個人的に勝てるAタイプはこれだ!【オススメの機種と設定判別要素】

最近Aタイプのヘタレ止めが多い、カスカスです。

さて現在のパチスロ界においてAT機・ART機と色々ありますが、その中でも奮闘しているのがボーナスのみで出玉を増やしていくAタイプ達。

Left Caption

カスカス

過去にはAタイプは勝てない!みたいな記事も書きましたが、結局我々スロッターが戻るべきところはAタイプなのかもしれませんね。

そこで個人的に勝てると思うオススメのAタイプをご紹介します。

あくまでも個人的に勝てると思うAタイプであり、勝てる勝てないの個人差はあるかと思いますのでその辺はご了承ください。



個人的に勝てるオススメAタイプ(5号機)

まずは設置期限が再延長になった5号機Aタイプからご紹介します。

設置期限に到達次第、削除していきます。

クレア3

名称 :クレアの秘宝伝3 女神の夢と魔法の遺跡
タイプ:A+RT
ベース:約34回
導入日:2018年7月

 

設定 ボーナス確率 機械割
1 1/148.9 98.0%
2 1/143.1 99.8%
5 1/133.2 104.6%
6 1/129.0 108.4%

2よりスペックダウンし、導入後の評価は今ひとつだったクレア3

しかし最近になって、徐々にその魅力が見直されつつあります。

というのもクレア3はホールにとって良い客寄せパンダ

高設定であっても荒れるし、今作から登場した200枚ボナ、前作同様REG祭りもほどよくあるため、アイムジャグラー同様ホールとしては高設定を使っても怖くない機種の一つでもあります。

もちろん打ち手にもメリットはあり、2ほどの爆発力はないものの設定さえ使ってくれれば、金額はともかく勝ちやすいし面白い機種となっています。

 

設定判別要素は色々ありますが、個人的に抑えておいているポイントだけをご紹介。

・REG中カードの色
・ベル・チェリー・ピラミッド確率

REG中はカードの色で設定示唆を行っており、

銀カード・・・弱い高設定示唆
金カード・・・強い高設定示唆
赤カード・・・設定5以上確定
全て銀カードなど・・・設定5以上?

となっています。

 

ベル確率及びチェリー確率・ピラミッド揃い確率にも設定差があり、

ベル
設定1・・・1/7.5
設定2・・・1/7.4
設定5・・・1/7.2
設定6・・・1/6.8
チェリー
設定1・・・1/87.1
設定2・・・1/83.0
設定5・・・1/77.1
設定6・・・1/71.7
ピラミッド
設定1・・・1/5461.3
設定2・・・1/4681.1
設定5・・・1/4096.0
設定6・・・1/2730.7

 

他にもありますがこれらの判別要素とボーナス確率を抑えとくだけでも、4段階設定なのである程度の高低は見抜けるかと思います。

チャンス目でのボーナス当選(約22%)に大きな設定差がないため、ヒキによっては低設定でもまとまって出たり、高設定であってもドハマりすることもあるので注意が必要です。

クレア3の個人的評価

クレア2でかなり絞られたカスカスですが、クレア3になってからは安定して勝てています。
ただ200枚BIGやREGに偏ったりすると出玉が全然伸びない時もあるので、深追いは禁物かもしれません。
ボーナス連した時のクレアはかなりノリノリで楽しめるので、勝ちやすい+面白いという部分でオススメです。

 

偽物語A

名称 :A-SLOT偽物語
タイプ:A+RT
ベース:約35回
導入日:2016年7月

 

設定 ボーナス確率 機械割 フル攻略
1 1/151.7 98.32% 100.43%
2 1/146.61 99.985 102.12%
5 1/135.97 104.58% 105.96%
6 1/118.72 109.7% 112.65%

導入より数年が経ち設置店も少なくなっているものの、人気Aタイプとしての立場を確立した偽物語A

フル攻略すれば機械割が100%超えるなど、偽物語好きのみならずAタイプユーザーから根強い人気があり、高稼働を誇るホールもあります。

機械割が高いAタイプは設定を抜かれる印象もありますが、それなりに人気のために設定を使ってくれるホールも多く、仮に低設定でもフル攻略機械割に魅力を感じ座るユーザーも一定数いるため、店としては使いにくそうに見えて実は使いやすいAタイプとなっています。

