会社に遅刻することは100%悪い事ではない理由

2020年5月28日

みなさんは会社を遅刻したことはありますか?

会社を遅刻と言っても、

・寝坊して遅刻
・渋滞で遅刻
・事故で遅刻

など色々あります。

初めて会社を遅刻するととてもパニックになり、「リストラされる」「処罰を受ける」とか色々な事が頭に浮かんでしまいますよね。

確かに遅刻はやってはいけない事です。

会社や取引先に迷惑をかけてしまう可能性がありますし、今後の自分自身の立場が大きく揺らいでしまう可能性もあります。

でも遅刻は本当に100%悪い事なのでしょうか?

それについてここでは書いていき、会社を遅刻してしまった皆さんを勇気づけていきたいと思います。




 

なぜ会社を遅刻してはいけないのか?

そもそもなぜ遅刻してはいけないのかと言いますと、会社に迷惑というよりも他の人への示しがつかないからだと思います。

一人の遅刻を許してしまうと「遅刻してもいいんだ」って思ってしまいますからね。

正直言って取引先との約束とかでなければ、多少の遅刻は誰にも迷惑掛かりません。

海外なんかだと遅刻は当たり前なようで、その代わり結果で示せというのが海外流。

それに対して日本は昔から時間に厳しくて、大雪降ろうが大雨降ろうが地震来ようが「時間前には来い」っていうのがビジネスマナーです。

昔ならこれでも良かったとは思いますが、今の時代に本当に合っているのかは疑問を感じます。

日本企業が海外企業に押されているのもこの影響だったりして・・・

個人的にはゆとりを持って仕事をしたほうが、業績も上がるとは思うんですがね。

もちろんメリハリは大事です。

 

会社を遅刻した理由

遅刻の理由は人それぞれです。

・夜遅くまで遊んでいた

・家庭の事情で夜遅くまで起きてた

・朝の渋滞に巻き込まれた

・通勤途中にトイレに行きたくなった

・目覚ましの電池が切れてた(←これが一番怖い)

などなど・・・

夜遅くまで遊んでいたのなら自己責任ですが、場合によっては家族の看病などで夜通し付き添う場合もあります。

どんな理由であれ遅刻はダメだと言われてしまうんですが、私はちゃんとした理由があるんであれば多少の遅刻は許してもいいと思うんです。

少なくとも自分が会社経営してたらそう言うでしょう。

少し余裕をもった環境を整えてやることで従業員の会社への信頼も高まると思うんで。

通勤も焦って事故られても困りますからね。

 

遅刻される会社も悪い

上記で話した家庭の事情以外の遅刻に関してですが、私が思うに遅刻される会社側にも原因があると思います。

中学・高校は遅刻してたけど、小学校の時はあまり遅刻しなかったという人も多いはずです。

それって小学校行くのが楽しかったからではないでしょうか?

つまり会社が楽しくないから遅刻してしまうって事もあると思います。

会社に楽しいも糞もあるか!って言われるかもしれませんが、楽しい=遊びではありません。

ようは「やりがい」と「周りの環境」です。

この仕事をやってて本当に良かったと思える仕事で、周りの人との人間関係が良好であれば会社を楽しいと思えるはずです。

簡単に遅刻されるような会社は、たぶんどちらかが足りてません。

逆にこの二つが欠けているにも関わらず遅刻者がいないって事は、そこで働いてる人のストレスはかなり溜まっていると思います。

もしかしたら離職率も高いかもしれませんね。

今の会社に一生付いていきたいと思えるようになれば、「遅刻すれば会社に申し訳ない」という気持ちが自ずと湧きあがり、遅刻はしないはずです。

遅刻されるということは、会社に対する熱意が足りないって事なんですね。

これは従業員は悪くありません。

採用した会社側に責任があるし、熱意をもって仕事してもらえるように環境を整えるのも会社のやるべきことだと思います。

 

会社を遅刻してからが勝負

ここまでは遅刻者を擁護してきましたが、決して遅刻が良い事とは思っていません。

会社によっては周りに多大な迷惑をかける可能性だってあるし、取引先との会合だと取引中止なんて事もありえます。

万が一、遅刻してしまったらどうすればいいかを書いていきます。

まずは遅刻と分かった時点で会社に連絡しましょう。

たとえギリギリに間に合いそうな時でも一応連絡した方がいいです。

焦って事故を起こすより遅刻として連絡し、ゆっくり行った方がいいですからね。

会社についてからなんですが怒られたり注意されたり様々だと思われますが、言い訳はせず素直に謝ればいいと思います。

遅刻を糧にこれから一生懸命頑張ればいいんです。

一度遅刻したんだからもう怖いものはないはずです。

実は遅刻とか失敗とかを多くしてきた人ほど出世や成功するというデータもあります。

なので遅刻してしまったらその日だけの事にして、「俺は成功へのきっかけを掴んだんだ」くらい前向きに堂々とすればいいと思います。

 

遅刻に関する様々な取り組み

遅刻に関する会社の取り組みだと、過去にはサッカー観戦関係があります。

ロシアワールドカップ日本戦が深夜に行われることがありました。

どの人も明日の仕事を心配しながらも観戦した人が多かったはず。

その中でインターネット広告会社「ファンコミュニケーションズ」という会社は、日本戦観戦翌日は遅刻オッケーという「スポーツ観戦推奨時間休暇」を打ち出しました。

遅刻オッケーというよりも時間単位での有給所得という形らしいですが、だいたいの人が午前中には出勤し仕事をしていたそうです。

こういう取り組みを行う事で社員のモチベーションも上がるし、ホワイトのイメージも定着するので会社にも社員にもメリットのある取り組みだと思います。

もう一つは知り合いの会社(社員数:15人)ですが、遅刻した人は一日雑用をするという罰ゲームみたいなのがあるそうです。

掃除からお茶くみ、買い出しなど・・・パシリですね。

その代わり遅刻については問い詰めないそうです。

普段は社長夫人がやっていることをやらされるようで、結構しんどいみたいです。

そのおかげか今は遅刻者が全くいないそうです。

これも面白い取り組みですよね。

 

会社の遅刻は100%悪い事ではない

私は会社の遅刻が100%悪いことだとは思いません。

遅刻される会社にだって責任はあると思うし、遅刻にも色んな理由があります。

でも遅刻はないに越したことはないです。

早く寝れる日は早く寝て、目覚ましも1個がダメなら2個3個使う。

通勤時間も多めにみて出勤する。

それでも遅刻してしまったのなら素直に謝り、今以上に仕事に対する熱意を持てばいいんです。

犯した遅刻を過去の笑い話にできるほどに仕事を頑張ればいいんです。

なので遅刻したからといって、落ち込まず前を向いて頑張りましょう!

・・・正直言って日本の会社は不思議です。

遅刻は1分1秒許されないのに、サービス残業は許されるんだから。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】