沖ドキ2は勝てない?【勝てない理由と勝ち方】

2020年10月12日

ハイビスカスを光らせる事を考えた人は天才、カスカスです。

さて大人気シリーズ沖ドキの6号機仕様として登場した沖ドキ2

沖ドキの代替機として、大量導入されたホールも多いのではないでしょうか?

では沖ドキ2の簡単なスペック紹介から。

沖ドキ2

ベース
50枚あたり51ゲーム
純増
4枚
天井
999ゲーム(恩恵:ボーナス)

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/681.8 1/967.6 1/399.9 97.0%
2 1/678.8 1/968.3 1/399.0 98.6%
3 1/605.4 1/883.4 1/359.2 101.0%
4 1/582.9 1/873.9 1/349.7 103.1%
5 1/539.2 1/807.8 1/323.3 105.0%
6 1/535.7 1/808.3 1/322.2 107.0%

今までの沖ドキ同様、天国に飛ばして32ゲーム間に連荘させるという仕様で、今作からは純増4枚に増えているのが特徴です。

基本的なゲーム性はほぼ同じなので、従来の沖ドキファンも楽しめる1台となっているはずです。

しかしホールを眺めてみると、高稼働を誇っていた初代沖ドキに比べて稼働が良くないホールも多く、ネットの意見をみても「沖ドキ2は勝てない」という声も多く上がっています。

基本的なゲーム性は同じなのに、なぜここまで勝てないと言われているのか探っていきましょう。




沖ドキ2が勝てないと言われている理由

沖ドキ2が勝てないと言われている理由には以下の3つが関係しています。

・当たらない
・連チャンしない
・人気がない

一つずつ見ていきます。

当たらない

沖ドキ2は、初代沖ドキに比べてボーナス確率が悪くなっています。

沖ドキ2のボーナス確率を、初代とトロピカルを出して比較してみましょう。

設定 初代沖ドキ 沖ドキトロピカル 沖ドキ2
1 1/242.8 1/237.9 1/399.9
2 1/229.2 1/214 1/399
3 1/217.9 1/218.8 1/359.2
4 1/206.8 1/194.4 1/349.7
5 1/197.1 1/199.1 1/323.3
6 1/188.3 1/173.6 1/322.2

他の沖ドキシリーズに比べて、沖ドキ2は約1.5倍ボーナスが重くなっていますね。

確かにベースは上がっているものの、このボーナス合算なので数百ゲーム当たり前のようにハマってしまいます

機械割はほぼ同じなので長期的な出玉には影響ないかもしれないですが、こういったシンプル演出の台でハマられるとただ苦痛ですからね。

当たり前のようにハマられては、精神的にも勝てないと言われても仕方ないかもしれません。

Left Caption

カスカス

沖ドキ2はハマる前提で打つ必要がありますね。個人的にはトロピカル好きです(笑)

唯一、ボーナス確率が高い『チャンスモード(約1/148でボーナス抽選)』というのもありますが、有利区間移行後の移行率は10%or6%と低いのでそこまで期待できないと思います。

 

連チャンしない

ボーナスが重いからさぞかし大連チャンするのであろうと思いきや、単発・2連・・・。

こういったことも沖ドキ2では当たり前のようにあります。

これは内部モードが関係しており、基本的な出玉づくりの流れは、

モードBで当てる→50%で天国→奇数73%・偶数65%をループ

となっていますが、モード別の天国移行率は以下の通り。

モード別天国移行率
通常A滞在時
1:5.9%
2:8.6%
3:11.7%
4:14.8%
5:15.6%
6:20.3%
通常B滞在時
1:49.2%
2:59.4%
3:49.2%
4:59.4%
5:49.2%
6:59.4%
チャンス滞在時
不明 ※ただし天国移行率はAよりは高め?
天国滞在時
1・3・5:73.4%
2・4・6:65.6%
天国準備滞在時
全設定共通:100%

ご覧の通り、通常Bでやっと50%前後の天国期待度

なので6割~7割で移行する通常Aではほとんど期待できないし、振り分けの少ないモードBでも50%なので、連チャンしないで単発で終わるというのはよくあります。

また天国に移行しても、73%or65%なので普通にショボ連で終わります。

 

