今のパチンコってつまらない?【パチンコ離れで衰退の危機】

2020年6月9日

今のパチンコの65%は体感的に50%、カスカスです。

さていきなりですが、みなさん。

今のパチンコって面白いですか?つまらないですか?

最近のパチンコってつまらない?

アンケートの結果がどうなるかは数か月後のお楽しみですが、私個人的な意見を言わせてもらうと「今のパチンコはつまらない」と思います。

この楽しいか楽しくないかって、勝てる勝てない以前の問題だと思うんです。

実際ネット上にもパチンコつまらないって意見が多くあり、みんな同じ気持ちなのではないでしょうか?

だからパチンコを離れる人が多くなり衰退しているわけで。

そんな今のパチンコがつまらない理由を考えてみたいと思います。



今のパチンコがつまらない理由

この記事での昔のパチンコとは、エヴァでいうとセカンドインパクト甘デジらへんから1/399のMAX機らへんの時期のパチンコの事を言います。

そして今のパチンコがつまらない理由には以下の5つがあります。

・演出がつまらない
・演出バランスがおかしい
・規制によるスペックの劣化
・店側の気合が感じられない
・箱がない

一つずつ見ていきたいと思います。

演出がつまらない

最近のパチンコって演出がつまらないです。

というのも「絶対当たらないリーチ」が絶対当たらないですからね。

ようは当たり外れがハッキリし過ぎているって話です。

なので打っていても「それ待ち」になっているので通常時は面白くもないし、ケツが浮く場面もありません。

私がパチンコにハマるキッカケになったエヴァセカパク甘デジを見てみると、普通のリーチでも当たったし、毎ゲームドキドキしながら打てたものです。

北斗だって弱いリーチでも最後にキリン柄が出て、全てを覆すってこともよくありました。

しかし今はどうでしょう。

演出が複雑化し、音だけうるさくてドキドキもしません。

たぶん勘違いしているのかもしれませんが、派手だから面白いってわけではないと思うんです。

そして次の理由に繋がります。

 

演出がめちゃくちゃ

今のパチンコは演出が複雑化し、1個2個の激熱では外れるようになってきました。

また役物もたくさんあって、音と役物が派手で激熱そうに見えても実はそうでもなかったり・・・煽りがとにかく多い。

昔は「赤が激熱」「緑でもワンチャン」なんてのが普通でしたが、今は赤の上に金だったり汚ねぇ色だったり、さらには熱いかどうかも分からない色まであります。

保留なんかも色々ありますよね。

こういった演出の複雑化が今のパチンコがつまらないという事につながっています。

海物語が長く愛されている理由にはやはり演出のシンプルさがあるかと思います。

エヴァパチの人気も急落しましたが、ゴチャゴチャしている台は長く続きません。

 

規制によるスペックダウン

パチンコがつまらない理由として最も多く挙げられているのがこのスペックダウン

MAX機の全盛期にパチンコを知ったという人ほど、今のパチンコはつまらないと感じていることでしょう。

出玉も2000玉から1500玉に減らされたり、設定付きになってしまったり、継続率65%になってしまったり・・・色々な規制などがあり、盛り上がりに欠けるようになっています。

娯楽化への規制だとは思いますが、パチンコする人はそもそも娯楽と思っておらず、一撃性を求めています。

だからこそ怖いと思いながらもハイスペック機を打っていたわけです。

なので今の規制台には物足りなさを感じ、つまらないと思う人も多いと思います。

 

店側の気合が感じられない

つまらないのはパチンコ台だけの問題ではなく、店側にも問題があります。※正確には業界の問題

それが「イベント規制」

昔はパチンコイベントなんかも多くあり、たくさんのパチンコユーザーも朝一並んだものです。※昔は釘開けもしていましたしね

潜伏確変とかモーニングなんかもありましたよね。

しかし今は、イベントがなくなり朝一並ぶのもスロッターばかり。

それもそのはず、パチンコには朝一並ぶメリットは何もないからです。

パチンコを朝一から打つメリットとは?【意味ない?】

設定付きパチンコなんかもありますが、店がパチンコに設定を入れるとは到底考えられず、昔ほどの店側の気合が感じられないのもつまらない理由と言えるでしょう。

 

