羽根モノは勝てない?【勝てない理由と勝ち方】

羽根モノは大好きだった、カスカスです。

さてみなさん、パチンコの羽根モノを打ったことがあるでしょうか?

羽根モノとは・・・

開放口に玉が入賞すると羽根が開放し、その羽根に玉を入れて役物内のVに入賞させられれば大当りとなるパチンコ

のことです。

こんなやつ

羽根モノは運よりも釘が全てで、釘さえ良ければ金額はともかく毎日勝てると言われています。

昔はどのパチンコ店にもあったものですが、今は絶滅危惧種Ⅱ類くらい見る機会が少なくなりました。

Left Caption

カスカス

なんやかんやで規制の影響をモロに受けたのは羽根モノ説・・・

そんな羽根モノに対して・・・

・羽根モノは勝てない!
・全然回らないから面白くない
・金を捨てに行っているようなもの

なんて言う人も。

羽根モノが勝てない理由と勝ち方について、偏見も含めて書いていこうと思います。


羽根モノが勝てないと言われている理由

羽根モノが勝てないと言われている理由は、以下の3つ。

・拾わない、当たらない
・つまらない
・台数が少ない

 

拾わない、当たらない

羽根が玉を拾わない』『羽根モノは当たらないって声があります。

スタートチェッカーに玉を入れ、開いた羽根に玉を拾ってもらい、V入賞を目指すというのが羽根モノの基本的な流れ。

つまりチェッカーに入らなかったり羽根が玉を拾わなければ、当たらないのは当たり前です。

羽根に関しては開いたとしても一瞬だったりするので、毎回入ることはないかと思いますが、全く拾わない・当たらない理由として、

①店側の調整(釘調整、台の寝かせ)
②打ち手のストロークの問題

が考えれます。

人気の低迷などのせいか、最近は調整が酷くて玉を全く拾わない羽根モノを置くホールが増えた印象。

なので羽根モノに罪はありません。

Left Caption

カスカス

いや、たまに製造過程の癖とかもあるみたいだけど

 

つまらない

羽根モノの魅力はなんといっても、玉の動きに一喜一憂できること。

好きな人は好きなんでしょうが、アナログ感が嫌いな人は玉の動きにイライラするでしょうし、つまらないと感じてしまうことでしょう。

一回のV入賞で大量出玉が取れる機種もありますが、基本的な羽根モノは何度も当たりを繰り返して玉を増やしていきます。

Left Caption

カスカス

パチスロで言うならAタイプみたいな感じ。

なのでつまらないと感じて途中で飽きてしまえば、羽根モノでは勝てないと思います。

 

台数が少ない

羽根モノの台数が少ないことも勝てない理由。

一昔前までは羽根モノコーナーがあったりしたものですが、今ではバラエティーに数台っていう店も多くなっています。

台数が多く稼働が良ければ、釘をイジってパチスロの設定のように各台調整できたのかもしれませんが、今はほとんどありません。

「打ちたい人だけ打って頂戴」的な感じで、放置している状態ではないでしょうか?

Left Caption

カスカス

少なくとも地元パチ屋では

羽根モノの勝ち方

勝てないと言われている羽根モノですが、ちゃんと立ち回れば常勝可能なジャンルです。

Left Caption

カスカス

私の知人に、仕事を辞めてデビルマン倶楽部だけを打って毎日プラっていた人がいました。今はちゃんと仕事してます。

ガチ系な立ち回りは他のブロガーに任せておいて、ここでは簡単な勝ち方をご紹介します。

 

店選び

羽根モノで勝つために店選びは超重要。

バラエティーに数台しか置いていない店よりも、島での設置があり、なおかつ稼働が付いている店の方が勝てる可能性が高くなります。

羽根モノは、釘などの調整で勝てる勝てないが決まってきます。

『台数が多く稼働がある店=羽根モノに力を入れている可能性が高い』ってことなので、まずは店選びからスタートしていきましょう。

 

データグラフを見る

羽根モノで勝つためには、基本的にを見る必要があります。

羽根に向かう寄り釘だったり、台のネカセだったり・・・。

でも素人にはそんなの分かりませんし、プロでもすぐに分かる人はいないと思います。

そこで見るべきポイントとしては、データグラフです。

羽根モノは釘さえ良ければ、右肩上がりのグラフを描きやすいと言われています。

こういった台は、あまりよろしくない

もちろん運要素も少なからずあるかもしれませんが、ある程度稼働があってプラスのグラフを描いているようであれば良い調整台の可能性が高いです。

Left Caption

カスカス

大当たり回数よりも、スランプグラフの方が参考になりますね。

 

飽きない精神力

羽根モノで勝つためには“飽きない”ことも大切です。

どんなに良い調整がされている台であっても、打ち続けなければ結果が付いてこないこともあります。

一撃数千発の台ならまだしも、基本的な羽根モノは平均数百発の出玉を積み重ねて勝ちを目指すゲーム性です。

飽きてしまう気持ちも分かります。

周りではバシューンとかドカーンとか効果音を鳴らしている中、パチパチと音を鳴らしながら玉の流れを見続ける。

デジタルに慣れた我々にとって、苦行と感じることもあるでしょう。

しかしそれでも飽きない・ブレない精神こそが、羽根モノで勝つためには大切なのです。

Left Caption

カスカス

もちろん良い台を拾ったらの話だけど。悪い調整台だと1000円使って、全く入らないってこともあるからね。



これから羽根モノを打つ人へ

羽根モノはこんな人にオススメ!
・玉の動きに一喜一憂したい
・デジパチに飽きた

中には羽根モノが嫌いって人もいるでしょう。

ですが、1種2種混合機のように知らず知らずのうちに羽根モノの要素を楽しんでいる人もいる。

結局、我々は羽根モノが好きなんです。

Left Caption

カスカス

強引な考え方ですけどね。

羽根モノは地味ですが、釘さえ良ければ数万発のポテンシャルも持っています。

デジパチの抽選に疑問を持ったときなんかは、当たり外れが目で分かるアナログの羽根モノを打ってみてはいかがでしょうか?

羽根モノは勝てると思いますか?
Left Caption

カスカス

羽根モノが強い店は他も強いって誰かが言ってたな・・・




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】