設定6は確率がかなり甘いため、6を掴むことが出来れば安定して勝ちやすいと思います。

 

そんな偽物語Aで抑えておく設定判別要素は以下の通り。

・チェリーREG
・スイカAからのボーナス
・忍REG確率
・ボーナス中ハズレ確率

最初に抑えておくのがチェリー+REGとスイカAからのボーナスですね。

まずチェリーからのREGをみてみましょう。

チェリー+白頭REG
1:1/5461
2:1/2520
5:1/5461
6:1/1724
チェリー+赤頭REG
1:1/3640
2:1/5041
5:1/1724
6:1/1724
※小数点以下切り捨て

チェリーからREGを引くと高設定の可能性が高まります。

もちろん1回・2回だけだと何とも言えませんが、3回以上引いたら上2つを疑ってもいいかもしれません。

そもそもチェリーからのボーナス自体は高設定ほど高いです。

 

スイカAからのボーナスも設定差があります。

スイカAからのボーナス当選率
1:1.1%(実質:1/8192)
2:1.9%(実質:1/4681)
5:3.6%(実質:1/2520)
6:5.9%(実質:1/1489)

スイカにはA・Bと2種類ありますが、一番出やすい斜め揃いのスイカがスイカAになります。※要目押し

1日2~3回スイカAから当選を確認できれば、高設定を疑っていいかもしれません。

 

忍REG選択率にも設定差があります。

忍REG選択率
1:10.6%
2:13.7%
5:18.3%
6:21.3%

REGを引いた時はオマケ程度に覚えておきましょう。

ボーナス中ハズレ確率
1:1/65536
2:1/8192
5:1/1024
6:1/512

ボーナス中ハズレはかなり設定差が大きいので、1回でも確認できれば粘ってもいいかもしれませんね。

この他にもビタ押しキャラ選択率やボイスなどの設定判別要素がありますが、個人的にはあまり気にしていません。

偽物語Aの個人的評価

偽物語Aも個人的には安定して勝てています。
最高4400枚出したこともあり、Aタイプとしては大きく勝てる機種の一つかもしれません。
ただ問題としては台数が減ってきたことで、近くのホールからも撤去されてしまいました。
比較的勝ちやすいので、もし打てる機会があれば積極的に狙ってみてください。



マイジャグー4

名称 :マイジャグラー4
タイプ:A
ベース:約35回
導入日:2018年7月

 

設定 ボーナス確率 機械割
1 1/172.5 95.7%
2 1/159.1 97.9%
3 1/151.7 99.9%
4 1/138.9 102.8%
5 1/132.1 105.3%
6 1/120.5 109.4%

マイジャグラーシリーズで比較的新しいマイジャグラー4

Aタイプの代名詞ジャグラーブランドのため多くの店で導入され、打てる機会も多いかと思います。

稼働も良く、ホールも高設定も多く使っているので、ジャグラーシリーズの中でも「勝ちやすい機種」と言っても過言ではありません。

そんな勝てるAタイプ:マイジャグラー4ですが、過去作同様で低設定の機械割はかなりキツめになっています。

なので朝一よりも夕方から狙ったほうがいいかもしれませんね。

 

判別方法は純粋にボーナス確率をみていき、特にREG確率は設定差が大きいので要チェック。

REG確率
1:1/431.2
2:1/364.1
3:1/341.3
4:1/292.6
5:1/277.7
6:1/240.9

多少合算が悪くてもREG確率が1/300切っているのなら、チェックしておいてもいいかもしれません。

ただ最低でも2000回転以上回していることが条件です。

というのも2000回転以下では確率がブレることも多いからです。

ブドウ確率にも設定差があると思いますが、朝一以外ならそこまで気にする必要はありません。

とにかく出来るだけ朝一は避け、ボーナス確率とREG確率を重視して、夕方もしくは閉店1~2時間前から打つことが大負けせず手堅く勝てる方法です。

マイジャグ4の個人的評価

ジャグラーシリーズは正直、苦手です。
ただ確実に高設定を掴むというのなら、ジャグラーorハナハナorパルサーorHANABIくらいでしょう。
なかでもマイジャグラーは設定6の機械割がシンプルAタイプの中でも高い方なので、夕方から拾えば安定した出玉を得ることができるはずです。
稼働はまだまだ衰えないと思うので、狙い台が空くまで他のジャグラーをチェックしつつ立ち回るといいかもしれませんね。

