気になる?みんなの給料と自分の適正年収を知る方法

2020年3月22日

「給料安すぎですよ!」ってうちの社長に言ったら「ごめんなさい」と言われて何も言えなくなった男、カスカスです。

さてみなさん、自分の給料に満足していますか?

この記事を見たという事はたぶん満足していないのでしょう。

「自分の給料安すぎる・・・」

「普通はもっと貰えるだろ」

と今の給料に対して不満を持っている人も多いのではないでしょうか?

そして一番気になるのが、同世代・友人などのみんなの給料

どのくらい貰ってるんだろう?って疑問に思いますよね。

そんな気になるみんなの給料を知って、自分の適正な年収を考えていこうと思います。




 

みんなはどのくらい給料を貰っているの?

では周りのみんながどのくらい給料を貰っているのかが気になると思いますが、別ブログでの集計と当ブログでの集計をご覧いただきましょう。

こちらは2017年に別ブログで集計したアンケートになります。

30万以上  :17人
25~30万   :24人
20~25万   :18人
15~20万   :9人
10~15万   :11人
10万以下  :5人
無収入    :1人
※合計85人

次に当ブログの勝ち組負け組記事で集計したアンケート(2020年3月までデータ)になります。

30万以上   :36人
25~30万  :24人
20~25万  :20人
15~20万  :23人
10~15万  :12人
10万未満   :4人
無収入     :4人
※合計123人

二つのアンケートから周りのみんながどれくらい貰っているかをランキングにしてみましょう。

アンケート総数:208人
1位:30万以上  53人(26%)
2位:25~25万 48人(23%)
3位:20~25万 38人(18%)
4位:15~20万 32人(15%)
5位:10~15万 23人(11%)

結果は以上の通りになりましたが、みなさんはどうでしたか?

意外にも30万以上って方が一番多いことにビックリです。※意外と金貰ってんな、おい!

でもまぁこれが一般的な給料の割合なのかもしれません。

ちなみにこれは私の知人・友人から集計した給料の割合になります。

30万以上   :3人
25~30万  :5人
20~25万  :4人
15~20万  :3人
10~15万  :8人
10万未満   :1人
無収入     :2人

大半が地方在住なので、割合が全体的に低めにはなっています。

以上のアンケートを見て、周りの給料に比べて自分の給料が安すぎると思ったら次の事を試してみましょう。

 

給料が安すぎると思ったら適正年収を知ろう!

みんなの給料を見たり聞いたりしてショックを受ける前に知っておいて欲しいのが適正年収と呼ばれるものです。

適正年収とは、自分の能力・経験から算出される給料のことで、別な言い方をすれば「その人の価値」になります。

野球選手とかサッカー選手とかでも、その人の能力に応じて球団が年俸を提示しますよね。

それと同じです。

自分の給料が安すぎると思ったのなら、この適正年収を調べてみるのももいいかもしれません。

適性年収を知らずに給料が安すぎると言っても、どのくらい給料が安いのか分かりませんからね。

もしかしたら給料が安いのは自分の能力のせいかもしれないし。

そんな適性年収を知るために今回使うのが、色々な企業の求める人物像と自分の持っている資格・能力などのプロフィールを照らし合わせた上で適正年収を簡単に算出してくれるアプリのミイダスになります。

こちらのアプリは転職サイトではありますが、3万5000社にも及ぶ企業の求める人物像と自分の経歴やスキルを照らし合わせて、誰でも簡単に適正な給料を調べることが可能です。

しかも無料で。

転職アプリと言えば怪しいイメージもありますが、私自身も登録しているアプリなので安心してください。

簡単にミイダスの特徴を書きます。

1、登録はたった5分で優良企業10,000社にあなたの経歴を公開
2、登録完了後すぐに書類選考合格済みオファーが届く。
3、自分の市場価値に見合った想定オファー年収がわかる。
4、自分に関心を持っている企業がリアルタイムで分かる。
5、自分の希望条件に合致したオファーのみ通知できる。
6、万全のセキュリティで個人情報も安心

ごちゃごちゃと書いていますがそういうことです。

我々としては転職云々よりもまずは適正年収を知りたいので、まずは登録してみましょう。

ミイダスの使い方

ミイダスの簡単な使い方をご紹介します。

まずは【現在の市場価値を調べる】から無料会員登録をします。※アドレス・パスワード入力もあります。

すると下記のようなプロフィール入力画面が出てきます。

 

簡単な入力なので迷わずにサクサク出来ると思います。

すると画像上部に【選考条件に合致した企業】【年収実績】【面接確定のオファー】の3つの数字が表示されます。

このサイトはプロフィールを入力した時点で企業の求める人材と照らし合わせるので、すぐにオファーが届くのです。※オファーというのは書類選考合格という意味です。

そして真ん中の年収実績というのが大まかな適正年収(市場価値)になります。

途中の入力欄に「現在の勤めている会社」という項目が出てきますが、入力したからといって公表はされないので安心してください。※正直に答えた方が正確な数値が出ます。

入力を進めて行くと最後に自分の適正給料が表示されます。

と、ここまでは登録しなくても見ることができますが、無料会員登録することでどんな会社からオファーがあったのかを見ることができます。

オファーというのはあなたの能力に興味があるっていう会社です。

高校野球でいえばスカウトマンみたいなものです。

この項目の一番上【あなたへのオファー】まで行くと、どこかの会社が自分のスキルや職歴に興味があるって事になります。

結構某有名会社からもオファーがありました。

また細かいプロフィール設定することでより自分を必要としている会社からのオファーが届くようになり、もしオファーした会社に転職を希望するのであればそこから先に進むことができます。

そして無料会員登録を済ませ、一通り入力した私の大まかな適正年収がこちらです。

428~602万円!!

おいおい、盛り過ぎだろ・・・

私の年収が180万円以下なので3倍以上の金額を提示されてしまいました。

ですがそれくらいの市場価値が私にはあるって事で、180万円で働いている事は損している=適正ではないという事になります。

Left Caption

カスカス

まぁ能力があることは知っていたけどね(笑)

しかしながら私的には今の仕事には時間的に満足しているので給料は気にしていません。

このようにこのアプリを使えば、あなたにどのくらいの価値があるかどうかを簡単に提示してくれます。

金額は盛りすぎている感じもありますが、これが自分の能力に見合った給料の額なのです。

↓こちらから公式ページをご覧になれます↓

 

みんなの給料を知り、自分を知る

周りのみんなの給料を知ることで、自分の社会的地位がハッキリ分かりますよね。

こういった機会がなければ、井の中の蛙状態で一生を終えることにもなりかねません。

そこで今回紹介したミイダスを使ってみてどうでしたか?

自分の今の給料と適性年収を比べてみて、高かったですか?安かったですか?

適性年収より高いのであれば、今のあなたの給料は適正って事になります。

しかし逆に適性年収より安かったのであれば、今の給料は適正じゃないという事です。

給料に不満を持ちながらも働き続けていては何も変わりませんし、モチベーションも上がりません。

適正じゃないってことはあなたの能力に対して給料が安すぎるということなので、自分に高い給料を支払ってくれる会社への転職を含めて考えるべきだと思います。

Left Caption

カスカス

安い給料で働かされているということは、今の会社があなたに対して「低い価値」でしか見ていないって事ですね。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】