パチンコがストレス発散にならない理由【逆に溜まります】

パチンコほどストレスが溜まるものはない、カスカスです。

さてこんな人と出会ったことはありませんか?

「よし、今日はストレス発散でパチンコにでも行くかな」

「パチンコで仕事のストレス解消しようっと」

・・・はっ?って感じですよね。

たぶん皆さんが一番分かっていると思いますが、パチンコはストレス発散にはなりません。

Left Caption

カスカス

むしろストレスが溜まります。

なぜパチンコがストレス発散にならないのか?その理由を書いていこうと思います。

※この記事に科学的根拠はありません。体感的に思ったことを書いています。




パチンコがストレス発散にならない理由

まず、ストレス発散に良いとされている趣味をご覧いただきます。

・釣り
・ゴルフ
・カラオケ
・スポーツ鑑賞
・バッティングセンター
・サウナ
・ゲーム
など

例えば、ストレス発散法として人気のゴルフ。

ボールを打った時の快感や、周囲の自然を感じリラックスできることがストレス発散に繋がると言われています。

ではパチンコはどうでしょう?

確かに玉は打ちますが、玉を打っただけでは快感だと思いませんよね。

周囲にはギラギラとした人工物ばかりで自然は感じられませんよね。

体を動かすこともなければ、ただ液晶とにらめっこ。

他の趣味に比べて快感が少ない』『リラックスできないというのがストレス発散にならない理由。

 

そしてそれ以上に、パチンコがストレス発散にならない理由は負けてお金が減るから

スポーツにも勝ち負けはありますが、負けたからと言ってお金は減りません。

しかしパチンコは負ける事だけではなく、お金まで減ってしまう。

これではストレス発散にはならないですよね。

「数万負けたけど、ストレス発散できた~」って人はほとんどいないと思います。

Left Caption

カスカス

もちろん金持ちなら別ですが・・・。

 

ストレス発散どころか逆にストレスの原因にも・・・

ストレスの原因をもう一度考えると、パチンコがストレス発散にならないことは一目瞭然です。

厚生労働省のページに『ストレスとは?』という記述があるのでご紹介します。

そもそもストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。つまり、日常の中で起こる様々な変化=刺激が、ストレスの原因になるのです。
引用:厚生労働省ホームページ

この中で注目して頂きたいのが、『環境的要因』『身体的要因』『心理的要因』です。

これをパチンコに置き換えると・・・

環境的要因
→台から発せられる光や音
身体的要因
→長時間打つことによる目や腰の疲れ。
心理的要因
→当たり外れを繰り返す

そう、つまりパチンコはストレス発散どころかストレスの原因になっているかもしれないのです。

Left Caption

カスカス

『日常の中で起こる様々な変化=刺激がストレスの原因』とありますが、パチンコは短時間で展開が目まぐるしく変化しますからね。

 

それだけではありません。

・釘が悪く回らない
・毎回ハマる
・単発
・横が大連チャン
・小役が落ちない
・メイン同時当選役がスルーしまくる

といった、色んなことがストレスとなる可能性だってあるわけです。

Left Caption

カスカス

実際に「パチンコでストレス発散するべ」とパチンコに行って、数時間後にブチ切れながら帰った友人もいます。

根本的にパチンコでストレス発散はできず、逆にストレスを溜める原因になってしまいます。

 

ストレス発散になるのは最初の30分間だけ

もちろん、全くストレス発散にならないというわけではないと思います。

入店~台選び、そして打ち始めはストレス発散になっています。

というのも、打ち始めってどういう展開が待っているかと楽しみで、色んな嫌なことを忘れられますよね。

しかしそれは入店時と打ち始めの30分間だけ

30分過ぎるとワクワクとした楽しい気持ちから、徐々に「早く当たれ」というイライラに変わってしまいます。

そりゃそうです。

お金がかかっているし、当たらない事には楽しくありませんからね。

ストレス発散になったとしても一時期的なもので、時間が経つにつれ、発散した以上のストレスがかかってしまうのです。

 

例え勝ったとしてもストレスは溜まる

Left Caption

世間の声

勝てばストレス発散になるのでは?

確かにパチンコで勝てばストレス発散になりそうですが、それはイエスノーどちらもです。

確かに勝てばストレス発散にはなると思います。

ですが最初から最後までノンストレスで楽しめたかというと、それはないと思います。

例えば4万円使って10万勝った人がいるとします。

本人は最終的に10万円買っているのでストレス発散できたと思っているでしょう。

しかしそれまでの過程を見てみると、最初に4万円使っているわけで、そこまでに色んなストレスが溜まっているわけです。

確変中やAT中もそうです。

確実に数万勝てるという状況ならまだしも、バトルで負けそうになったり一度転落したりと色々な展開があり、それもストレスとなります。

復活すれば脳汁もんですが、負けた時はストレスがかかります

もちろん目や肩の疲れから肉体的ストレスもかかっているでしょう。

なのでパチンコでストレス発散できたというよりは、パチンコで溜まったストレスをパチンコで発散しただけ

つまり日頃のストレスを発散する方法としてのパチンコは、何の意味もないということです。



パチンコでストレス発散という考え方は捨てよう

『パチンコでストレス発散する』というのは、ただパチンコがしたいだけの口実です。

何度も言いますが、パチンコはストレス発散にはなりません。

むしろ逆にストレスを溜める空間と言えるでしょう。

仮にストレス発散できたと思っている人は、ただの勘違いで、すでにパチンコ依存症です。

パチンコに行くことが寝る・食うと同じ習慣になっているだけ。

パチンコに行く理由で「気晴らし」「息抜き」だとかを口にするようになったら、もう終わり。

ともかく、パチンコでストレス発散というくだらない考え方はドブに捨てましょう。

パチンコはストレス発散になると思いますか?
Left Caption

カスカス

これだけ言ってもまだ納得できない人は、10万負けた自分を想像してみて。負けて落ち込んでいる姿を想像できたら、パチンコがストレス発散になっていないってことだから。




プロフィール

年収180万円の低所得者で、転職6回の日本の底辺代表。人生経験と人脈だけはまぁまぁあります。副業が大好き。底辺の頂点目指しています。気軽にコメントどうぞ!

やる気を出すためにもTwitterフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】