手取り10万で仕事を頑張る必要はない【あなたの価値はそんなもん?】

これ私の給料です。(通勤手当込み)

手取り10万で頑張っている皆さんこんばんは、カスカスです。

さて先日フォロワーさんと会話していて「自分手取り10万で頑張っているんですが、転職したほうがいいっすかね?」って質問を受けました。

私は即答、「転職しなさい」と言いました。

正直、私自身も10万円ちょっとの手取りなので言える立場ではありません。

ですが、手取り10万で仕事を頑張る必要があるか?って疑問に思うわけです。

今の時代、バイトでも10万稼げます。

そんな手取り10万で頑張っている皆さんへの記事になります。

手取りとは?
社会保険料・所得税・住民税などが引かれて残った金額。




なぜ手取り10万で頑張っているの?

 

見出しの通りで、なぜあなたは手取り10万で頑張っているのでしょうか?

会社に何か弱みでも握られているのでしょうか?

手取り10万ということは総支給で13~14万程度、年収にすれば130~150万程度しか貰っておらず、大手正社員の2回のボーナスと同額です。

パートなどの非正規の人がほとんどだと思いますが、中には正社員であってもそのくらいの額しか貰っていない人もいるそうです。

年代別の平均手取り額を見てみましょう。

20代前半:12.5万円
20代後半:17.0万円
30代前半:19.1万円
30代後半:20.2万円
40代前半:22.1万円

となっています。

この金額は、色んなサイトの平均額を出しているので正確な数値ではないと思いますが、そんな中で手取り10万円で働くのって馬鹿臭く感じませんか?

20代前半ならまだ許されますが、20代後半からだとかなりの差になってきます。

人によっては1年間で手取り120万円しか貰っていない中、同じ年齢でも手取り額で300万円貰っている人もいるわけで倍以上の差がつくこともあるわけです。※実際に私と私の友人の例です

確かにスキルの差なども関係していきますが、それでも倍以上の差が付く世の中は不公平に感じますよね。

でもそれが現実なのです。

「転職しても仕事ないから仕方なく・・・」って人もいるでしょうけど、諦めた時点でゲームセット。

それは仕事がないからではなく、何か理由を付けて転職を躊躇っている臆病者なだけです。

手取り10万でも生活はできる

手取り10万だからといって生活できないわけではありません。

節約するところを節約すれば生活できます。

ただ”生活ができる”だけです。

やはり遊びに行きたいだろうし、貯金だってしたいと思います。

ですが手取り10万ではそれが難しく、たぶんほとんどが生活費で消えていくでしょう。

お金は貯まらないのに、ストレスだけが溜まる。

年齢と共に出費は増えていきますので、いづれは手取り10万だけでは足りなくなるでしょう。

「今は大丈夫」では済まされなくなります。

節約して生活というのは、その場を凌いでいるだけ。

今は贅沢できない戦中ですか?

違いますよね?

節約しないと生きていけないこと自体間違っているのです。

節約しなくても普通に生活できる、それこそが大事だと思います。

 

給料はあなたの価値

給料というのは労働者の価値と言われています。

野球とかに例えるなら年俸みたいなもので、良い選手つまり価値のある選手ほど高い年俸が与えられるわけで、それと同じです。

「手取り10万だけど会社の給料がそうだから仕方ない・・」と思っている人も中にはいるでしょう。

仕方ないで片付けるのはちょっと違う気がします。

胸に手を当てて考えてみてください。

あなたの頑張りは10万円程度なのですか?

今のままでは会社から「10万程度の価値しかない」と言われているようなものなのです。

たぶんそれは違うはず。

少なくとも検索してこの記事に辿り着いたという事は、違うと思っているはず。

過去記事で自分の価値を調べられるミイダスというアプリを紹介して多くの方に実践してもらっていますが、まだやっていないという人は一度あなたの価値を調べてみてください。

相当仕事をサボるような人じゃない限り、手取り10万ってのは少なすぎるわけです。

 

手取り10万なら仕事を頑張る必要ない

手取り10万で働いている労働者のみなさん。

少し肩の力を抜いてみませんか?

その手取りでは会社からあなたは10万程度の価値しかないと言われているようなものなので、それ以上頑張る必要はないと思います。

むしろ手取り10万分の働きでいいと思います。

サービス残業はしなくていい。

飲み会だって参加しなくていい。

朝も早くから出勤する必要なない。

最低限の仕事だけをすればいいのです。

それだけでも気持ちに余裕ができ、転職とか副業に時間を割けるようになるはず。

もう一度年代別平均手取り額を見てください。

20代前半:12.5万円
20代後半:17.0万円
30代前半:19.1万円
30代後半:20.2万円
40代前半:22.1万円

あなたが1年間その仕事を頑張っている間に、他の人はその何倍というお金を稼いでいるのです。

それで本当にいいのでしょうか?

確実に手取りを上げたいのなら転職しかありません。

月10万で生きていけたのであれば、数万円だけ手取りが高い仕事に行けば生活に余裕ができます。

もちろん私のように手取り10万で働きながら別な事をしているのならいいです。

この記事に出会ったことを機に、”自分は手取り10万円程度の働きなのか”を考えてみませんか?

Left Caption

カスカス

ちなみに私は手取り10万程度の働きしかしていません。定時退勤、サビ残拒否。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】