パチンコの年間負け額を改めて考える【平均50万円!?】

今までのパチンコで負けた額をトータルするとたぶん家が建つ、カスカスです。

さてみなさん、パチンコやパチスロで年間いくら負けていますか?

打ち方やレートによっても年間負け額って変わってくると思いますが、レジャー白書2019によると一人当たりの年間平均費用は8万1800円(2018年)だそうです。

ん??

年間8万しか使わない???

ちょっとオカしな金額ですよね。

8万なんて1か月で吹っ飛びますし、その年間平均負け額では約1万あるホールを運営できるとは思いません。

ここでは、リアルなパチンコの年間負け額について考えていこうと思います。

Left Caption

カスカス

計算とかは苦手なんで単純に見ていきます。



パチンコの年間負け額について

まずはこちらをご覧ください。

これら知人サイトにて2018年にとったアンケートの集計です。

詳しい人数を公開しましょう。

パチンコの年間負け額(2018年)
年間プラス      :8人(10%)

10万円以下     :4人(5%)
10万以上50万未満 :21人(27%)
50万以上100万未満 :37人(47%)
100万以上              :9人(11%)

パッと見ると『50万以上100万未満』の方が一番多く、『10万以上50万未満』が2番目。

年間100万円以上負けている人も11%います。

レジャー白書2019での年間平均使用額8万1800円が含まれる10万円以下はたったの4人。

これが現実ですね。

もちろん打ち方やレートによっても違いますが、仮に1パチでも年間10万以上の負けって普通にあると思います。

Left Caption

カスカス

毎月1万ずつ負けてればそれだけで年間12万負けですからね・・・

みなさんのパチンコ年間負け額(パチスロ含む)は、どれに当てはまりますか?

あなたの年間負け額は?

 

リアルな年間負け額は平均50万円

アンケートや自分の年間負け額から、パチンコの年間負け額は10万円以上100万円未満だと思います。

範囲がやたらと広いのはレートが色々あるためで、1パチ・5スロ以上のレートであればこの範囲に収まると思います。

つまり間を取ったリアルな年間負け額は平均50万円

1か月あたり:約42000円のマイナス

どうでしょう?

自分の負け額に近づいたでしょうか?

レジャー白書の8万円ってあり得ないんです。

よく考えてください。

ホールの人件費・水道光熱費・建物の維持費・入替費用などを考えれば、一人年間8万円の回収ではホールが潰れてしまいますからね・・。

 

でもリアルなパチンコ年間負け額って、あまり公にできないことだと思います。

だって世間の風当たりが強くなるわけですから。

業界が「パチンコは娯楽です」って言っているのに、年間50万円負けていれば娯楽とは言えませんよね。

レジャー白書のように年間10万円以下に抑えておけば、一般的な趣味の金額になるので批判も回避できます。

Left Caption

世間の声

そんなことあるかい!
Left Caption

カスカス

ちなみにレジャー白書2020によると、年間使用額は10万3000円と増加したそうですが、それでも少ない金額です。

ともかく平均50万円くらい負けているってことは負け過ぎだと思うので、打ち方を変えていく必要はあると思います。

 

年間負け額からパチンコ人生のトータル負け額を考える

年間負け額を知ったところで、「ふ~ん、そうなんだ」って流す人も多いはずです。

そりゃそうです、一気にその50万円という金額がなくなるわけではないですからね。

せっかくなんで、年間負け額から今までのパチンコ人生のトータル負け額についても見ていきたいと思います。

 

年間10万負け未満

トータル負け額
5年 :50万円未満
10年:100万円未満

年間10万円負け未満で収まっている人は、趣味の範囲内でのパチンコを楽しめている人です。

月平均1万円以下なので、一般的な娯楽と同額程度。

このままパチンコを楽しんでも問題ないと思います。

ただし“チリも積もれば”なので注意しましょう。

 

年間10万負け以上50万円未満

トータル負け額
5年  :50万円以上~100万未満
10年:100万以上~500万円未満

年間10万負け以上50万円未満の人も、どちらかというと趣味の範囲内で収まっている人かもしれません。

ですが、月2~3万の小遣いで遊んでいるって人は全てパチンコに突っ込んでいるということも考えられますし、少ない給料の人は約1か月分の給料が失われているってことも覚えておく必要があります。

そして10年単位で見ていくと結構大きな額にもなりますので、注意してください。

 

年間50万負け以上100万未満

トータル負け額
5年  :250万円以上~500万円未満
10年:500万円以上~1000万円未満

年間50万円以上負けている人のほとんどは、4パチ・20スロユーザーだと思います。

お金に余裕がないとここまで負けられませんが、趣味の範囲である金額をオーバーしているので、少し打ち方を変えていくべきかもしれません。

この範囲の負け額で5年負け続けると新車が買えるほどの金額だし、10年負け続ければ安い中古物件が買えてしまいますね。

 

年間100万負け以上

トータル負け額
5年  :500万円以上
10年:1000万円以上

年間100万負けている人は、もはや養分と化しています。

無駄に金がある人ならまだしも、年収300万前後でこの負け額の人はいますぐに止めた方がいいと思います。

10年以上この金額で負け続ければ、地方で家が買えます。

低貸に移るとか行く日を減らすとかだけでも変わると思います。



出玉規制はあっても負け額規制はない

この記事で算出したパチンコの年間負け額は平均50万円ということでしたが、みなさんはどうでしたか?

Left Caption

カスカス

サイトによっても違いはあると思います。

しかし・・・パチンコ・パチスロってオカシイですよね。

だって出玉規制はあっても、負け額規制はないのですから。

つまり底なし沼。

年間の負け額がたいしたことなくても、それを5年10年続けていれば恐ろしい金額になります。

単純に月平均3万負けていれば、年間36万円。

それを10年間続ければ360万円ですからね。

中には今までの負けを取り返そうとしている人もいますが、よくよく考えれば無理だってことが分かるはずです。

この記事を読んで、自分の年間の負け額は適正なのか?そしてこのままでいいのか?を考えるキッカケになればいいと思います。

Left Caption

カスカス

ちなみに私も年間平均50万円くらいのマイナスだと思います。プラスの月もあるけれど、結局はそれもパチンコに消えていくので。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】