不二子TYPE-A+

名称 :不二子TYPE-A+
タイプ:A+RT
ベース:約35回
導入日:2018年4月

 

設定 ボーナス確率 機械割 フル攻略
1 1/179.1 97.9% 100.1%
4 1/169.3 100.8% 104.5%
6 1/154.9 108.0% 108.1%

完成度が高かった前作の100億$の女神から6年・・・、5号機後期で最強のAタイプと名高い不二子TYPE-A+

演出面はもちろんのこと、出玉面でも400枚BIGと枚数変動型BIG(平均350枚)を搭載しているなどAT機に負けないほども爆裂仕様となっています。

この不二子TYPE-A+が他のAタイプと違う所は何と言っても、3段階設定という所と「運と目押しが重要」という所です。

ノーマルBIG中は「運と目押し」によって獲得枚数が変わり、運次第では全てのBIGが400枚近く取れます。※平均350枚程度

というのはBIG中の「JAC挑戦中」のことで、ここで早く強JACを引けるか否か(約50%)がBIG獲得枚数のカギとなります。

一度強JACを引けば90%以上で強JACがループするので、結構初回JAC挑戦中が大事になってくるのです。

強JACか弱JACかは出目以外にも演出でわかります。

強JACの場合:ビッグサーチ完成
弱JACの場合:車がスリップ

BIG中にヒキ弱だと300枚も取れない事があるようです。

※追記:BIGが初めて100枚台で終了しました・・・

弱JACばかりだとこうなります。たぶん逆に引き強

 

この他にも運要素としてRTチャレンジというのがありますが、まぁオマケ程度に考えてても良いと思います。

次に目押しの部分と言うのが、強JACゲーム中。

赤帯が出現したら、右・中テキトー、左ボーナス狙い

途中警告音と共に赤帯が出現するのですが、この時は右・中を適当押ししたあと左リールにボーナス図柄を狙って、内部的な1枚役を外します。

結構頻繁に来るので落ち着いて打てば問題なしです。

この他にも枚数調整という技術介入がありますが気にしなくていいと思います。※機械割を上げるためには必要

とにかくこの「運と目押し」次第では、設定1でも簡単に1000枚出る台です。

 

不二子TYPE-A+で抑えておく設定判別要素は以下の通り。

・ボーナスの種類
・赤帯中の特殊15枚役

まずはボーナスの種類から見ていきます。

スーパービッグボーナス(400枚+RT)
1:1/1927.5
4:1/1285.0
6:1/1771.2
ビッグボーナス(赤7)
全設定共通:1/595.8
ビッグボーナス(青7)
1:1/1213.6
4:1/1285.0
6:1/910.2
レギュラーボーナス
1:1/390.1
4:1/374.5
6:1/321.3

簡単に言えば、スーパーBIGが出やすいのが設定5、REGと青7BIGが出やすいのが設定6という事です。

もちろん合算値も加味しつつ、こういったボーナス種類もみていくといいかもしれません。

 

