土日のパチンコは出ない?【出ない理由と土日の立ち回り方】

2020年7月1日

パチンコの勝率的に土日などの休日はかなり負けている、カスカスです。

さてみなさん、いきなりですがパチンコは土日と平日どっちが出ると思いますか?

知人サイトで集計した「土日と平日どっちが出るか」のアンケートを公表します。

アンケートでは『平日の方が出る』という結果でした。

つまり世の中の多くのパチンカーが土日は出ない・勝てないと思っているのかもしれません。

その土日のパチンコが出ない理由土日の立ち回り方を書いていこうと思います。

Left Caption

カスカス

オカルト多めなので信用しないでね(笑)




土日のパチンコが出ない理由

冒頭のアンケートからも分かる通り、土日のパチンコは出ないと思っている人が多くいます。

まず盆や正月は抜きにして、通常の土日と言えばどんな人が休みになるかを考えてみてください。

公務員・役所・金融・保険・ITなどなど・・・。

土日休みの職業でパッと思い出すのは比較的高給な仕事ばかりです。

そう、土日もしくは土日祝休みで連休になりやすいのは安定した所得を得ている人達なのです。

安定した所得を得ている人が休みという事は・・・もうお分かりですよね?

つまりパチンコ屋もそれを回収しようと、釘を絞ったり設定を落としたりなどの対策を打ってくるわけで、勝ちにくくなっているのです。

ただ土日が出ない理由はそれだけではないということも付け加えます。

 

店側の対策

客付きの良い土日は客の入れ替えも激しいので、パチスロや設定付きパチンコで言えば、極端な設定よりも高低判別が難しい設定を使ってくる可能性もあります。

当たり前ですよね。

明らかに設定1と思われれば、客が多い日なのに終日放置台になってしまいますから・・・。

Left Caption

カスカス

それでも回すのは低貸か年末年始くらいです

中途半端な設定を入れておけば、客側の「高設定かも?」という勘違いも増えるし、止めてもどっちつかずの合算であれば、かわるがわるで終日稼働します。

このように土日というのはパチンコ屋にとっても稼ぎやすい日なので、最高設定が入りにくい=土日のパチンコは出ないって事に繋がってくるわけです。

 

立ち回りがしにくい

土日のパチンコ屋は、平日よりも混んでいる場合が多く空き台が少ないことも多々あります。

空き台が少ないということは、自分の確保した台が低設定・糞釘だった場合に台移動ができず、無駄な投資が増えてしまう可能性が高くなります。

しかもメイン機種などは朝一から埋まってしまい、高設定なら終日稼働してしまう事も多く、またライバルも多いため、なかなか良い空き台に巡り合えません。

平日であれば空いていて台移動が容易ですが、土日は混んでて立ち回りがしにくいことも土日は出ないに繋がってきます。

 

精神的な理由

土日に出ないと思ってしまうのは、打ち手の精神的な部分もあるかもしれません。

例えば5連勤後の解放感から気持ちが高ぶり、とにかくなんでもいいから出したいと立ち回りが雑になったりすることもあります。

毎日休みなら良い台が空くまで待ちますが、せっかくの土日に何時間も打たずに待つのは苦痛ですからね。

そして土日は稼働がいいので、どの台も出ているように見えてしまいます。

パチンコもパチスロも打っていればいづれは大連チャンします。

「自分も同じように出せるかも?」と思ってしまい、最終的には出せずに自棄になってしまうのも土日の特徴です。

 

でも土日が『回収日』は間違い

よく「土日は回収日だ!」という人もいますが、それは間違いです。

確かに店としては土日の設定を落とした方が売り上げに直結します。

しかし人が集まるからと言って土日を回収日にしたらどうでしょう?

競合店が近場にあれば客が減り、逆に売り上げが減ってしまいます。

Left Caption

カスカス

ネットで悪い評判はすぐに掲示板に書かれてしまうしね。

なのでパチンコ屋が土日をわざわざ回収日にするとは考えにくいわけです。

「出ない理由で言ってたことと矛盾では?」と思われるかもしれません。

しかし上記でも言った通り、終日稼働させるための判別しにくい設定つまり中間設定の多用はしてくるはずです。

中間設定は回収とは言えませんよね?

