パチンコ屋がパーソナルシステムになった理由と客へのメリット・デメリット

2020年4月20日

 

ここ10年くらいの間で多くのパチンコ店が箱からパーソナルシステム(各台計数機)へ変更していきました。

ここ最近ではスロットに関しても箱がない店も増えてきました。

個人的には箱ありの方が出てる感があるので好きですが、女性やお年寄りが台移動しやすいようにと考えると必要なのかなとも思います。

というよりも店側の理由もあるという事を記述していきたいのと同時に、箱なしであるパーソナルシステムを導入したことによる我々客へのメリット・デメリットも書いていきます。

そもそも【パーソナルシステム】とは商品名で実際は各台計数機ですからね。




パチンコ屋がパーソナルシステムになった理由

まずこれだけは言っておきます。

客の利便性のためにパーソナルシステムになったわけではありません。

あくまでもパチンコ屋自体のメリットを考えて導入しているはずです。

今までは出玉があると箱を持って来てもらい、終了時に計数機まで持って行ってもらうシステムだったのですが、あれって従業員の負担が大きいのと同時に人員も結構必要とするんですね。※特に大型店

しかも昔みたいに4パチ・20スロに客が多く付いてた時代とは異なり、今は低貸の方が多くなっており、人員を補充できるほどの売り上げを確保できないわけです。

なので全台パーソナルシステムにすることで初期投資は多くなるものの、将来的に人件費が抑えれるのでパチンコ屋にとっては大きなメリットなのです。

また箱が通路を塞ぎ、歩行の妨げになってることもあり、防災上の観点からパーソナルシステムを導入するといったケースもあります。

パーソナルシステムに移行するにあたっての店のデメリットとしては、出玉でのアピールが出来なくなったことと、従業員を減らしたことでサービス面が悪くなってしまった事ですね。

また1台をパーソナルシステムにする際の費用は20万くらいと言われているので、小さいパチンコ屋などは導入が遅れている部分もあります。

冒頭でも言った通り、個人的には箱アリ店の方が好きですけどね。

次は客側から見てのメリット・デメリットです。

 

パーソナルシステム導入での客側のメリット・デメリット

メリット

・手を汚さなくて済む

・台移動が楽

・正確な持ち玉が分かる

パーソナルシステム導入による客側の大きなメリットとしてはこんなもんでしょうかね。

パチンコ愛好者の高齢化も進んでいるので、1箱持って台移動という負担が減るのは客にとっては大きなメリットだと思います。

ただ別に勝ち負けが絡むことではないので、これを客のメリットというのも疑問がありますが・・・

でも許せないのはスロットの箱なしですね。

枚数がハッキリ分かるのはメリットですが、入れるの面倒だし、結局手を汚すし・・・。

デメリット

・あまり出てる感がない

・カードを忘れそうになる

・液晶上の獲得出玉との大きなズレに苛立ちを覚える

正直言うとパーソナルシステムによる客側のデメリットはあまりないと思います。

上記の3つは無理やり入れただけです。

ただ3つ目の件は出玉がハッキリデータに記録されてるからこそ、液晶上の「10000pointGET!」「2000オーバー」に苛立ちを覚えるって事です。※実際はその4分の3くらいしか出てないのに

 

あなたは箱あり店・箱なし店どっちが好きですか?

では箱ありの店とパーソナルシステムの箱なし店どっちが好きか、アンケートを取りました。※記事作成に時間がかかったのですが集計は8月後半です。

18人からアンケートを取った結果、【箱なし】の方が好きって人の割合の方がわずかに上回りました。

~箱あり派の意見~

・多く箱を積むことが憧れだから

・1箱使ったら止めようという考えが持てるから

~箱なし派の意見~

・キリが良いところで止めれる

・店員をわざわざ呼ばなくて済む

 

アンケートにご協力ありがとうございました。

私は箱あり派なのでほぼ半々です。

店によっては4パチを箱あり、1パチを箱なしという風に分けてる店もありますので、その辺のバランスがしっかりしてるんでしょう。

結構好き嫌いが分かれる箱あり・箱なしの店。

自分に合った店を選んでください。

 

今の時代だからこそパーソナルシステムは不要?

「パーソナルシステムは時代に合っている」

本当にそうでしょうか?

2018年頃からパチンコ・パチスロは出玉規制ということでどんどん出玉感がなくなっています。

ハイスペック機やAT機が全盛期だった頃は確かに通路は塞がるし、店員も多かったのせパーソナルシステムは必要だったかもしれません。

しかし今はそこまで箱をバンバン積むようなハイリターンな機種は無いと思うので、パーソナルシステムを導入する必要もないと思うんです。

今の出玉規制時代だからこそ箱を使って「まだパチンコ・スロットには希望がある」ということを見せつけて欲しいんです。

10年前、とあるパチンコ店の壁や通路一面に箱が所狭しと積まれていたのを思い出すと、本当に今は寂しいと感じます。

色々な意見があると思いますが、パーソナルシステムの流れに逆らいこれからも伝統の箱あり店が残り続けて欲しいと思います。

※この記事の画像はピーワールドに載っていない昔ながらの隠れパチンコ屋です。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】