正月のパチンコやスロットは勝てない?【3つの負ける理由】

正月くらいは勝たせてよ・・・、カスカスです。

さて、『正月はパチンコやスロットを打ちに行く』という人も多いかと思います。

よく言われるのが、

・正月は回収日だから負ける
・年末年始は人が多いから勝てない

といったこと。

正月のホール状況は地域やホールによっても違うので一概に勝てないとは言えませんが、いつもより厳しいのは事実。

そんな正月のパチンコやスロットは勝てるのか?という記事になります。

※当記事は2019年に公開した【年末年始は勝てない?】を大幅リライトした記事になります。

あなたは年末年始勝ちましたか?負けましたか?



正月のパチンコやスロットで負ける理由

正月(年末年始)に負ける理由は、以下の3つがあります。

・店側の回収
・高稼働
・連れ打ち

 

店側の回収

正月に負ける理由として店側の回収があります。

・パチンコ→回らない
・スロット→設定が入らない

正月には多くの人が長い連休を取りますが、「正月は暇だな、よしパチンコ行こう!」とパチンコ屋を遊び先に選ぶ人がたくさんいます。

Left Caption

カスカス

遊ぶ場所が少ない地方ほどそういう傾向だと思います。

人が集まるってことは、パチンコ屋としては稼ぎ時です。

しかも冬のボーナスが出た後なので、多くの人が金を持っている。

これを回収しないわけにはいきませんよね。

帰省客だったら暇つぶし感覚で来てくれるので、多少回らなくしたり、設定を入れなくとも問題ありません。

パチンコ屋も商売なので、売り上げを上げるため人の多い正月に回収するという考えは当たり前です。

Left Caption

カスカス

帰省客は金持ちが多いですからね~

 

高稼働

帰省客や長期休暇の人が多い正月は、どこのパチ屋も賑やか。

しかしこの高稼働こそが正月に負ける理由かもしれません。

高稼働=空き台が少ないってことですが、仮に空いていたとしても『回らない』とか『低設定』など理由があって空いている可能性があります。

Left Caption

カスカス

そんな空き台に座っても養分になるだけ。

また座った台が回らない・低設定だった場合でも、空き台がなければ移動もできません。

そのままダラダラ打ち続けて負けてしまうってこともあるでしょう。

高稼働は優良店の証なんて言われますが、正月においては全く違うので要注意です。

 

連れ打ち

帰省した友人と一緒にパチンコへ行く人も多いですが、並んで打ったりしてませんか?

こういった連れ打ちも正月に負ける理由です。

友人と一緒に打てば、いつもよりパチンコが楽しく打てます。

しかし片方が連荘していると終わることができず、待っている間にダラダラと負けてしまうってこともあります。

両方出ているのが理想ですが、なかなか簡単なことではありません。

Left Caption

カスカス

負ける前提ならいいと思いますよ

 

1パチ・5スロは要注意

連れ打ちで多く利用されるのが、1パチ5スロ。

暇つぶしの人が多い正月の1パチ5スロは、普段以上に危険です。

特に5スロなんかは、ほとんど設定に期待できません。

事故待ちの機種を打つか、諦めるかの2択だと思います。


以上の3つの負ける理由から、正月は勝てないと言われています。

 

正月(年末年始)の勝てる日と勝てない日

勝てないと言われている正月ですが、私は「日にちによっても違う」と思っています。

過去の経験から『正月(年末年始)の勝てる日と勝てない日』をまとめましたので、参考にしてみてください。

Left Caption

カスカス

立ち回りについてはあくまでも“個人的に”なので、鵜呑みにしないでね

 

年末(12月28日~30日)

12月28日~30日は帰省したての人が多く、家族と過ごす割合が高い印象。

パチ屋の状況としては、休日の稼働状況+α程度でしょう。

なので、普段の休日と同じ立ち回りでいいかと思います。

しかし冬のボーナス&給料後なので、いつも以上に勝てない可能性は高いです。

 

大晦日(12月31日)

12月31日大晦日は、年越しのためほとんどの人が家で過ごします。

また多くのパチンコ屋では営業時間短縮を行っています。

Left Caption

カスカス

地元では夜7時閉店です。

12月31日に短縮営業している店は30日の設定をそこまでいじらない傾向があるので、据え置き狙いの立ち回りがオススメ。

31日にたくさん出されても「正月に回収すればいいや」っていう雰囲気だと思います。

お客さんも普段より少ないと思うので、立ち回りはしやすいはずです。

Left Caption

カスカス

大晦日の忙しい日にパチンコって相当なパチンカスな気もしますが

 

元旦・元日(1月1日)