次に赤帯中の特殊15枚役についてです。

強JAC中の赤帯出現は右・中をテキトー押しの左にボーナス図柄を狙って1枚役を外すと言いましたが、たまに赤帯中に右・中リール中段にリプレイが止まります。

左リールを止めると15枚の払い出しがあるのですが、これが特殊15枚役。

この特殊15枚役に設定差があり、

強JAC中の特殊15枚役
1:1/99.3

4:1/77.1
6:1/66.2

と結構設定差があります。

赤帯出現時は確実に1枚役外しを行って、そこで15枚の払い出しがあれば特殊15枚役なんだなって思えばいいと思います。※確率の分母は赤帯出現回数になります。

この他にもREG中画面・RT終了後画面、小役などに設定差がありますが、それは他のサイトを参考にしてください。

基本的に私は上記の事だけを頭に入れて立ち回っていますが、とりあえずは勝てています。※というか覚えられない

不二子TYPE-A+の個人的評価

勝てているAタイプの中でも出玉的に大きく伸ばせているのが不二子TYPE-A+です。
最高枚数4800枚、その他も2000枚程度はかなり出せています。
知人の中には7000枚出した人もいるなど、Aタイプとも思えない出玉性能があります。※もちろんヒキの部分がとても大事です。
設定も3段階なので、ある程度ゲーム数が回っていれば設定の高低が分かるかと思います。
目押しが苦手という人も多いと思いますが、ディスクアップほど難しくはありませんので安心してください。
とにかく出目が楽しいリーチ目台なので、純粋にAタイプを楽しみたい人には勝ちやすいオススメの機種です。

 

バイオハザード Aタイプ

名称 :バイオハザード INTO THE PANIC
タイプ:A+RT
ベース:約35回
導入日:2018年11月

 

設定 ボーナス合算 機械割
1 1/149.6 98.3%
2 1/144.7 99.8%
3 1/138.6 101.6%
4 1/129.8 104.5%
5 1/119.6 107.4%
6 1/99.9 115.3%

意外と知られていない個人的に大好きなバイオ Aタイプ

5号機後期のAタイプとしては、6で1/99.9、115%という高いスペックを誇ります。

高いスペックを誇るってことは設定が期待できないってことにも繋がりますが、低設定でもわりと遊べる機種ではないかと思います。

私自身、高設定に座っていないと思いますが、それでもプラス収支。

基本的に同時当選メインなので、上手くかみ合えば100ゲーム以内連チャンで1000枚くらいなら目指せます。

 

低設定でもボナ連するので短時間では設定判別が難しいと思いますが、抑えておくべき設定差は以下の通り。

・レア役からの同時当選確率
・レギュラー確率

バイオAは他のAタイプ同様、レア役からの同時当選に設定差があります。

レア役からの同時当選
スイカ:1.8~3.5%
弱チェ:0.6~1%
特リプA:18.4~24.9%
特リプB:33.3~39.8%
強チェ:33.3%

段階的に設定差が設けられていますが、極端に大きな差はないですね。

 

ちなみに通常リプレイAでもボーナス抽選を行っています。

通常リプレイAの停止系(青7狙い時)
通常リプレイAの同時当選確率
1:4.1%
2:4.1%
3:4.6%
4:5.0%
5:5.9%
6:7.6%

赤7狙いが基本ですが、赤7狙いだと通常リプレイABを見抜くことはできません。

でもボーナスの可能性がある通常リプレイAの時は、液晶がざわつくのでそれで判断してもいいかもしれません。

この他にも設定差の大きい『確定役』というのがありますが判別が難しいので、謎当たりがあれば「確定役かな?」と思う程度でいいと思います。

確定役確率
1:1/16384.0
2:1/16384.0
3:1/16384.0
4:1/10922.7
5:1/8192.0
6:1/4681.1

こういったレア役からの同時当選が、高いボーナス確率を実現しているわけですね。

ボーナス合算
1:1/149.6
2:1/144.7
3:1/138.6
4:1/129.8
5:1/119.6
6:1/99.9

 

とはいえ、低設定でもヒキ次第ではボーナス合算が良くなります。

なので途中から打つ際はREG確率も参考にしていきましょう。

REG確率
1:1/390.1
2:1/370.3
3:1/336.1
4:1/307.7
5:1/262.1
6:1/199.8

かなり大きな差なので、REG確率が良ければ多少合算が悪くても打ってみるのもいいかもしれませんね。

バイオAの個人的評価

正直に言うと、この機種で設定狙いはしたことはありません。
というのも機械割が高いので設定は期待できないと思っているからです。※少なくてもいつも打つホールは
とりあえず座って2000~3000円使ってみる感じの立ち回りで遊んでいて、それでまぁまぁ勝てているので良しとしています。
ただ急にレア役が来なくなったり、チャンス目などからボーナスが落ちなくなったりするので、高設定と判断できる状況以外は深追い厳禁。
台数こそ少ないですが、Aタイプトップクラスに演出が面白いので、ぜひ見かけたら触って欲しいですね。



