パチンコでプラマイゼロ?【いえ、マイナスです】

パチンコするだけで人生マイナス、カスカスです。

さて、この記事を訪れたという事は、

・なんとか取り返した。あやうく大負けするところだった
・とりあえずプラマイゼロだから良かった

といった、九死に一生を得た人たちでしょう。

Left Caption

カスカス

大負けからのプラマイゼロって、プラスで終わるよりも気持ちいいものですからね

 

パチンコのプラマイゼロって基本的に、回収額から投資額を引いて考えると思います。

確かにそれで正解なのですが、“パチンコにおいて引き分けなんてない”というのが個人的考えです。

プラマイゼロ=負けといっても過言ではないのです。




 

本当にパチンコでプラマイゼロですか?

パチンコ含むギャンブルは、

投資額>回収額:負け
投資額<回収額:勝ち

以上の2通りが基本です。

それに対してプラマイゼロは、投資額=回収額であったとき。

例えば、1万円使って1万円回収はプラマイゼロ・・・ということです。

Left Caption

世間の声

無料で遊べた!やったー
Left Caption

世間の声

取り返したぜw いやっほーい

確かに収支上はプラマイゼロかもしれませんが、“実はマイナスである”ことが多いです。

その理由がパチンコに絡む経費です。

 

ガソリン代などの交通費

パチンコ店が近所にあるならまだしも、多くの人が車や鉄道といった交通手段を使ってパチンコ店に行くと思います。

収支がプラマイゼロであっても、この交通費の部分でマイナスになっている可能性があります。

 

例えば、車でパチ屋に行く人。

片道20キロ先にパチ屋があるとします。

今のガソリン代が1ℓ160円くらいだとすると、普通の燃費(ℓ=15キロ)の車で片道200円くらいかかります。

Left Caption

カスカス

往復なら400円ですね

 

バスや電車を使うならなおさらで、パチンコに行くだけでお金がかかってるんです。

あまり気にしてる人はいないでしょうけど、これが月に数回あれば数千円程度の交通費がかかっている計算になってきます。

パチンコをするために交通手段を使ったわけですから、交通費も計算に入れるべきであり、そう考えるとパチンコでプラマイゼロじゃないことも多いわけです。



 

飲み物や昼ご飯などの飲食代

パチンコをすると、必ずってほどコーヒーなどのジュースが飲みたくなるものです。

また、パチンコ屋に併設されているレストランなどで昼食をとるって人もいると思います。

これら飲食代も、パチンコ屋に行く事でかかる経費になります。

 

ジュース1本130円

月に5回行けば650円かかりますし、1日2本買えば倍、3本買えば倍倍チャンスとなっていきます。

昼食を取れば500~1000円くらいかかりますし、この飲食代というのは馬鹿に出来ないと思います。

ジュース代や昼食代はパチンコに行った事で掛かってしまった出費なので、パチンコ収支はプラマイゼロでもマイナスって事も考えられます。

 


どうでしたか?

こういったパチンコ以外の出費は、今まであまり気にしてこなかったと思います。

「めんどくさい奴だな」「細かいことは気にすんな」と言いたくなるのも分かりますが、これが事実なのです。

Left Caption

カスカス

“塵も積もれば山となる”ってやつですね

一つ例を挙げると、

片道20キロ先のパチンコ屋に月5回行く人で毎回ジュースを1本購入
400円(パチ屋往復分)+130円(ジュース代)=530530円×5(月にパチ屋に行く回数)=2650円2650円(1か月)×12(1年)=31800円

年間で31800円掛かってくるんです。

月に10回、ジュース2本ならこの倍で63600円!!

Left Caption

カスカス

タバコ代や昼食入れたらもっとです・・・

これを少ないとみるか多いとみるかは人それぞれですが、こんだけの出費があるわけです。



 

お金以外のマイナスもある

経費を差し引いても、金額的にはプラマイゼロだった人もいるかもしれません。

けれどパチンコをやることで、必ずマイナスになっている部分もあります。

 

例えば健康

長時間座っていることでの体へのダメージなど、健康への見えないマイナスもあります。

・食生活の乱れ
・肩や腰への負担
・視力
・精神面
など

これは知らず知らずのうちにマイナスになっているので、パチンコが原因だと分からずに過ごす人も多いかと思います。

Left Caption

カスカス

ちなみに私は座り過ぎで、胃を悪くしました
この記事もオススメ

 

そして一番のマイナスが時間

パチンコは趣味だから時間は気にしないって人ならいいのですが、そうじゃない人はパチンコをやることで大切な時間が失われています。

1年間は8760時間です。

月に8回パチンコ屋に行き、8時間いたとします。

1年間で768時間もパチンコをしている計算になり、1年8760時間のうち約9%をパチンコに費やしているのです。

 

その時間バイトしたらどうなりますか?

時給900円でも69万円稼げる時間なのです。



明日から1日だけでも働ける「シェアフル」

極端な例でしたがそれくらいの時間をパチンコに使ってしまっている、だからマイナスということを覚えておきましょう。



 

パチンコにおいてプラマイゼロという概念はない

私はパチンコ・スロットにおいてプラマイゼロという概念はないと思っています。

確かに収支ばかりに目が行ってしまうのもわかります。

ですが、基本的にパチンコなどのギャンブルは勝ちor負けなのです。

引き分けは絶対にありません。

お金が減ってないにしろ、パチンコに行くだけで何かしらのマイナスは必ずあり、色んなモノが失われている可能性もあるのです。

この考え方はめんどくさい考え方なのであまり気にしなくてもいいと思いますが、パチンコの収支以外の出費、健康や時間のマイナスがあるってことを覚えておいてください。




プロフィール

 

※画像は本人ではありません

年収180万円の低所得者。

副業が大好きで、底辺の頂点目指しています。

記事に対する皆さんのご意見を聞きたいので、気軽にコメントください。※誹謗中傷はNGよ

「記事に共感した」「可哀そうだからフォローしてやるか」って方は、Twitterのフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】