結婚しない方が幸せという事実【不幸せ事例を3つご紹介】

永遠の結婚できない男、カスカスです。

さてみなさん、結婚したいと思いますか?

若い読者さんほど「まだ結婚はいいや」って人が多いでしょうが、中には「早く結婚したい!」と強く願う人もいるかと思います。

確かに結婚=幸せという風潮がこの世の中には存在しますので、結婚すれば幸せにみえるのかもしれません。

でもちょっと待ってください。

結婚すれば本当に幸せになれるのでしょうか?

人によっては結婚しない方が幸せということも考えられるのです。

知人の既婚者の中から、結婚して不幸せと感じている人を抜粋し事例としてご紹介します。




結婚しない方が幸せだった知人の事例

『結婚=幸せ』とは限りません。

その事例として3つ挙げてみたいと思います。

不幸せ事例1:趣味を捨てる事となったAさん

24歳で結婚したAさん。

自分のタイプだった女性と2年の交際を経て結婚しました。

最初は楽しかったそうです、『最初』は・・・。

Aさんにはオンラインゲームという趣味があり、よく私ともグラセフで遊んでいました。

ところがある日、Aさんが1か月ぐらいログインしていない事に私は気づきました。

何かあったのかも?と思い連絡すると、夫婦喧嘩の際にゲームをどっかに隠されたそうです。

理由を聞くと「嫁がゲームに対して文句を言ってきてそこから喧嘩になった」との事。

そのAさんもそこまでゲームのやりすぎと言うわけでもなく、毎日1時間~2時間程度。

嫁が何に怒っているのかと言うと『オンライン時の会話』だったのです。

ワンルームの部屋なのでゲーム時の会話が聞こえ、耳障りでキレたそうです。

ただAさんは離婚だけは避けたかったようで、最終的には泣く泣く趣味と決別する事にしました。

本人曰く、「結婚するまでは良かった」そう。


趣味を捨てることとなったAさんの事例はいかがだったでしょうか?

今回の事例はゲームを隠されたで済んでいますが、中には捨てられる人も・・・

捨てるくらいなら売ってくれって感じですよね。←そこじゃない

若干、ワンルームじゃなければ・・・ということも考えられますが、新婚時は引っ越しできるほど経済的に豊かでないのも事実。

趣味というのは『ストレス解消の手段』『心のよりどころ』で、特に男は趣味を大切にする傾向

そんな趣味を否定されるという事例は多くあり、例えばアニメグッズ集めやゴルフなどといった趣味を否定されるというのもありました。

交際時には何も言われなかったのに、結婚したのをキッカケに否定されるようになったという人もいました。

ただ今回の事例の問題点は『オンライン時の会話』なので・・・やり方次第ですね。

Left Caption

カスカス

自分はアイドル好きでグッズを集めているにも関わらず、旦那の趣味を認めないっていう自分勝手な事例も・・・。

 

不幸せ事例2:小遣い制でただ働いて寝るだけの生活になったBさん

27歳で4個上の女性と結婚したBさん。

結婚前からお金に厳しかった奥さんと「結婚後は小遣い制にしよう」と決めていたそうです。

小遣い制なら昼食代+遊び代くらいは貰えるだろうと思っていたBさんでしたが、結婚していざ小遣い制になるとビックリ。

与えられたのは昼食代としての1万円のみ

単純計算で1日400円くらいしか使えない計算で、遊べるお金もない。

それを嫁に言うと「遊べるくらい稼いでから言って」と激怒されたそう。

今は諦め、平日は働いて家に帰るだけ、休みでも家でテレビを観るだけの生活をしているそうです。※たまに私のお金で遊びに連れ出しています。


結婚後のネックと言えるのが、この小遣い制ですよね。

Bさんの場合は昼食代しか与えられないという過酷ぶりで、本人は「結婚しない方が幸せだよ」と私に何度も言っています(笑)

