なぜ人は鼻糞を食べるのか?【鼻糞による免疫効果についても考える】

鼻糞は美味しい説ってあるよね、カスカスです。

さてみなさん、鼻糞を食べたことがありますか?

「食べたことがない」って意地を張らなくても大丈夫です。

Left Caption

カスカス

ちなみに私はあります。

たぶん多くの人が一度は鼻糞を食べたことがあるかと思います。(強引)

こちらのグラフはみんなのランキングに公開されている【鼻くそ世論調査2020】と呼ばれるアンケート結果です。

転載:みんなのランキング

アンケートではおよそ40%の人が鼻糞を食べたことがあると回答しています。

なぜ人は糞の部類である鼻糞を食べてしまうのか?

その疑問に迫ってみたいと思います。



そもそも鼻糞とは?

注)これは、うぐいす豆です。

鼻糞とは、鼻の奥にある粘膜と空気中の細菌・ウイルス・ホコリなどが混ざり合った物、もしくは鼻水が固まった物と言われています。

なので空気が汚れている場所にいる人や元々鼻水が出やすい体質の人は、鼻糞が多いそうです。

ちなみに『耳くそ=耳垢』『目くそ=目ヤニ』って言うけど、鼻糞には別な言い方がありません。

鼻糞は鼻糞でしかないのです。

 

鼻糞を食べる人は意外と多い

そんなごみの塊である鼻糞を食べる人はどのくらいいるのか?

冒頭で紹介したグラフをもう一度ご覧いただこう。

転載:みんなのランキング

『鼻糞を食べたことはありますか?』というアンケートでは、約4割の人が鼻糞を食べたことがあると回答しています。

うち12.25%の人が現在も鼻糞を食べているそうです。

つまり2.5人に1人は鼻糞を食べた経験があり、理論上1200万人の日本人が現在も鼻糞を食べているのです。

全世界で考えれば、7億6000万人もの人が現在も鼻糞食べているのかもしれません。

Left Caption

カスカス

鼻糞を主食とした大国が出来上がる規模ですね。

これは男も女も関係ありません。

転載:みんなのランキング

あなたが知らないだけで、みんな食べているのです。

Left Caption

カスカス

実は可愛いあの娘も鼻糞を食べているかも・・・?

 

鼻糞を食べる理由

注)これは、ラズベリーです

ではここからが本題で、なぜ人は鼻糞を食べるのか?

その理由は3つあると考えられます。

 

美味しいから

鼻糞を食べる理由一つ目は、単純に美味しいから

転載:みんなのランキング

鼻糞を食べたことがある人へのアンケートで、約35%の人が『鼻糞は美味しい』と答えています。

食べ物は美味しくなければ、継続して食べられません。

ただし35%という数字が物語っている通り、やはり好き嫌いがある癖のある味。

例えるならレバーやラム、ホヤといった食べ物と同じかもしれません。

Left Caption

カスカス

アンケート取れば、似たようなグラフになるかも?

 

ちょうど良い塩味

鼻糞を食べたことがある人なら分かると思いますが、鼻糞は塩味です。

なぜ塩味なのかは知りませんが、自分にとってちょうど良い塩味。

同じ味を作ろうとしてもたぶん不可能なくらいベストな塩加減。

日本人は昔から米と塩をメインとして生きてきたので、定期的に塩分を欲するのは当たり前のこと。

人の性。

だからこそ鼻糞を食べてしまうのかもしれませんね。

Left Caption

カスカス

しょっぱい物が好きな人は、鼻糞を食べる傾向にあります。

 

癖だから

この鼻糞を食べる行為というのは一種のだそうで、子供の頃に鼻糞を日常的に食べてきた人ほど、癖として大人になっても食べてしまうそう。

だからといって人前では食べません。

どちらかというと、くつろいでいるときや運転中などに食べる事が多いかと思います。

こういった人は鼻糞が食べたいから食べるというよりかは、スマホをいじる的な感覚で暇だからついつい食べるという感じでしょう。




鼻糞の免疫効果

せっかく鼻糞を食べるのですから、何かしらの効果効能があったほうがいいですよね。

しかしながら鼻糞には何一つ効果効能はありません。

そりゃそうです。

鼻糞は空気中の細菌やウイルスなどを絡めとったものですからね。

むしろ鼻糞を食べることで、細菌やウイルスを体に取り込んでいることになります。

でもよく考えてください。

鼻糞を定期的に食べてきて、何かしらの感染症にかかったことはありますか?

Left Caption

カスカス

私の経験上、鼻糞が原因で病気にかかったことはありません。

ということは、逆に鼻糞には免疫力アップなどの何かしらの効果効能があるのかもしれないという希望もあるわけです。

 

免疫力アップに繋がる説

実は世界の一部研究者はこの鼻糞の効果効能について研究を行っているそうで、鼻糞を食べて体内に細菌やウイルスを取り込むことで免疫力アップに繋がるという嘘か真か分からない発表もあります。

そのせいか『なぜ鼻糞を食べるのですか?』というアンケートで、13%の人が『免疫力がつくから』と答えています。

転載:みんなのランキング

例えるならインフルエンザの予防接種と同じで、事前に体内で抗体を作るってこと。

人間は日常的に細菌やウイルスと接していた方が免疫が付きますが、清潔志向になった現在では細菌やウイルスと接する機会が減っています。

だからこそ病気になりやすいわけです。

鼻糞を食べて体内に抗体を作り、免疫機能をアップさせることで、様々な細菌やウイルスによる病気を防げる可能性があります。

鼻糞を食べたことによる死亡例や何かしらの感染症にかかった例が見つかりませんでしたので、免疫力アップに繋がる説は嘘ではないのかもしれません。

Left Caption

カスカス

かなり信ぴょう性の低い話ですが、自分で作り出した鼻糞ワクチンで免疫力アップに繋がれば、自給自足で健康維持ができますね。

まとめ

注)これは、クッキーです

約40%の人が食べたことがあり、約12%の人が好んで食べている鼻糞。

鼻糞を食べる理由としては、

・美味しいから
・ちょうどいい塩味
・癖だから

というものがあります。

確かに鼻糞は『糞』と呼ばれるだけあって汚い物であり、一般的には食べない方がいいのかもしれません。

でも食べたいものを制限することは不可能です。

しかも自分で生成できるものなので、気軽に食べれてしまいます。

現時点では鼻糞を食べる事による免疫効果などが分かっていませんが、今後鼻糞に画期的な効果が分かって来れば、日常的に食べる習慣ができる可能性もありますし、人間が唯一自分自身で作れるワクチンとなる日が来るかもしれません。

あなたの鼻の穴にはそんな希望と夢が詰まっているのです。

鼻糞を食べたことがありますか?
Left Caption

カスカス

鼻糞食べたことがないって人も、鼻をすすったときに鼻水を飲み込むと思いますが、それもある意味鼻糞を食べているようなものです。ヨーグルトは食べないけど、飲むヨーグルトは飲むって感じですかね。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】