ちなみにモードの移行抽選は有利区間移行時に行われるようです。

終了モード(非有利区間)中の小役成立で移行する

終了モード中(非有利区間)にレア役を引いた場合は、通常B以上のチャンス!!※でもチャンスってだけです

基本的にボナ後32ゲーム消化後はモードの再抽選が行われ、前作までのような段階的なモードアップはありません。

ただし有利区間引継ぎで天国準備に入る場合はあります。※『さん・にい・いち』のランプが32ゲーム後も黄色のまま。

なのでヒキ弱だと通常Aをループし、モードアップもないので、永遠単発地獄ということも無きにしも非ず。

また999ゲームの天井到達後も天国確定ではないですし、有利区間がありますので出玉面でも大して期待できず、勝てないと言われても仕方ありません。

Left Caption

カスカス

ベースが高いからと言って初代と同じ感覚で打つと大やけどを負う可能性があります。



人気がない

近所のホールでは沖ドキ2をかなり導入したのですが、ほぼ稼働がありません。 画像は朝10時ごろ

沖ドキの代替機ということもあり、バラ1台とかではなくそれなりの台数を導入しているホールも多いかと思います。

しかし上記の理由から稼働が良くないホールも多く、初代より人気がないことがハッキリわかります。

そんな終日朝一状態では手を出しにくい人もいることでしょう。

10台あって稼働ゼロならどれを打てばいいか迷うし、初当たりも重いので高低判別する前に心が折れてしまいます。

ホール側もなんとか稼働を上げようと設定を入れる可能性もありますが、何かきっかけがなければ厳しいでしょう。

Left Caption

カスカス

誰か知らないけど、マイホールでは10ゲームだけ回す奴はいる

 

口コミ

ではネットから沖ドキ2の口コミ評価を抜粋していきます。

勝てない意見
・単発or2連がデフォ
・とにかく連チャンしない

・天井をもう少し浅くしてほしかった
・初代とは全く違うので2ではない
・糞台認定機

沖ドキ好きって人は多いですが、この沖ドキ2に関しては受け入れられないと感じるかもしれません。

確かにベースは上がって誰でも取っつきやすくなっているものの、単発後のモードアップの概念はなく、そして有利区間による制限があるので、低設定だとじわじわと締め上げられていく感じだと思います。

同じくベースの高いトロピカルもなかなかのヤバい奴でしたが、初当たりが重い分体感的にはそれ以上かもしれません。

沖ドキの正統後継機として期待が高かったからこそ、スペック的にも残念・勝てないという人も多いのではないでしょうか。

 

沖ドキ2は勝てないです

ハッキリ言わせてもらいますが、私個人の意見でも沖ドキ2は勝てないと思っています。

天国に飛んでしまえば従来の沖ドキと一緒ですが、そこまでの道のりが苦行。

ボーナス重いし、モードアップもないし、天井まで2万使って200枚なんてのもザラ。

38ゲームくらいから天井まで24000円(1200枚)かかりました・・・

そして有利区間リセットでまた最初から・・・。

これだと人気がない理由も分かりますよね。

しかし私は定期的に沖ドキ2を触っています。

というのも糞台大好きですし、なによりもハイビスカスを光らせたいその一心で打っています。

そんな私の沖ドキ2の収支(2020年10月まで)は・・・

差枚 -4800枚 ※正確な数字ではありません。

たまに2万持って勝負してみるけど、いつも空振り。

たまに1000枚出してくれる程度。

とりあえず完走するまでは打ち続けてみます。

Left Caption

カスカス

いつかかなちゃんが超ドキドキさせてくれるんじゃないかと期待していますが、このペースだと逆万枚達成しそうです。

 

沖ドキ2の勝ち方

沖ドキ2で勝ちたいのであればやはり重要なのが設定

沖ドキ2の勝ち方としては

・高設定狙い(欲言えば6のみ)

低設定でも数千枚吐き出した初代などに比べ、有利区間のせいで誤爆は少なくなっています。

なので天国に飛びやすい高設定を掴んで確実に伸ばしていくことが重要になります。

高設定は・・・
・通常Aから天国に飛びやすい
・初当たりがいい

 

設定差のある小役確率

現状ではチェリーの確率と共通ベルくらいしか判別要素が見つかりません。

チェリー確率
1:1/40.0
2:1/38.9
3:1/37.8
4:1/36.8
5:1/35.9
6:1/35.0

共通ベルは2種類『A』『B』があり、高設定ほど『B』が出やすく、低設定ほど『A』が出やすくなっています。

通常時のみ有効
共通ベルA確率(挟み打ち時)
1:1/117.9
2:1/124.1
3:1/131.1
4:1/138.8
5:1/147.6
6:1/157.5
共通ベルB確率(順押し時)
1:1/157.5
2:1/147.6
3:1/138.8
4:1/131.1
5:1/124.1
6:1/117.9
※通常のみ有効
※押し順によって変わってしまう