休みなのにお金が無くて何もできないというのはかなり苦痛だと思います。

働いて寝るだけの人生だったら奴隷と一緒。

人間としての権利を奪われているようなもの。

ただBさんの奥さんも、少ない給料からちゃんと生活費に使ったりや貯金するために過酷な小遣い制にしているわけであって、100%悪いとは言えませんね。

本当にこの給料でいいのか、どの程度の生活費がかかるかなど結婚後の設計をもう少し話し合うべきだったと思います。

 

不幸せ事例3:友達と遊べなくなったCさん

友達が多く、よく私とも遊んでいたCさん。

しかし結婚して変わってしまいました。

遊びに誘っても「嫁がダメっていうから出られない」「嫁が仕事に行くまでは家から出れない」という理由で断るように。

聞いたところによると、Cさんの嫁は束縛が激しく、友達と遊ぶことさえ嫌がるそうです。

久しぶりに街中で会ったCさんはどこか元気がないようにも見えました。

ラインのグループにも参加しなくなったので、そうとう嫁の圧力がすごいみたいです。


友達と遊ぶことさえ禁止するというのは、ちょっと考えられませんね・・・。

Left Caption

カスカス

学生時代のカップルかよって感じです。

私は友達というのは大事な存在だと思っています。

何かあったときに手を差し伸べてくれるかもしれないし、今後の人生で大きな関わりがあるかもしれない。

毎回遊びに出るのはダメだと思いますが、たまにくらいなら出してあげてもいい気がします。

この3つの『結婚しない方が幸せだった3つの事例』を知った上で、私の意見を述べたいと思います。

 

『結婚しない方が幸せ』かもしれない

今の時代、昔言われていた『結婚=幸せ』という法則が崩れてきています。

当たり前ですよね。

結婚しなくとも男女ともに稼げる時代ですし、一人でも寂しくないような娯楽なども豊富。

ネットを使えば、独身同士のコミュニティも築ける。

時代は変わってきています。

・趣味優先
・自由に使えるお金が欲しい
・友達と遊びたい

こういった人は結婚しない方が幸せかもしれません。

結婚した人たちの話を聞く限りだと、結婚すると独身時代に許されていたことが必ず制限されます。

Left Caption

カスカス

まぁこれらを認めてくれるかどうかは相手によると思いますが。

結婚をするということは、自分だけではなく相手との二人三脚になり、共に歩んでいかなくてはなりませんので、相手のペースに合わせる事も大事だし、自分の大切な何かを捨てなくてはならない場合もあります。

それが嫌だという人は結婚しない方が幸せです。

結婚してから「あ~やっぱ止めとけば」というのはお互いにマイナスだと思います。

だったら最初から結婚せず、一人で楽しめばいいのです。

早く結婚しないと!という気持ちがあるから、何も考えずに結婚してしまい、後々後悔するわけです。

Left Caption

カスカス

これは男でも女でも同じ

そう考えると趣味優先の私は結婚しない方が幸せかもしれませんが、なんせMなんで制限されることに快感を覚えちゃうかもしれません。

 

結婚したくないなら付き合わないことも大事

「趣味を優先したいから結婚したくない」

そう思うのであれば、結婚以前に誰とも付き合わない事をおすすめします。

というのも付き合っていくうちに必ず『結婚』という二文字がチラつくでしょうし、自分は結婚したくなくても相手が結婚したい人だったら、申し訳ないですからね。

もう一度再確認しましょう。

結婚しない方が幸せな人
・趣味を優先したい人
・お金を自由に使いたい人
・友達と遊びたい人

以上の人は誰とも付き合わない方がいいし、結婚しない方が幸せです。

これらを諦められる自信のある人は、積極的に相手を探して結婚を目指してもいいかと思います。

Left Caption

カスカス

結婚して感じる幸せが、趣味で楽しむ幸せを超えられるかが大事。

↓結婚したいけど相手がいない方はこちらで↓




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】