個人的に勝てるオススメAタイプ(6号機)

次に6号機Aタイプのご紹介です。

増え次第、追記していきます。

6号機アイムジャグラー

ベース:40ゲーム
獲得枚数
BIG:252枚
REG:96枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/273.1 1/439.8 1/168.5 97.0%
2 1/269.7 1/399.6 1/161.0 98.0%
3 1/269.7 1/331.0 1/148.6 99.5%
4 1/259.0 1/315.1 1/142.2 101.1%
5 1/259.0 1/255.0 1/128.5 103.3%
6 1/255.0 1/255.0 1/127.5 105.5%

導入延期延期でやっとこ導入したアイムジャグラー(6号機)

5号機アイムの代わりに大量導入したホールも多く、「設定が入らない」と言われる6号機の中ではそれなりの設定に期待ができる機種となっています。

また獲得枚数が減ったものの、スペック的には5号機アイムよりも良くなっており、従来のジャグラーファンも納得できるはずです。

 

設定判別要素として、ボーナス合算REG確率を基本に立ち回りましょう。

ボーナス合算
1:1/168.5
2:1/161.0
3:1/148.6
4:1/142.2
5:1/128.5
6:1/127.5

 

REG確率
1:1/439.8
2:1/399.6
3:1/331.0
4:1/315.1
5:1/255.0
6:1/255.0

基本中の基本だと思いますが、この2つを抑えるだけでも低設定に座ってしまう危険性は多少防げると思います。

ただ合算やREG確率だけでは語れないのがジャグラーですので、注意してください。

6号機アイムジャグラーの個人的評価

ベースアップで打ちやすくなったアイムジャグラー。けっこう荒波だった5号機アイムよりは設定に従順になった印象です。個人的には設定6よりも設定5を多用してくる感じがしていますが、この辺については5号機がなくなる今後に期待です。

 

ニューハナハナゴールド

ベース:48ゲーム
獲得枚数
BIG:224枚
REG:112枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/297 1/496 1/186 97%
2 1/284 1/458 1/175 99%
3 1/273 1/425 1/166 101%
4 1/262 1/397 1/157 103%
5 1/251 1/370 1/149 105%
6 1/240 1/344 1/141 107%

ジャグラーと同じく光物Aタイプとして人気のハナハナ。

そんなハナハナの6号機仕様ニューハナハナゴールド

特徴はなんといっても高いベースで、50枚あたり約48ゲームとかなりマイルドになっています。

ただしBIG枚数はかなり減っているので、過度な期待は禁物でしょう。

 

ニューハナハナゴールドの設定判別要素は、とりあえずボーナス合算を参考に。

ボーナス合算
1:1/186
2:1/175
3:1/166
4:1/157
5:1/149
6:1/141

サイドランプとかBIG中スイカ確率などもありそうですが、ハッキリ分かっていないので割愛します。

ニューハナハナゴールドの個人的評価

高ベースになったのは、ありがたい要素。とりあえず1000円だけという立ち回りもしやすくなりました。ただし台数が少なく、設定に期待ができるかどうかは未知数。少なくとも5号機ハナが残っているうちは厳しいかも?

 

ハイハイシオサイ

ベース:32.5ゲーム
獲得枚数
BIG:194枚
REG:102枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/195 1/204 1/99 98%
2 1/190 1/197 1/97 100%
3 1/182 1/187 1/92 103%
5 1/235 1/117 1/78 106%
6 1/169 1/172 1/85 108%

ハイビスカスが光れば大当たりのハイハイシオサイ

6号機Aタイプの中ではトップクラスの合算値を誇ります。

しかもフリー打ちでOKなので、初心者でも触りやすい機種となっています。

 

ボーナス合算は似たり寄ったりなので、設定判別要素は2つ。

スイカ確率
1:1/86.3
2:1/80.2
3:1/75.3
5:1/70.0
6:1/70.2

フリー打ちでも取りこぼすはないですが、ベルとスイカは同一フラグなので、目押ししないとベルの形で揃います。

あとはボナ中の技術介入による奇遇判別も参考にしていきましょう。

ボナ中技術介入時の花ランプの色
青:奇数示唆
赤:偶数示唆
虹:5or6

 

