手取り10万で生きていけないわけではないが生きるのが辛くなる

これ私の給料です。(通勤手当込み)

手取り10万で頑張っている皆さんこんばんは、カスカスです。

さてこの記事に辿り着いたということは、手取りで10万円ほどしか給料を貰っていない人ですね。

大丈夫、私も似たようなものです。

本来手取り10万というのは底辺中の底辺と言われていますが、決して生きていけない金額ではありません。

むしろパソコンやスマホを使えている時点で、ある意味贅沢できています。

ただしそれ以上の贅沢はできないのも確か。

生きてはいけるが、生きるのが辛くなるそんなところでしょう。

私のようにパートで手取り10万の人もいれば、正社員であっても手取り10万の人もいます。

これは男も女も関係ありません。

正直言うと学生のアルバイトでも10万は余裕で稼げます。

そんな中でも手取り10万で頑張っている皆さんへの記事になります。

手取りとは?
社会保険料・所得税・住民税などが引かれて残った金額。




なぜ手取り10万で頑張っているの?

まずはみなさんに問いかけます。

なぜあなたは手取り10万で頑張っているのでしょうか?

仕事がないからでしょうか?

それとも会社に何か弱みでも握られているのでしょうか?

手取り10万ということは総支給で13~14万円程度、年収にすれば130~150万円程度しか貰っていません。

なんだったら大手正社員の2回のボーナスと同額もしくはそれ以下です。

2020年大手企業夏のボーナス平均:約92万円(手取り70~80万)

手取り10万というと、時間給であるパートなどの非正規の人がほとんどだと思いますが、中には正社員であってもそのくらいの額しか貰っていない人もいるそうです。

手取り10万がどれだけ少ないかを年代別の平均手取り額を見てみましょう。

20代前半:12.5万円
20代後半:17.0万円
30代前半:19.1万円
30代後半:20.2万円
40代前半:22.1万円

となっています。

この金額は、色んなサイトの平均額を出しているので正確な数値ではないと思いますが、簡単に言えば20代前半以下ということになります。

そう考えると、手取り10万円しか貰わずに働くのって馬鹿臭く感じませんか?

20代前半ならまだ許されますが、20代後半からだとかなりの差になり、人によっては1年間で手取り120万円しか貰っていない中、同じ年齢でも手取り額で300万円貰っている人もいるわけで倍以上の差がつくこともあるわけです。

Left Caption

カスカス

単純計算で10年間で1800万円の差になってきます。実際に私と私の友人がそんな感じです

確かにスキルの差なども関係していきますが、同じ頑張りでもこれだけ差が付くのですから、手取り10万で働くということは口悪く言えば馬鹿らしいわけです。

 

手取り10万でも生きていける

「手取り10万じゃ生きていけないよ」

なんてネガティブ発言も目立ちますが、残酷なことに手取り10万でも生きていけないことはありません。

生きていけなくないからこそ、その金額で働く人もいるのだと思います。

私なんか車持ち+家の維持費を支払っても生きていけました。

Left Caption

カスカス

ちなみにボーナスはありません。

節約するところを節約すれば、生活は可能です。

ただ『生活ができる』ってだけです。

節約して生活というのは、その場を凌いでいるだけ。

やはり遊びに行きたいだろうし、貯金だってしたいですよね。

ですが手取り10万円ではそれが難しく、そのほとんどが生活費だけで消えていくでしょう。

家賃・食費はもちろん、水道光熱費、携帯料金、ネット料金など何もしなくても消えていきます。

お金は貯まらないのに、ストレスだけが溜まる。

年齢と共に出費は増えていきますので、いづれは手取り10万だけでは足りなくなるでしょう。

そうなると芽生えてくるのが生きていくのが辛いという気持ち。

『贅沢は敵だ』精神の戦中でもないのに、なんでも我慢我慢では生きる事が嫌になってくると思います。

美味しそうな物を食べる番組を観てしまうと、画面に向かってリモコンを投げつけたくなります。

他人の旅行話を聞くと耳を塞ぎたくなります。

それくらい追い込まれてくるわけで、心が狭い人間にもなってしまいます。

自分一人ならまだしも結婚はできないでしょうし、シングルマザー・ファザーであれば子供を養うことも難しくなってきます。

もし手取り10万で生きていくのが辛いと感じているのなら、今すぐにでも行動しましょう。

 

手取り10万なら転職するべき

手取り10万で「生きていけない」「ツライ」と思うのであれば、すぐに転職するべきです。

転職は一番手っ取り早く手取りを増やす方法です。

簡単に言えば、10万の仕事から12万の仕事に転職するだけで、2万円の余裕ができます。

どんなに頑張っても手取り10万なのだったら、ササっと転職して手取りを上げた方が簡単です。

こちらの【お仕事情報ネット】では、各都道府県のハローワーク求人を多く取り扱っています。

一時金を貰える求人や寮付き、男性だけでなく女性向けの求人も多くあるのも特徴。



ハローワークに行けない、もしくは行きにくいって人はこういったネット求人を活用していきましょう。

Left Caption

カスカス

ちなみに私はいつもネット求人を使っています。

また、過去記事でも紹介した自分の価値を調べられるミイダスというアプリがあるのですが、まだやっていないという人は一度あなたの価値を調べてみてください。

自分の資格やスキルからどの程度の給料が貰えるかが分かると思います。

 

って言うものの、「手取り10万は嫌だけど、転職はもっと嫌」って人も中にはいるかもしれません。

人間関係面で今の仕事が良かったりなど、何かしらの理由で転職できない人もいるはずです。

そんな方は副業をしてみてはいかがでしょうか?

Left Caption

カスカス

私は現在、手取り10万+副業で生活しています。

今の時代、副業は当たり前です。

むしろ失業などのリスク回避として副業が注目を浴びています。

人気の在宅ワークやバイトを初め、動画作成やブログなど色んな副業があります。

転職したくない人は、とりあえず副業を始めてみてはいかがでしょうか?

 

手取り10万から抜け出しましょう

手取り10万でギリギリ暮らしているみなさん。

手取りが1万円以上増えた時の生活を考えてみてください。

普通の人からすれば「たった1万円」と思うかもしれませんが、手取り10万生活をしてきた人にとって、手取りが1万円増えるだけで生活の質が10%も向上します。

じゃあ2万円増えたら20%、5万増えたら50%、10万増えたら・・・・ってどんどん生活が楽になります。

私も手取り10万だけの頃は毎日モヤシとか食べてましたが、手取り10万+αの収入がある今は普通に食事を摂っています。

普通の食事だし些細な生活の変化だけど、それでも凄く幸せを感じています。

やはりそれは10万の生活で過酷な節約を経験をしたからこそ。

手取り10万の生活は消し去りたい過去かもしれませんが、そういった経験をしたからこそ普通の人よりもワンランク上の幸せを感じる事ができるのです。

確かに手取り10万のままでも生きていけないわけではありません。

ただ年齢を重ねるにつれて、生きていくのがだんだんに辛くなっていきます。

貯金もできないでしょうし、オシャレな服も買えない、恋人がいても結婚もできません。

手取り10万円の現状に悲観するだけでなく、先のことを考え自分自身で変えていきましょう。

あとはやるかやらないかだけです。

Left Caption

カスカス

手取り10万をリアルに経験したからこそ言えますが、少しでも手取りが増えれば生活も良い方向に変わるので、ぜひその現状を変えて頂きたい。一番ダメなのが、10万じゃ生きていけないと悲観するくせに何もしない人。やり方はたくさんあるので、今すぐに転職でも副業でも、とにかく行動するべき。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】