出玉規制とカジノでパチンコ・パチスロ終わり!?

2020年4月20日

統合型リゾート整備推進法案(カジノ法案)が可決され、いづれは日本に巨大エンターテイメントのカジノが誕生するわけですけども、ネット上では出玉規制とカジノの誕生で、近い将来パチンコ・パチスロが終わるのでは?という意見が出ています。

実際に10年前と比べて売り上げ・遊戯人口共に大幅に減少しており、2018年には遊戯人口1000万人割れをしています。

MAX機の撤去・枚数上限など出玉規制が厳しくなりパチンコ・パチスロ離れが進んでおり、さらにカジノが誕生する事によって遊戯人口の減少に拍車が掛かると言われています。

そんな閉塞感漂うパチンコ業界・パチスロ業界ですが、私はパチンコ・パチスロは終わらないと思っています。

むしろ原点に戻り、大衆娯楽として生き残るのではないかと考えています。




 

出玉規制によるパチンコ・パチスロへの影響

出玉規制による店・ユーザーへの影響は軽微と考えています。

規制によりパチンコの399分の1などのハイスペック機は完全に無くなり、射幸性高いパチスロ機は段階的に減らされています。

パチンコ店はその減った台数分穴埋めをしなくてはならず、資金力のない店舗は実際潰れていっています。

しかし資金力豊富なパチンコ店は生き残っていますので、今まであり過ぎたパチンコ店が篩にかけられているのです。

そして出玉規制で客離れしていると言われていますが、出玉規制うんぬんというよりはユーザーの高齢化による影響と、非正規雇用の増加による低所得化が大きな原因と考えています。

年々客離れが進んでいくのはパチンコ業界だけでなく様々な業界にも言えることなので、全てが出玉規制による影響ではないと思っています。

 

カジノによるパチンコ・パチスロへの影響

次にカジノができることによるパチンコ・パチスロへの影響について考えてみます。

「カジノができるからパチンコ・パチスロ遊戯人口が減る」これは間違いです。

カジノとパチンコ・パチスロはゲーム性など全くの別物で、ターゲットとなるユーザーも違います。

パチンコ・パチスロは庶民向けであるのに対し、カジノは富裕層・外国人客が基本的なターゲットとなっています。

なので日本に数か所カジノが誕生したとしても直接的な影響はないとみています。

そもそも普段からパチンコ・パチスロやっている人は、カジノのスロットマシンやバカラ、ポーカーとかは合わないと思います。※スロットRioシリーズでは逆にカジノを演出の一部にしてしまってるくらいです

 

パチンコ業界の就業者数から考えてみる

実はパチンコ業界に従事している人の数は約30万人いるとされ、大きな雇用を生み出しています。

この30万人という就業者数は日本国内全業界の5本の指に入る規模となっており、もしパチンコ業界が終わるのだとしたら多くの失業者が生まれるという事も考えなければなりません。

そんな大きな人と金を動かすパチンコ業界がそう簡単に終わるとは考えにくいのです。

しかも近年はパチンコメーカーによるカジノ参入が目立っており、カジノが日本に来ることでさらに盛り上がることも予想されます。




パチンコ・パチスロは終わらない

カジノ立地や出玉規制での影響は少ないと言いましたが、人口減少などの時代の流れによる影響は避けられないと思います。

しかし完全に終わるという事はありません。

例えば1万円を使うことすら抵抗のある低貸ユーザーが入場料だけで数千円取られるカジノに入ると思いますか?

「だったら1パチ打つわ」ってなるのです。

確かに規制による少しの影響もありますが、パチンコが終わるってほどの影響力はないはずです。

ただカジノが議題に上がるために注目されている「ギャンブル依存症」は大きな問題なので、暗黙の了解で運営しているパチンコ・パチスロへの厳しい目は一層強くなるかもしれません。

そこで考えられるのがパチンコの原点回帰・大衆娯楽化です。

すでにパチンコ店は【娯楽】と言い張っていますが、娯楽という割には大金が飛ぶし、中には借金を抱えてしまう人だっています。

娯楽なのに借金っておかしいですよね?

そんな依存症を減らすための今回の出玉規制ですが、まだまだ十分とは言えません。

好きな人は好きなままだろうし、どんなに出ない勝てないと文句を言いながらもパチンコ店に通う事でしょう。

なのでパチンコ・スロットというのは終わらないと考えています。

 

パチンコ・パチスロの未来

パチンコ・パチスロはカジノが進出するにあたって、筐体が派手になっていくことが予想されます。

というのも多くのメーカーがカジノ産業への参入を行う事で、カジノ寄りの派手さに変わっていくと思うからです。

その逆のカジノのパチスロ化も考えられますね。

過去にどんな規制があっても、どんな苦難があっても乗り越えてきたメーカーが今残っています。

それは未来のこの先も同じでしょう。

なので、あの手この手で色んな新技術・新筐体を届けてくれると思いますので、パチンコ・パチスロの未来に期待しつつ、我々は札束を握って待っていればいいと思います(笑)




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】