残ってる!」とさらに使ってしまう危険性もあります。

この場合は出来るだけゆっくり間を空けて打つか、初当たりの軽い機種やコイン持ちの良い機種を打つのがオススメになります。

この他にも負けすぎる要因として【スランプ】というのがありますが、それは過去記事をご覧ください。

 

負け過ぎるあなたはパチンコ・パチスロに向いていない

いきなりですが、質問です。

1、10年間毎年100万円手に入る
2、10年後に1100万円入る

みなさんはどちらがいいですか?

もし1を選んだのであればパチンコやパチスロに向いていません。

逆に2を選んだのであればパチンコ・パチスロに向いているかもしれません。

パチンコなどのギャンブルのみならず経営や投資に失敗する人の多くが「1」を選ぶ傾向にあり、ギャンブルや経営・投資などが上手な人ほど「2」を選ぶ傾向にあります。

ようするに目先の事しか考えてない人ほど負け過ぎる危険性があるのです。

投資などは長い目で利益を上げていきますが、目先の事しか考えていない人は少しの動きに反応して損していきます。

少し下がったから売って、上がり始めたから買って・・・

もちろんこれで上手くいくときもありますが、損することの方が多いです。

これはパチンコ・パチスロでも同じで、その日のマイナスをその日で取り返そうとするので負け過ぎてしまうのです。

そういう人はパチンコ・パチスロに向いていません。

欲深い人ほど4万負けてた後に2万円分出しても、「このままいけば取り返せる」とさらに突っ込んでしまうと思います。

パチンコなども長い目で見る事が大事で、その日の負けをその日で取り返そうとするのではなく、日にちを置いて少しずつ取り返していく事が重要なのです。

もしそれが出来ずにその日のうちに取り返そうとする気持ちが抜けないのであれば、あなたは仮想通貨とか株とかFXに手を出さない方が良いかもしれませんよ。

Left Caption

カスカス

絶対大損しますから。




負けすぎないためにするべき事

パチンコ・パチスロで負けすぎないためにするべき事としては、必要以上のお金を持って行かない事に尽きると思います。

人間というのは意思の弱い生き物なので、手元に決めた予算以上のお金があると絶対使ってしまいます。

これはギャンブルのみならず衝動買いしてしまう人にも見られる行動で、お金があるから使い過ぎるわけであって、手元になければ諦めがつくはずです。

しかしキャッシュカードがあると今の時代コンビニでも簡単に下ろせてしまいますので、キャッシュカードも持たないようにしましょう。

他には実践動画・解析サイトを見過ぎないという事も必要になります。

動画や解析サイトを見過ぎる事によって、様々な情報により思い込みが強くなってしまいます。

解析サイトを見過ぎると負ける!?

 

パチンコ・パチスロは負けて当たり前。でも負け過ぎないように

パチンコ・パチスロで負け過ぎる原因をまとめます。

・煽り
・思い込み
・時間

パチンコ・パチスロというギャンブルは負けるように出来ていると言われています。

というよりも、どのギャンブルも負けるように設定されているのです。

当たり前ですよね、あちらも儲けを出さないといけないわけですから。

なので多少の負けは仕方ないと思うんです。

しかし負け過ぎてはいけません。

負け過ぎることによって普通に負けるよりメンタルやられますし、たぶんその日は何も手につかなくなるでしょう。

必ずパチンコ・パチスロは煽ってくるし、遊戯年数が長いほど強い思い込みもあるとは思いますが、そこはビシッと止めれるようにしましょう。

何かの記事にも書きましたが、別にパチンコ・パチスロで大勝ちしたとしても家を買えるわけでも車を買えるわけでもないんですから。

当たったとしても1万円にすらなるかどうかも分からないのに、そこまでリスクを負う必要はないです。

自分は意思が弱いと自覚があるなら必要以上の資金を持たない他に、レートを下げるとか当たりやすい台を選ぶとか負け過ぎない方法を考えるべきだと私は思います。

もし負け過ぎて心が持たない時はこちらをご覧ください。

パチンコ・パチスロでボロ負けした時に見る助言

パチンコやスロットで全然出ないスランプに陥った時の対処法

負けを少しでも回収するならスマホで副業しよう

パチンコを止める方法を徹底的に絞り出してみる




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】