パチスロでは機械割100%超える台も多いので、むしろチャンスと捉えることも可能なのです。

パチンコに関しては一部を除き『設定』という概念がありませんので、土日は関係ないかもしれませんが、混雑による台移動のしにくさは影響してくるので注意です。

 

パチンコ屋の立地によっても違いはある

パチンコ屋の立地環境によっても、土日に出る出ないの違いはあると思います。

例えば駅前の中規模店。

平日は仕事帰りのサラリーマンで混むけど土日は空いているみたいな店。

こういったパチンコ屋は『平日出さずに土日出す』というパターンも考えられます。

地方でよくみかける郊外型大型店の場合は、土日は放っておいてもそれなりの集客があるので『平日出して土日は出さない』というパターンが多い場合もあります。

ただし競合店の有無によっても状況は変わってきます。

土日に出すパチンコ店の特徴
・平日が高稼働
・競合店が多い




土日の立ち回り方

『土日のパチンコは出ない』と言っても、土日しか休みがない人にとっては仕方ない話だと思います。

そこで私が思う、土日の立ち回り方をまとめます。

・できるだけ競合店の多い店に行く
・高設定狙いなら日曜日の夕方以降
・メイン機種を狙い撃つ

まず一つ目ができるだけ競合店の多い店に行く

土日に出さない店というのは、競合店が少なく独占状態であるからそういったことができます。

「どうせ、うちの店にしか来れないでしょ?」みたいな感覚なのかもしれません。

競合店が多く生存競争をしているようなパチンコ屋なら、平日だけでなく土日にもしっかりと力を入れてくれているはずです。

Left Caption

カスカス

スーパーの価格競争のように、パチ屋が他店と競えるのはサービスはもちろん、一番は出玉面ですからね。

そして確実に高設定を掴みたいのであれば、日曜日の夕方以降がオススメ。

次の日仕事の人は早く切り上げる場合も多く、土曜日夕方よりも空き台が多くなるはずです。

また夕方以降であればデータから設定の高低はある程度判断できるし、時間制限のある人が良台をシレっと止める場合もあります。

Left Caption

カスカス

夕方稼働なら残り時間による制限もあるので、無駄な投資を抑えられるという意味でもオススメですね。

最後の土日の立ち回りとしては土日はメイン機種に設定を入れる傾向ということ。

なんかの雑誌の『店長に聞く』みたいな記事に、土日のような稼働の良い日は『バラエティーの設定を抑えて、メイン機種に力を入れてます』と書いてありました。

たしかに客が多い日に店の気合を目立たせたいなら、メイン機種に力を入れた方が出玉面でのアピールしやすいのかもしれません。

Left Caption

カスカス

バラだとある程度出たら誰も座らないって可能性もありますからね

とにかく大事なことは、土日で負けて月曜日にゲッソリしないこと。

負けるリスクを少しでも抑える事が土日の立ち回りとして重要です。

 

土日が出る出ないは人それぞれ

この記事では『土日のパチンコは出ない』と書いていますが、正直言うと本当のところは不明です。

あくまでも個人的見解で書いています。

なので土日だけしか休みがなくても勝ち続けている人もいるし、負けてばかりの人もいます。

Left Caption

カスカス

パチンコで出せる人って曜日は関係ないのかもしれませんね。
土日のメリット
・中間設定が多く遊びやすい
・ある程度回されるため設定判別ができる
全体的にほどよく出やすい

土日のデメリット
・高稼働で空き台が少ない
・低設定を掴んだ時に移動しにくい
空き台が少なく糞台を掴むと移動できず出ない

土日・平日、互いにメリット・デメリットがあり、やることは同じでしっかりとした立ち回りをすることが重要です。

しっかり立ち回らなければ、土日だろうが平日だろうが出ません。

また店の立地環境によっても土日の出る出ないに違いがあるので、自分の行くパチ屋がどちらに力を入れているかを見極める必要があることも忘れないように。

Left Caption

カスカス

田舎のパチ屋ほど土日回収がひどい気がしますね。うちの近所のホールなんかヒドイ。ジャグラーコーナー見れば一目瞭然。

土日のパチンコは出ると思いますか?




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】