Left Caption

カスカス

5段階設定なので、偶数示唆なら2or6しかありません。

設定5に関してはREG確率が1/117と別格なので、REG確率が良くて1/80を切るような台は、設定5を疑いましょう。

逆にBIGとREGがちょうどいい感じで1/80前後なら設定6を期待してもいいと思います。

ただベースが低く、少しハマればすぐに飲まれるので要注意。

ハイハイシオサイの個人的評価

ボーナス合算が設定1でも1/99とかなり遊びやすいスペック。ボーナスの獲得枚数も合算の割には少ないわけでもないので、数千円で遊ぶにはちょうどいいと思います。1000枚を目指すというよりかは、500枚を目指すゲーム性ではないかなって思っています。

 

ケロット4

ベース:40ゲーム
獲得枚数
BIG:230枚
REG:60枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/206.7 1/897.7 1/168.0 96.9%
2 1/202.2 1/840.2 1/163.0 98.3%
3 1/195.0 1/799.2 1/156.7 100.0%
4 1/1889.4 1/697.1 1/148.9 102.1%
5 1/184.0 1/648.8 1/143.4 104.0%
6 1/175.2 1/585.1 1/134.8 108.0%

ケロットシリーズから登場した6号機ケロット4

従来同様、オレンジなどからの同時当選を目指す仕様です。

3つのモードから演出を選ぶことができるので、楽しみながら打てる機種となっています。

BIG偏向型なので、REG死することは少なくなっています。

 

合算の設定差は当たり前ですが、それ以上にREG確率に大きな設定差があります。

REG確率
1:1/897.7
2:1/840.2
3:1/799.2
4:1/697.1
5:1/648.8
6:1/585.1

少ないゲーム数で判断するのは危険ですが、夕方から立ち回る際には大きな効力を発揮すると思います。

あとはBIG中ハズレ

BIG中のハズレ
4:1/4096.0
5:1/2048.0
6:1/1024.0

BIG中にハズレが出た時点で設定4以上濃厚。

他にも終了画面などの細かい設定差もありますが、『合算』『REG確率』を基本として立ち回るだけでもいいと思います。

ケロット4の個人的評価

演出を楽しみたいならケロット4がオススメです。BIG偏向型という点も評価できます。ただ前作よりは大幅にスペックダウンしているので、同じ感覚で打つとがっかりします。ボナ連も減った印象なので、高設定を確信できる状況でなければ厳しい戦いが余儀なくされるかと思います。

 

ラッキー海物語

ベース:41ゲーム
獲得枚数
BIG:260枚
REG:91枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/284.9 1/420.1 1/169.8 97.8%
2 1/292.6 1/344.9 1/158.3 98.7%
3 1/273.1 1/404.5 1/163.0 99.8%
4 1/280.1 1/292.6 1/143.1 103.0%
5 1/246.4 1/318.1 1/138.8 106.5%
6 1/246.4 1/250.1 1/124.1 109.7%

個人的には一番好きかもしれないラッキー海物語

ゲーム性は普通のAタイプですが、導光板を使った演出や音演出がメインとなります。

BIGで260枚取れることや、高設定のスペックがかなりいいのも魅力の一つ。

Left Caption

カスカス

レバーオンや遅れてくる魚群フラッシュは脳汁ものです。

 

ラッキー海物語の設定判別要素としては、まずはボーナス合算

ボーナス合算
1:1/169.8
2:1/158.3
3:1/163.0
4:1/143.1
5:1/138.8
6:1/124.1

若干一癖ある合算になっています。

その理由がREG確率

REG確率
1:1/420.1
2:1/344.9
3:1/404.5
4:1/292.6
5:1/318.1
6:1/250.1

偶数ほどREGが落ちやすいという特徴があります。

 

最後にBIG中ハズレも覚えておくべき要素。

BIG中ハズレ
4:1/4096.0
5:1/474.9
6:1/474.9

BIG中にハズレが出た時点で、設定4以上濃厚です。

ラッキー海物語の個人的評価

これくらいのAタイプがちょうどいいですね。演出がまったくないわけでもないし、液晶付きのガヤガヤ感もない。ジャグラーよりも気楽に打てます。ただ仕様なのか700ハマり800ハマりとかも良く見かけますので、根拠がない深追いは禁物かもしれません。

