私がスロットの期待値を気にしなくなった理由【期待値が全てではない】

期待値は気にしない、カスカスです。

さてみなさん、スロットの期待値って気にしていますか?

私も昔は期待値を気にして立ち回っていましたが、最近はめっきりどうでもよくなっています。

だから負けてるんじゃないの?っていうツッコミは無視して、なぜ私がスロットの期待値を気にしなくなったのかをお話ししたいと思います。



そもそもスロットの期待値とは?

そもそもスロットおける期待値ってなんぞや?って話ですが、簡単に言うとその台に座って、どのくらいの収支が見込めるかってことです。

天井期待値やゾーン期待値などありますが、高い期待値を追うことで勝ちに繋がってきます。

よく解析サイトでこういった表を見たことがありませんか?

数値はテキトーに入れてます

この場合は、400ゲームから打ち始めれば+921円の収支が見込めますよってなります。

どのように計算して出しているか分かりませんが、誰でも分かちやすい“数値”として見えるようになっているのが期待値なわけですね。

別に詳しい立ち回り知識がなくとも、期待値プラスであるゲーム数から打てばいいわけです。

Left Caption

カスカス

ありがたいですね、簡単ですね。

 

期待値における注意点

Left Caption

世間の声

期待値のあるゲーム数から打って負けた。期待値なんて嘘だろ!
Left Caption

世間の声

全然期待値通りのプラスにならないんだけど。

ネットでは『スロット期待値 嘘』という検索もされているみたいです。

勘違いしてはいけないのが、400ゲームから打ち始めれば必ず921円プラスになるとは限らないってこと。

もっとプラスになることもあれば、マイナスになることも全然あります。

あくまでもこの数値は、何回も試行回数を重ねて出た平均

上振れもあれば下振れもあるので、打てば必ずこの金額勝てるというわけではない事に注意が必要です。

Left Caption

カスカス

まぁ下振れの方が多いけど。

私は期待値に関して詳しくありませんので、詳しくはネットで『スロット期待値とは?』で検索してください。

 

私がスロットの期待値を気にしなくなった理由

『期待値』というのは本当にありがたいデータです。

スロットがよく分かっていない人でも期待値プラスのゲーム数から打てば、勝てる可能性が高まります。

Left Caption

カスカス

とはいえ、私は期待値を気にしなくなりました。

その理由は以下の通り。

期待値のある台がそんな落ちてない

期待値を公表しているサイトは沢山ありますので、自分で期待値計算するってことはありません。

ただスマホ片手に期待値のある台を探すだけ。

とはいえ、高い期待値の台ってそんなに落ちてないですよね。

Left Caption

カスカス

低い期待値のゲーム数はよく見かけるけどね

期待値という言葉が周知されている現在はライバルも多いですし、最近は即ヤメする人も多くなりました。

期待値は数をこなすことが重要なわけですが、数をこなせるほど落ちていないので気にしなくなりました。

 

とにかく疲れる

先ほども言った通り、期待値で勝つためには数をこなすことが大切。

数回程度では全然足りません。

人によっては何十回、何百回と繰り返さないといけません。

とにかく期待値の高い部分だけを狙って打ちまくるのが鉄則。

時には店移動したり、待つことも必要でしょう。

・・・それがまぁ疲れる。

勝つためには仕方ないのかもしれませんが、限られた休みの中で待ち続けるのは精神的に辛い・・・

Left Caption

カスカス

田舎だと店移動も容易じゃないし。

しかも別にスロットで食ってるわけでもないので、期待値とか抜きにして遊びたくなりますよね。

こういう気持ちになった時点で、期待値稼働は意味をなさなくなるわけです。

 

期待値を知らなくても問題ない

一つ例を挙げます。

天井750前後のリゼロが400ゲームで捨ててあったとします。

大半の人は、期待値を知らなくても拾いますよね。

それはなぜか、早い当たりに期待できるから。

そう、期待値を知らなくても天井さえ知っていれば、だいたい通用するんです。

特に今の6号機なんかは天井恩恵が強くありませんので、天井さえ知っていれば期待値データを見なくても、ある程度勝ち負けのビジョンが見えます。

期待値データを参考にするなら、収支を勝率に置き換えて考える方がいいかもしれませんね。

Left Caption

カスカス

ヒキ弱のせいか、期待値通りに収束することもなかなかないからね。気にしない方が気持ち的にも楽。



スロットは期待値が全てではない

この記事で言いたい事は、期待値稼働の否定ではありません。

中途半端な気持ちで期待値稼働するのは止めましょうってことです。

ただ疲れるだけだし、純粋にスロットを楽しめなくなると思います。

そして「この台の期待値は・・・」と調べて打っておいて、その後に何の根拠もない台を打ってしまっては期待値稼働とは言いません。

私の知人にもいるんです。

「そのゲーム数から打っても期待値がないから打たない方がいい」とか「これは期待値が・・・うんちゃらかんたか」と語るくせに、最終的に好きな台を打っている奴。

Left Caption

カスカス

というか前の私もそうでした。

『期待値』という言葉を使いたいだけの、いわゆるエセ期待値信者。

 

期待値は積み重ねです。

期待値プラスの台をこなしていけばプラス収支になっていくor近づく、こういった気持ちでやっていかなければなりません。

時には無心で期待値を追い、感情の無いロボットのように打たなくてはなりません。

Left Caption

カスカス

私にはそれができませんでした。

 

スロットは期待値だけが全てではありません。

ヒキや知識、パチスロ愛全てが勝敗に影響してきます。

もちろん期待値も大切ですが、それだけにとらわれず、立ち回りの一つとして意識するくらいでいいと思います。

というかみんな期待値稼働し始めたら、誰も回さなくなっちゃいますね。

Left Caption

カスカス

スロットで必死に期待値稼働するよりも、その気力を仕事に回した方が期待値高いかもよ。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】