1月1日の元旦(正確には元日)は店としても気持ち新たにという想いと、新年ということで気合を入れる店も多い印象です。

短縮営業の次の日なので、パチスロなんかだと全台リセット(高設定とは言ってない)なんてこともあるでしょう。

過去の戦績からしても、パチンコ・スロット共に勝率はいいので、元日のパチンコは勝てると思います。

ただし朝一を逃すと空き台がなくなりますので、前日飲みすぎないようにしてください。

Left Caption

カスカス

新年初打ちにはもってこいの日でしょう。

 

年始(1月2日~3日)

2日~3日までは実家での集まりも一段落し、わりと暇な人も多くなるので、連れ打ちや趣味打ちする人が増えます。

勝ち負け度外視の人が増えるので、力を入れない店が多くなる印象。

回収したくて回収するというよりは「放っておいても人が来るから、あまり設定や釘を入れなくていいや」という考え方。

Left Caption

カスカス

元旦・元日に出し過ぎたパチ屋に関しては、回収に入ってくることでしょう。

立ち回りとしては無駄打ちはしないこと。

空き台が無いからといって、空いた台に根拠もなく座っていては勝てるわけがありません。

もし本気で勝ちに行くのであれば夜がオススメです。

夕方くらいから飲みに行く人が増えて稼働が落ち着いてくるので、スロットであれば高設定狙い・天井狙いも可能だったりします。

 

年始(1月4日以降)

1月4日以降は仕事始めの人も増えるので、普段の休日+α程度の稼働状況だと思います。

個人的に勝てると思う期間はこの4日以降

年始の低設定から上げの設定変更する可能性も高いため、朝一から狙って行くのもいいでしょう。

特に4・5・6・7というスロット的に縁起の良い数字が続くので、そういう意味でもチャンスがあるかもしれません。

Left Caption

カスカス

あくまでも可能性の話ね

 

正月の勝てる日と勝てない日まとめ

では正月の状況について一通りまとめます。

12月28~30日
冬のボーナス及び給料支給による回収有り
→普段の休日と同じ立ち回りで
12月31日
営業時間短縮店の据え置き稼働
→据え置き狙いでチャンス!?
1月1日
新年を記念して力をいれるホールが多い
→朝一がチャンス!?
1月2日~3日
高稼働空き台無し・回収祭り
→できれば行かない方が身のため※低貸は要注意
1月4日~7日
年始回収の還元の可能性あり
→朝一からでもチャンス!?※6・7日は注目?

このように勝てるチャンスが大きいのは12月31日・1月1日1月4日~7日になります。

ただし、年末年始は混みやすく空き台も少ないので、立ち回り次第では大負けする危険性も高いので要注意です。

Left Caption

カスカス

2021年~2022年の正月については、コロナの影響もあるのでこの限りではありません。



正月のパチンコ・スロットは勝てないです

正月に負ける理由とか勝てる日なんてのを書きましたが、基本的に正月は勝てないって考えでいいと思います。

Left Caption

カスカス

新年早々から大負けくらって、気持ちが悪い1年をスタートするなんて嫌ですからね。

できれば行かない方がいいし、ゆっくり初詣とか福袋でも買いに行った方が人間らしい。

でも「打ち納めじゃーい」「新春初打ちじゃーい」って新年早々勝負したい気持ちも分からんでもない。

パーッと打ちたくなる気持ちも分かりますが、負けたくないのであれば、回る台や据え置き天井狙いなどいつもよりもシビアに立ち回りましょう。

また、普段から回る台やスペック的にも甘い機種をオススメします。

 

帰省客に対する回収なのに、地元常連客が大負けしては元も子もありません。

そもそも勝ち負けを考えてパチンコやスロットをやっているなら、正月くらいは家でまったりした方が身のためなのかもしれませんよ。

注)あくまでも個人の見解です。帰省客の多い地方と都会では状況が違います。

Left Caption

カスカス

新年初打ち楽しみですね、何打とうかな・・・

初めて当ブログ『カスカスブログ』を訪れた方もいらっしゃると思いますが、

Left Caption

世間の声

こいつくだらねぇ、でも面白いじゃん
Left Caption

世間の声

可哀そうだから相手してやるか

って思った方は、私のTwitterアカウント底辺カスカスをフォローいただけると幸いです。

Left Caption

カスカス

もちろん相互フォロー致します。




プロフィール

 

年収180万円の低所得者。

副業が大好きで、底辺の頂点目指しています。

気軽にコメントどうぞ!

※画像は本人ではありません

「記事に共感した」「可哀そうだからフォローしてやるか」って方は、Twitterのフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】