個人的に勝てるAタイプはこれだ!【オススメの機種と設定判別要素】

2022年1月31日

最近Aタイプの収支がすこぶるいい、カスカスです。

さて、パチスロのAタイプ(ノーマル機)は色々ありますが、

・この機種だったら負ける気がしない
・この機種を打ってれば勝てる

みたいなのが、みなさんも一つくらいはあると思います。

そこでこの記事では、個人的に勝てると思うオススメのAタイプをご紹介します。

あくまでも個人的に勝てると思うAタイプであり、勝てる勝てないの個人差はあるかと思いますのでその辺はご了承ください。



個人的に勝てるオススメAタイプ

増え次第、追記していきます。

 

アイムジャグラー

ベース
40ゲーム

獲得枚数
BIG:252枚
REG:96枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/273.1 1/439.8 1/168.5 97.0%
2 1/269.7 1/399.6 1/161.0 98.0%
3 1/269.7 1/331.0 1/148.6 99.5%
4 1/259.0 1/315.1 1/142.2 101.1%
5 1/259.0 1/255.0 1/128.5 103.3%
6 1/255.0 1/255.0 1/127.5 105.5%

導入延期延期でやっとこ導入したアイムジャグラー(6号機)

5号機アイムの代わりに大量導入したホールも多く、「設定が入らない」と言われる6号機の中ではそれなりの設定に期待ができる機種となっています。

また獲得枚数が減ったものの、スペック的には5号機アイムよりも良くなっており、従来のジャグラーファンも納得できるはずです。

 

設定判別要素として、ボーナス合算REG確率を基本に立ち回りましょう。

ボーナス合算
1:1/168.5
2:1/161.0
3:1/148.6
4:1/142.2
5:1/128.5
6:1/127.5

 

REG確率
1:1/439.8
2:1/399.6
3:1/331.0
4:1/315.1
5:1/255.0
6:1/255.0

基本中の基本だと思いますが、この2つを抑えるだけでも低設定に座ってしまう危険性は多少防げると思います。

ただ合算やREG確率だけでは語れないのがジャグラーですので、注意してください。

6号機アイムジャグラーの個人的評価

ベースアップで打ちやすくなったアイムジャグラー。けっこう荒波だった5号機アイムよりは設定に従順になった印象です。個人的には設定6よりも設定5を多用してくる感じがしています。

 

ニューハナハナゴールド

ベース
48ゲーム

獲得枚数
BIG:224枚
REG:112枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/297 1/496 1/186 97%
2 1/284 1/458 1/175 99%
3 1/273 1/425 1/166 101%
4 1/262 1/397 1/157 103%
5 1/251 1/370 1/149 105%
6 1/240 1/344 1/141 107%

ジャグラーと同じく光物Aタイプとして人気のハナハナ。

そんなハナハナの6号機仕様ニューハナハナゴールド

特徴はなんといっても高いベースで、50枚あたり約48ゲームとかなりマイルドになっています。

ただしBIG枚数はかなり減っているので、過度な期待は禁物でしょう。

 

ニューハナハナゴールドの設定判別要素は、とりあえずボーナス合算を参考に。

ボーナス合算
1:1/186
2:1/175
3:1/166
4:1/157
5:1/149
6:1/141

サイドランプとかBIG中スイカ確率などもありそうですが、ハッキリ分かっていないので割愛します。

ニューハナハナゴールドの個人的評価

高ベースになったのは、ありがたい要素。とりあえず1000円だけという立ち回りもしやすくなりました。ただし台数が少なく、設定に期待ができるかどうかは未知数。少なくとも5号機ハナが残っているうちは厳しいかも?

 

ハイハイシオサイ

ベース
32.5ゲーム

獲得枚数
BIG:194枚
REG:102枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/195 1/204 1/99 98%
2 1/190 1/197 1/97 100%
3 1/182 1/187 1/92 103%
5 1/235 1/117 1/78 106%
6 1/169 1/172 1/85 108%

ハイビスカスが光れば大当たりのハイハイシオサイ

6号機Aタイプの中ではトップクラスの合算値を誇ります。

しかもフリー打ちでOKなので、初心者でも触りやすい機種となっています。

 

ボーナス合算は似たり寄ったりなので、設定判別要素は2つ。

スイカ確率
1:1/86.3
2:1/80.2
3:1/75.3
5:1/70.0
6:1/70.2

フリー打ちでも取りこぼすはないですが、ベルとスイカは同一フラグなので、目押ししないとベルの形で揃います。

あとはボナ中の技術介入による奇偶判別も参考にしていきましょう。

ボナ中技術介入時の花ランプの色
青:奇数示唆
赤:偶数示唆
虹:5or6

 

Left Caption

カスカス

5段階設定なので、偶数示唆なら2or6しかありません。

設定5に関してはREG確率が1/117と別格なので、REG確率が良くて1/80を切るような台は、設定5を疑いましょう。

逆にBIGとREGがちょうどいい感じで1/80前後なら設定6を期待してもいいと思います。

ただベースが低く、少しハマればすぐに飲まれるので要注意。

ハイハイシオサイの個人的評価

ボーナス合算が設定1でも1/99とかなり遊びやすいスペック。ボーナスの獲得枚数も合算の割には少ないわけでもないので、数千円で遊ぶにはちょうどいいと思います。1000枚を目指すというよりかは、500枚を目指すゲーム性ではないかなって思っています。

