【事例】パチンコで人生が狂った2人の知人

2021年3月14日

パチンコで人生が狂った一人、カスカスです。

今のパチンコ業界は規制の影響もあり遊戯人口は年々減っているそうですが、それでもパチンコやスロットによって人生が狂ってしまう人というのは未だに多くいます。

パチンコでお金を使うために犯罪を犯したり、自殺したりというニュースを一度は見たことがあると思います。

そう。

パチンコというのは自身や周りの人を不幸にする可能性があるのです。

パチンコで人生が狂い、終わってしまう。

私はパチ系のブログを書いていますが、決してパチンコを勧めているわけではありません。

パチンコやスロットの面白さと共にその恐怖についても書いているつもりです。

正しく遊んでいる分には『娯楽』として楽しめます。

しかしお金を稼ごうと思ってしまうとそれはギャンブルになってしまいます。

パチンコをやったことがないって人は一生関わらなくていい世界です。

ここでは過去に出会ったパチンコによって人生が狂った2人の事例をご紹介します。



事例1、友人から勧められパチンコにハマった妻子ありの32歳男性

画像はイメージです

私が過去に販売職に就いていた頃の話になります。

妻子ありの32歳の上司がいました。

その方はとても一生懸命働いていて、よく私に子供の話をしてきたりしていました。

しかしある日突然、私にパチンコの話をしてきたのです。

「この人もやるんだ」と最初はびっくりしたのですが、私自身パチンコをやっていたので休憩時間とかに勝った負けたの話で盛り上がっていました。

聞いたところによると昔の友人が勧めてきて一緒に行ったところハマったそうです。

最初は1円パチンコで楽しんでいたみたいですが、ある日「8万勝ったよ」と私に報告してきたのです。

1パチで8万は無理だよな・・と思い聞いたところ、友人といった日に初めて4パチの慶次を打ってビギナーズラックで8万円勝ったそうです。

それからその人は変わってしまいました。

今まで家族の話をしていた人が、会話のほとんどがパチンコの話になってしまったのです。

そしてそれから2か月くらいして「最近子供とどっか行ってますか?」と聞いたら、「実はパチンコがバレて喧嘩になって離婚した」と言ってきました。

半年前までは家族愛に溢れていた人がパチンコと出会った事で人が変わり、ついには離婚して独り身になってしまったのです。

あれから8年経った今でも独身で、ほぼ毎日パチンコに行っているそうです。

※この記事は本人の許可をとって書いています。
※年齢は当時の年齢です



事例2、元カレが原因でパチンコ依存症になった26歳女性

画像はイメージです

私の女友達の中に、1年単位で恋人が変わる恋多き女性がいます。

その方とは高校時代からの交流があり、10年間くらいは複数人で遊びに行ったりもしていました。

これは5年前くらいの話です。

いつも通りにどっかの街に遊びに行く計画を立て、その女友達も誘う事にしました。

「今どこにいる?」と連絡すると「今、マ〇ハンで少し出てるから待って」と返信がありました。

私たちの仲間内でも彼女がパチンコをすることは知っていたので、ビックリはしませんでした。

前の彼氏がパチンコ好きで一緒にいったのがキッカケでハマったそうです。

しかし別れた後もパチンコを続けており、休みの日があればパチンコ屋に出没していました。

ある日、私が仕事終わって家で休んでいるとその女友達から一本の電話がありました。

「今月生活できそうにないからお金貸して」

私は「ざまぁみろ」と笑いながら、その時はお金を貸しました。

しかし後日仲間から聞くと同じような電話を仲間全員にかけている事が分かり、断った人も中にはいましたがそれでも6万近くは集めていた計算になります。

パチンコで貯金を失い、給料も月の最初に使い果たしてしまっていたそうです。

その後、全員にお金は返されましたがパチンコとは離れることができなかったようです。

2年前くらい前から連絡しても繋がらないしTwitterも更新していないようで、その女友達とは全くの音信不通に。

仲間内では「結婚したからいなくなった」とか「借金でアパートを出された」など多くの噂がありますが、本当の事は不明です。※近県に移り住んだというのは確からしい

※この記事を書くにあたっての本人の許可は取っていません。(正式には音信不通)


以上がパチンコで人生が狂った2人の事例でした。

二人に共通することは誰かに勧められた事が根本原因にあります。

今までパチンコと縁もゆかりもなかった人がパチンコに出会ってしまい、人生が狂ったのです。

そして離婚や音信不通といったことに繋がっていきました。

 

パチンコで人生を狂わされない為に

パチンコをやったことが無い人でも、誰かに勧められたことがキッカケでハマってしまう事はよくあります。

自分の意志でパチンコを始めるって人は少ないと思います。

Left Caption

カスカス

私も最初は友人から勧められたのが始めたきっかけでした。
パチンコを始めるキッカケ
・親
・恋人
・友人
・会社の先輩、同僚
など

 

まだパチンコの経験がない方は、誰かに勧められても「お金がないんで」とか「あまりそういう空間が苦手なんで」などとしっかり断ることが重要になります。

「どうせハマらないから1回くらい」と思う方もいるかもしれませんが、その“1回だけ”が命取りです。

人生崩壊の1歩になってしまいます。

パチンコによる人生崩壊
・借金
・離婚
・犯罪
・身内、友人との疎遠

でも自分の尊敬している人や交際相手が勧めてくると断れないという人もいると思います。

そもそもそんなパチンコを勧めてくるような人を尊敬していて良いのでしょうか?交際して良いのでしょうか?

パチンコなどのギャンブルを勧めてくるという事は、あなたの事をどうでもいいと思っているのと同然です。

そんな人とはすぐ縁を切ることもオススメします。

 

パチンコというのは一生関わらなくてもいい世界です。

この2人の私の知人のように人生を狂わされないためにも、絶対にパチンコ・スロットをはじめギャンブルには関わらないようにしましょう。

こちらの記事も参考に

当ブログでは記事の感想・応援などをコメント欄にて随時募集しています。※全てのコメントに返信します。

Left Caption

カスカス

パチンコで人生が狂った人はたくさんいます。私もその一人ですが、一度狂って後悔しても手遅れ。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】