 

ドンちゃん2

ベース:44.4~48.7ゲーム
獲得枚数
BIG:222枚
REG:104枚

 

設定 BIG REG 合算 機械割
1 1/297.9 1/392.4 1/169.3 97.7%
2 1/287.4 1/354.2 1/158.7 100.0%
5 1/275.4 1/322.8 1/148.6 103.4%
6 1/264.3 1/281.3 1/136.2 106.4%

6号機Aタイプの中でも早く導入された機種の一つドンちゃん2

4段階設定で、ベース・出玉ともにマイルドになっています。

3つの演出モードから選ぶことができ、お好みに合わせて切り換えることができます。

Left Caption

カスカス

オススメは緑ドンです。それ以外は当たりません(オカルト)

 

BIG確率には大きな設定差がありませんので、REG確率を中心に見ていきましょう。

REG確率
1:1/392.4
2:1/354.2
5:1/322.8
6:1/281.3

夕方から立ち回る際は、REG確率を参考にするのもいいかもしれません。

 

あとはボーナス中の花火の種類

多少の目押しは必要ですが、設定うんぬんよりも奇遇判別に有効です。

ボーナス中の花火
   →奇数設定
スマイル→偶数設定
   →高設定示唆(弱)
ビリー →設定2以上
HANABI→高設定示唆(強)

4段階設定なので、奇遇判別はそこまで難しくないと思います。

HANABIロゴに関しては一応高設定濃厚ってことになっていますが、超薄い確率で低設定でも選ばれるので注意が必要です。

BIG中の花火示唆目押し
中右適当押しで、提灯が上段or左上がりにテンパイしたら、「提灯・BAR・チェリー」をビタ押し。成功で花火示唆出現。※提灯が中段テンパイの場合は、3連ドンを避けて消化


REG中の花火示唆目押し
予告音発生時に、「BAR・チェリー・BAR」をビタ押し。中右リールはBARをアバウトに狙う。

ドンちゃん2の個人的評価

最近はマジで勝たせてもらっている機種の一つ。差枚数はともかく、8割くらい勝ちに結びついています。ドンちゃん2には液晶演出があるので、私のような「HANABIが苦手」っていう人でも打ちやすいかと思います。ただ導入台数が少ないので設定面で期待できるか微妙ですが、わりとマイルドに楽しめるので、数千円勝負なんかにもオススメです



自分が勝ちやすいと思ったAタイプを極めると収支が安定します

ここで個人的に勝てるオススメAタイプをご紹介しましたが、ハッキリ言って人の意見なんてどうでもいいと思います。

他人の意見なんか参考になりません。

だって地域やホールによって設定状況は違うんだから。

なので、自分が勝ちやすいと思ったAタイプだけを極めていけばいいと思うのです。

 

ただあれもこれもと選ぶとAタイプとはいえ大負けする可能性が高まりますので、3機種くらいに絞り立ち回ると良いでしょう。

欲張れば負けるのがAタイプなのでプラス1000枚を目指し、確実に5・6だという確信がないのであればすっぱりと止めることが大事。

少額でも確実に勝ち続けることがAタイプの勝つ方法。

自分が勝ちやすいAタイプを見つけて、しっかりとした立ち回りで収支を安定させていきましょう。

もし打つAタイプに迷ったのであれば、この記事の勝てるオススメAタイプを参考にしてください。

カスカスのオススメAタイプ(2021年8月版)
1位:ドンちゃん2
2位:アイムジャグラー
3位:クレア3
4位:ハイハイシオサイ
5位:ラッキー海物語
※+収支が高い順

 

「このAタイプは勝ちやすいよ!」ってのがありましたらコメント欄にて教えてください。

Left Caption

カスカス

Aタイプ打っている時が一番スロットしてる感があるよね
Twitterの【底辺カスカス】をフォローして頂ければ、当ブログの最新の記事を知ることができます。 もちろんフォロバします。 応援のつもりでよろしくお願いします・・・。 Twitter【底辺カスカス】




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】