 

ケロット4

ベース
40ゲーム

獲得枚数
BIG:230枚
REG:60枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/206.7 1/897.7 1/168.0 96.9%
2 1/202.2 1/840.2 1/163.0 98.3%
3 1/195.0 1/799.2 1/156.7 100.0%
4 1/1889.4 1/697.1 1/148.9 102.1%
5 1/184.0 1/648.8 1/143.4 104.0%
6 1/175.2 1/585.1 1/134.8 108.0%

ケロットシリーズから登場した6号機ケロット4

従来同様、オレンジなどからの同時当選を目指す仕様です。

3つのモードから演出を選ぶことができるので、楽しみながら打てる機種となっています。

BIG偏向型なので、REG死することは少なくなっています。

 

合算の設定差は当たり前ですが、それ以上にREG確率に大きな設定差があります。

REG確率
1:1/897.7
2:1/840.2
3:1/799.2
4:1/697.1
5:1/648.8
6:1/585.1

少ないゲーム数で判断するのは危険ですが、夕方から立ち回る際には大きな効力を発揮すると思います。

あとはBIG中ハズレ

BIG中のハズレ
4:1/4096.0
5:1/2048.0
6:1/1024.0

BIG中にハズレが出た時点で設定4以上濃厚。

他にも終了画面などの細かい設定差もありますが、『合算』『REG確率』を基本として立ち回るだけでもいいと思います。

ケロット4の個人的評価

演出を楽しみたいならケロット4がオススメです。BIG偏向型という点も評価できます。ただ前作よりは大幅にスペックダウンしているので、同じ感覚で打つとがっかりします。ボナ連も減った印象なので、高設定を確信できる状況でなければ厳しい戦いが余儀なくされるかと思います。

 

ラッキー海物語

ベース
41ゲーム

獲得枚数
BIG:260枚
REG:91枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/284.9 1/420.1 1/169.8 97.8%
2 1/292.6 1/344.9 1/158.3 98.7%
3 1/273.1 1/404.5 1/163.0 99.8%
4 1/280.1 1/292.6 1/143.1 103.0%
5 1/246.4 1/318.1 1/138.8 106.5%
6 1/246.4 1/250.1 1/124.1 109.7%

個人的には一番好きかもしれないラッキー海物語

ゲーム性は普通のAタイプですが、導光板を使った演出や音演出がメインとなります。

BIGで260枚取れることや、高設定のスペックがかなりいいのも魅力の一つ。

Left Caption

カスカス

レバーオンや遅れてくる魚群フラッシュは脳汁ものです。

 

ラッキー海物語の設定判別要素としては、まずはボーナス合算

ボーナス合算
1:1/169.8
2:1/158.3
3:1/163.0
4:1/143.1
5:1/138.8
6:1/124.1

 

次にREG確率

REG確率
1:1/420.1
2:1/344.9
3:1/404.5
4:1/292.6
5:1/318.1
6:1/250.1

偶数ほどREGが落ちやすいという特徴があります。

 

最後にBIG中ハズレも覚えておくべき要素。

BIG中ハズレ
4:1/4096.0
5:1/474.9
6:1/474.9

BIG中にハズレが出た時点で、設定4以上濃厚です。

ラッキー海物語の個人的評価

これくらいのAタイプがちょうどいいですね。演出がまったくないわけでもないし、液晶付きのガヤガヤ感もない。ジャグラーよりも気楽に打てます。ただ仕様なのか700ハマり800ハマりとかも良く見かけますので、根拠がない深追いは禁物かもしれません。

 

ドンちゃん2

ベース
44.4~48.7ゲーム

獲得枚数
BIG:222枚
REG:104枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/297.9 1/392.4 1/169.3 97.7%
2 1/287.4 1/354.2 1/158.7 100.0%
5 1/275.4 1/322.8 1/148.6 103.4%
6 1/264.3 1/281.3 1/136.2 106.4%

6号機Aタイプの中でも早く導入された機種の一つドンちゃん2

4段階設定で、ベース・出玉ともにマイルドになっています。

3つの演出モードから選ぶことができ、お好みに合わせて切り換えることができます。

Left Caption

カスカス

オススメは緑ドンです。それ以外は当たりません(オカルト)

 

BIG確率には大きな設定差がありませんので、REG確率を中心に見ていきましょう。

REG確率
1:1/392.4
2:1/354.2
5:1/322.8
6:1/281.3

夕方から立ち回る際は、REG確率を参考にするのもいいかもしれません。

 

あとはボーナス中の花火の種類

多少の目押しは必要ですが、設定うんぬんよりも奇偶判別に有効です。

ボーナス中の花火
   →奇数設定
スマイル→偶数設定
   →高設定示唆(弱)
ビリー →設定2以上
HANABI→高設定示唆(強)