箱がない

パチンコをつまらなくしている要素として、箱が無くなってきているのも理由のひとつかもしれません。

昔は店内の通路や壁に所狭しと箱が積まれていたもので、それを見て「いつか自分も」と気合を入れて打ったものですが、今はそういった箱を使う店も少なくなりました。

やっぱり箱を積んでドヤ顔こそがパチンコの醍醐味だと思うんです。

箱の積まれ方でその店が出る店なのか出ない店なのかも分かったし、パチンコしているわぁという気持ちにもなれました。

今は人件費や防災上の理由でパーソナルシステムにしている店も多く、そういったこともつまらない理由です。

パチンコ屋がパーソナルシステムになった理由と客へのメリット・デメリット

 

パチンコ離れで業界の衰退が止まらない・・・

パチンコ離れと言うのは年々加速しており、それは店舗数にも影響しています。

2016~2017年に1万店舗を割り込み、2019年6月の調査では約9000店舗まで減少しています。

統計では毎年400店舗近くが減少している計算で、その多くが新基準への移行が財政的に困難な中小店舗。

人口減少や店舗の郊外化及び大型化も少なからず影響していますが、力のない店舗はどんどんなくなっているわけで、店舗選びができなくなっていることもパチンコをつまらなくしている要因かもしれません。

パチンコがつまらないという意見は、業界団体である全日本遊技事業協同組合連合会にも多くの声が届いています。

・よく言う無抽選状態(何も起きない状態)が今の台は本当に多い。何も起きなくて楽しめる訳が無い。バランスを本当改善して欲しい。

・過剰な演出、爆音、役物に対する規制も兼ねてご検討頂きたい。パチンコ、スロットも当たって玉、メダルが出るだけの話。台に無駄な金と時間、役物、造りすぎ。シンプルに初心に戻って考えて直して欲しい。

・もう昔の様な楽しさは体験できないのでしょうか。パチンコを通して仲間もでき、思い出深いものだったのでとても残念です。

・このまま客に苦痛さを与えるのであれば楽しかったなぁと思えるままで辞めさせてもらいたいのが本望です。

普通であれば不満があってもわざわざ投稿しませんが、こういった風に直接意見を言っているということは多くのユーザーがかなり不安を持っているという事の表れなのです。

 

パチンコをつまらなくしている原因「低い射幸性」

ユーザーは今のパチンコの何に不満を持っているか、それは出玉面での低い射幸性です。

しかし業界は射幸性を抑えようとしている。

その行き違いこそがパチンコをつまらなくしているのだと思います。

もちろん業界の射幸性対策は間違いではないと思いますが、それがパチンコ離れにも繋がっているのも事実。

射幸性を抑えるためのスペックダウンを余儀なくされ、代わりに演出を派手にするしかないメーカー、パチンコ離れによる売上減少を人件費削減でカバーするためのパーソナルシステムの導入、イベント禁止による店舗間競争の減少。

「今のパチンコがつまらない」と思うのは、全てはこの射幸性を抑えることから始まっているのです。

規制を緩和しない限りは「パチンコつまらない」と嘆く人は減らないだろうし、それがパチンコ離れ・業界の衰退にも繋がり、店舗数の減少にも歯止めがかからないでしょう。

 

今のパチンコはつまらないけど・・・

色々不満を書かせていただきましたが、たぶんこのまま、少なくとも昔に戻る可能性は低いでしょう。

今のパチンコは確かにつまらないかもしれませんが、規制のによる影響という事も考慮して諦めるしかないです。

ただギャンブルとしては確かに面白くありませんが、娯楽としては面白いのかもしれません。

というのもギャンブル性つまり射幸性が低くなったので、満足いく出玉は手に入らなくなりましたが、糞長い演出も映像を楽しむという意味で、少ない出玉ももっと遊ぶための権利と考えれば許せるのではないかなと思っています。

パチンコで一発狙おうという考え方を改める時期が来ているのかもしれませんね。

Left Caption

カスカス

1/399の時代は面白かったけど、出なくて文句ばっか言ってましたね。そう考えれば慣れてくるのかも




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】