共通ベルをカウントする上で注意するべき点としては、共通ベルAと共通ベルBを両方カウントできないってことです。

「はっ?」って感じだと思いますが、押し順によって停止形が変わってしまうみたいなんです。

Left Caption

カスカス

私は今までそれを知らずに打っていました(笑)

なので高設定ほど出やすい共通ベルBをカウントする際は、『左・中・右』という順押しに固定する必要があります。

逆に共通ベルAをカウントする際は『左・右・中』という挟み打ちに固定する必要があります。

AT中はカウントできないので、通常時は高設定ほど出やすい共通ベルBを『左・中・右』の順押しでカウントするのがオススメです。

 

サイドランプ狙い

沖ドキの勝ち方として、サイドランプ狙いというのもあります。

サイドランプとは、リールサイドにあるランプのこと(画像参照)で、待機中のデフォルトは『白』ですが、たまに『青』だったり『黄』だったりすることがあります。

このサイドランプの色は、通常時リプレイが揃うと一定の確率で左の『さん・にぃ・いち』が黄色くなることがあるのですが、その黄色になった回数を示しています。

待機中サイドランプ
白:デフォルト
青:1~2回発生
黄:複数回発生

 

これがなんなのかというと、高モードほどリプレイ時に『さん・にい・いち』の色が黄色になりやすいという特徴があります。

リプレイ時の『さん・にい・いち』黄色変化発生率
通常A:500G以内 2.7% 500G以降 0.4%
通常B:500G以内 4.5% 500G以降 1.6%
チャンス:2.7%
天国準備:8.9%
※次のゲームで色変化は元に戻ります

つまりハイエナするなら待機中のサイドランプだけをみて、高モード期待度が高いリールサイドランプ『青』『黄』の台を狙い撃ちできるというわけです。

ただしサイドランプ黄色でも通常Aの可能性はゼロではないですし、仮に通常Bだとしても天国に飛ばない可能性もあることを忘れてはいけません。

言っている意味が分からない人は、他のブログの方が詳しく解説してくれています。

Left Caption

カスカス

実際にサイドランプ青の台を4台打ちましたが、天国に飛んだのは1回のみ。うち2回は天井近くまでもっていかれました。そこまで期待できるほどではないですが、立ち回りの参考にはなるでしょう。ただ簡単すぎる立ち回りなので、ライバルにバレバレですけどね。

あとは単純に、初当たり確率連荘しているかどうかが重要です。

高設定ほど初当たりはいいですし、なりよりも高設定ほど天国に飛びやすいので『2連以上している台=高設定かも?』という考えもできますね。

もう一度モード移行率をみましょう。

奇遇で天国ループ率が違うので、連荘数はそこまで気にしなくていいと思います。

ただこれらは、夕方からの稼働でなおかつそれなりに回っていないと分かりません。

しかも1回2回の初当たりだと、何とも言えないのが悔しいところ。

6の機械割がそれほど高いわけではないので、仮に高設定であっても気付いた時にはボロ負けできる台かもしれません。

Left Caption

カスカス

ちなみに天井狙いでもいいですが、天国確定でもなければ、仮に天国でも2400枚出せないので深追い要注意。天国に飛ばないことを考慮すれば500ハマりでも美味しくないかも?



これから沖ドキ2を打つ人へ

沖ドキ2はこんな人にオススメ!
・ハイビスカスが好き
・ちょっとしたAタイプ感覚

これだけです。

初代沖ドキと同じ気持ちで打ってもいいですが、同じ立ち回りで打ってはいけません。

不人気が続く以上、設定面でもさほど期待できないでしょう。

なのでハイビスカスが好きな人か、ちょっとしたAタイプ感覚で打った方がいいかもしれません。

沖ドキ2は勝てないという気持ちには変わりありませんが、やり方次第で勝てる可能性も秘めている機種だと思います。

しかし解析が広まるほどライバルが増え、見切られて結局低稼働のままかもしれませんが。

サイドランプとか気にしないくらい設定がバンバン入って、高稼働してくれることを祈るばかりです。

Left Caption

カスカス

糞台入り一歩手前だけど今後に期待ということで・・・。ただ通常時のだるさは6号機トップクラスです。

沖ドキ2は勝てると思いますか?




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】