4段階設定なので、奇偶判別はそこまで難しくないと思います。

HANABIロゴに関しては一応高設定濃厚ってことになっていますが、超薄い確率で低設定でも選ばれるので注意が必要です。

BIG中の花火示唆目押し
中右適当押しで、提灯が上段or左上がりにテンパイしたら、「提灯・BAR・チェリー」をビタ押し。成功で花火示唆出現。※提灯が中段テンパイの場合は、3連ドンを避けて消化


REG中の花火示唆目押し
予告音発生時に、「BAR・チェリー・BAR」をビタ押し。中右リールはBARをアバウトに狙う。

ドンちゃん2の個人的評価

最近はマジで勝たせてもらっている機種の一つ。差枚数はともかく、8割くらい勝ちに結びついています。ドンちゃん2には液晶演出があるので、私のような「HANABIが苦手」っていう人でも打ちやすいかと思います。ただ導入台数が少ないので設定面で期待できるか微妙ですが、わりとマイルドに楽しめるので、数千円勝負なんかにもオススメです

 

サンダーVライトニング

ベース
42.5~45.8ゲーム
BIG:最大251枚
REG:最大104枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1/277.7 1/392.4 1/162.6 98.0%
1/277.7 1/322.8 1/149.3 100.1%
1/264.3 1/288.7 1/138.0 103.5%
1/256.0 1/256.0 1/128.0 107.0%

全Aタイプの中でも勝率・金額ともにいいのがサンダーVライトニング

4段階設定で、ドン2同様でベース・出玉ともにマイルドになっています。

RTはなく、BIG後や一部REG後などに突入するRIZIN ZONEは、完全告知モードです。

 

BIG確率に大きな設定差がありませんので、REG確率を中心に見ていきましょう。

REG確率
1:1/392.4
2:1/322.8
5:1/288.7
6:1/256.0

 

次にベルAの確率

ベルAの確率
1:1/9.6
2:1/9.3
5:1/9.0
6:1/8.7

ベルにはABあるのですが、ユニメモを利用することで種類別にカウントしてくれます。

 

BIG中のハズレには、かなりの設定差があります。

BIG中ハズレ
12:1/16384.0
56:1/420.1

一度でも確認出来たら、終日打ち込んでもいいレベルです。

 

BIG終了後に突入する【RIZIN ZONE】のゲーム数振り分けで奇偶判別ができます。

細かいゲーム数は他で確認していただくとして、簡単にまとめるとこんな感じ。

【RIZIN ZONE】のゲーム数振り分け
・十の位が奇数
奇数設定示唆
・十の位が偶数
偶数設定示唆
・ゾロ目
設定6濃厚

それなりのサンプルは必要だと思いますが、奇偶判別の参考にはなるでしょう。

サンダーVライトニングの個人的感想

正直、前作のサンダーとかは苦手でしたが、このライトニングだけは打てています。「こんなのサンダーじゃない」っていう人もいるかもしれませんが、サンダーだと思って打つからいけないんです。サンダーじゃないと思って打てば、普通に打てる台だと思います。台数が少ないのがネックですが、それでもここ最近ではかなり勝たせてもらっている機種の一つです。



自分が勝ちやすいと思ったAタイプを極めると収支が安定します

ここでは個人的に勝てるオススメAタイプをご紹介しましたが、ハッキリ言って人の意見なんてどうでもいいと思います。

Left Caption

カスカス

他人の意見なんか参考になりません。

だって地域やホールによって設定状況は違うんだから。

なので、自分が勝ちやすいと思ったAタイプだけを極めていけばいいと思うのです。

 

ただあれもこれもと選ぶとAタイプとはいえ大負けする可能性が高まりますので、3機種くらいに絞り立ち回ると良いでしょう。

欲張れば負けるのがAタイプなのでプラス1000枚を目指し、確実に5・6だという確信がないのであればすっぱりと止めることが大事。

少額でも確実に勝ち続けることがAタイプの勝つ方法。

自分が勝ちやすいAタイプを見つけて、しっかりとした立ち回りで収支を安定させていきましょう。

もし打つAタイプに迷ったのであれば、この記事の勝てるオススメAタイプを参考にしてください。

カスカスのオススメAタイプ(2022年1月版)
1位:サンダーVライトニング
2位:ドンちゃん2
3位:アイムジャグラー
4位:ハイハイシオサイ
5位:ラッキー海物語
※+収支が高い順

「このAタイプは勝ちやすいよ!」ってのがありましたらコメント欄にて教えてください。

Left Caption

カスカス

Aタイプ打っている時が一番スロットしてる感があるよね
Twitterの【底辺カスカス】をフォローして頂ければ、当ブログの最新の記事を知ることができます。 もちろんフォロバします。 応援のつもりでよろしくお願いします・・・。 Twitter【底辺カスカス】




プロフィール

 

年収180万円の低所得者。

副業が大好きで、底辺の頂点目指しています。

気軽にコメントどうぞ!

※画像は本人ではありません

「記事に共感した」「可哀そうだからフォローしてやるか」って方は、Twitterのフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】