本当にパチンコは終わりなのか?【新型コロナとカジノの影響は・・・?】

パチンコの終わりは私の終わりでもある、カスカスです。

さて、パチンコ業界には逆風が吹き続けています。

2015年:ハイスペック機(1/399)の禁止
2018年:大当たり出玉最大1500玉に引き下げ
2020年:パチンコ店全面禁煙化
2020年:新型コロナウイルス襲来
近い将来:カジノの日本上陸

規制やらなんやらもここ10年くらいでかなり広がったし、新型コロナが襲来した際は世間からの風当たりも強くなりました。

毎回何かあるたびに「パチンコ終わりだ」なんて叫ばれているパチンコ業界ですが、本当にパチンコは終わりなのでしょうか?

考えていきます。



『パチンコは終わり』と言われる理由

ネットなどで『パチンコが終わりだ』と騒がれている理由を見ていきたいと思います。

 

規制の強化

まずパチンコ終わりと叫ばれる大きな理由が規制の強化

出玉規制であったりスペック規制であったり、当時よりも一撃性のない機種が増えてきています。

もちろん数万発出せる機種も存在しますが、当時と比べればかなり減りました。

一撃性でアピールできないからか、筐体と演出だけは立派。

ボタンが生首になったり、データ機の見えないくらいの屋根がついたり、剣だとか銃だとかのオモチャ付き。

それでも規制の影響をモロに受けているパチスロよりはマシだと思いますが、昔からのパチンコユーザーからすれば物足りなさはあるかもしれませんね。

Left Caption

カスカス

パチンコは出玉に直結する規制緩和がまぁまぁあるので、規制による悲壮感は少ないかと思います。

 

遊戯人口の減少

パチンコ離れは年々進んでいるそうです。

パチンコの参加人口(パチスロは含まない)は2013年に1000万人を割り、2020年は894万人と、1998年のピーク時(約2700万人)から1/3にまで減少しています。

これが規制による影響なのか人口減少による影響なのか分かりませんが、こういった遊戯人口の減少もパチンコが終わりと言われている理由でしょう。

 

新型コロナによる影響

2020年に入り、パチンコ業界を大きく揺るがしたのが新型コロナウイルス

東日本大震災でも数日で営業強行したパチンコ屋もありましたが、さすがに国の発した緊急事態宣言には屈した様子。

2020年4月~5月の数週間から1か月程度休業を余儀なくされたパチンコ店も多く、その結果、小規模店を中心に閉店が相次ぎました。

そして新型コロナが襲来した当初はパチンコ店に対する世間の風当たりも強く、自粛期間中なのにパチンコをする人達も多く取り上げられました。

今は落ち着いていますが、パチンコ店とパチンコをする人たちの悪い印象ばかりが残り、「パチンコ終わったな」って思った人も多かったのではないでしょうか?

 

将来的なカジノの誕生

日本では2016年に統合型リゾート整備推進法案(カジノ法案)が可決され、いづれは日本にカジノが誕生する可能性があります。

カジノが誕生すれば、グレーな存在であるパチンコが毛嫌いされるのは必須で、パチンコの本当の終わりがやってくるのでは?とも言われています。

ただカジノとパチンコではゲーム性は全く違い、さらにはターゲットとなるユーザー層も違います。

パチンコ→一般庶民の遊戯
カジノ →富裕層のギャンブル

なので直接的な影響はないと思っていますが、ギャンブル依存症に対する世間からの風当たりが強くなればなるほど、パチンコも非難の対象となり、さらなる規制強化が進んでパチンコの終わりが近づく可能性もあります。

 

でもパチンコは終わらない・・・

どんなにパチンコは終わりと騒がれても、なんだかんだで終わらないのがパチンコ業界です。

規制をすればその規制に合わせた機種が登場するし、新型コロナで閉店も相次ぎましたが大手を中心に生き残り続けています。

いきなり「はい、パチンコは今日から終わりです」なんてことは絶対ないわけで、結局は我々遊戯者がやるかやらないかの問題。

パチンコをやる人がいなくなれば自然とパチンコ業界は廃れていくし、やる人がいる限りは廃れない。

今後カジノが襲来したとしても、それは変わりません。

Left Caption

カスカス

まぁカジノ自体もどうなるか分からないですけどね。

もちろんバックには政治家や警察庁が絡んでいると言われていますし、パチンコ業界に従事している人・企業は全業界の5本指に入る規模とも言われています。

そういったことを考えると、パチンコは終わらないと私は思っています。



パチンコの未来

これはあくまでも憶測ではありますが、パチンコ業界が終わるどころか活気づく可能性もあります。

確かに業界が厳しくなっているのは事実だと思いますが、経営統合や新たな挑戦を行って生き残りを賭けています。

また規制緩和に向けた動きもちらほら始まっています。

さらには国内だけでなく長年培ったノウハウを生かし、海外のカジノ産業へ参入する企業も増えてきているとのこと。

セガサミー
韓国・仁川のIR施設『パラダイスシティ』に45%出資し運営
ユニバーサル
フィリピン・マニラで『OKADA MANILA』を運営

この他にもマルハンやダイナム、ベガスベガスといったホール業界もカジノへの出資・運営などの参入を行っています。

Left Caption

カスカス

パチスロではありますが、こんなカジノ仕様の筐体まで・・・

過去にどんな規制があっても、どんな苦難があっても乗り越えてきたパチンコ業界。

それはこの先の未来も同じでしょう。

みなさんのご意見・ご感想をお待ちしております。

Left Caption

カスカス

なので、あの手この手で色んな新技術・新筐体を届けてくれると思いますので、パチンコの未来に期待しつつ、我々は札束を握って待っていればいいと思います(笑)




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】