パチンコでボロ負けした時に見る助言【4つのやるべきこと】

ボロ負けevery day、カスカスです。

さて、この記事を訪れたということは、パチンコやパチスロでボロ負けしたってことOK?

たぶん今、

・絶対パチンコなんてやめてやる
・もう何もしたくない・・・
・パチンコ、マジムカつく!

なんて思っていることでしょう。

でもボロ負けした後は気持ちが堕ちているけど、次の日になればコロっと気持ちが変わる。

今日こそは出る!!

・・・同じことの繰り返し。

パチンコするたびにボロ負けしていては、もはやパチンコのために働いているようなもの。

そんなボロ負けして心が病んでいる人への助言記事です。

Left Caption

カスカス

助言って言っても別に何かを押し売りするわけではないので、気軽にお読みください



 

ボロ負けしたときの心情

ボロ負けしてホールを出ると耳がキーンとして、何もかもが『無』

ああ・・やっちまった。

「あそこでああしてれば・・・」とか、そんなことすら頭に浮かんでこない。

綺麗な夜空を眺めながら、帰宅の途につく。

何やってんだろ・・・俺・・・。

これが私のボロ負け後の心情です。

Left Caption

カスカス

いわゆる放心状態ってことですかね(笑)

 

みなさんの心情はどうでしょう。

・有り金全部使ってしまった死にたい・・・
・何もしたくないし、もう仕事もしたくない
・俺の人生終わりだ!!

ボロ負けすると、ネガティブな感情になり何も手に付かなくなります。

死にたいって思う人や仕事への気持ちが薄れたり、詐欺に引っかかったり・・・

ボロ負けでお金を失うだけでなく、冷静な判断も失う可能性があります。

この記事もオススメ

 

誰しも一度はボロ負けを経験します

パチンコをやっている以上、誰もが一度はボロ負けを経験します。

当記事では2018年12月よりアンケートを実施していました。

2020年9月までの結果をご覧いただきましょう。

あなたはおいくら万円負けたのですか?
5万~10万円   :442票
1万~5万円     :251票
思い出したくもない:178票
~1万円      :38票

5万円以上をボロ負けの基準とすれば、「思い出したくない」って人も合わせて約70%

つまり7割の人がボロ負けし、この記事を訪れているのです。

なので安心してください。

Left Caption

カスカス

この記事には同じ境遇の人が多く集まってきています

過去最高負け額については過去記事をご覧ください。

 

ボロ負けしたのは自分のせい

ボロ負けしたときって、

・店のせい
・台のせい
・他人のせい

にする人も多いと思います。

爆サイなんかを見ていると、負けた人達の悪口オンパレードです。

でも結局、ボロ負けしたのは自分のせい

Left Caption

カスカス

誰もそこまで使えとは言っていないわけで・・・

止めようと思っても止められない、薬物と一緒。

頭に血が上り、ヤケクソになって大金を突っ込む。

自分の意思の弱さなのかもしれません。




 

ボロ負けした時にやるべきこと

ここからはボロ負けした後にやるべきことをまとめます。

せっかくボロ負けしたのですから、この負けを良い教科書にして次への糧にしていきましょう。

 

パチンコの無意味さを知る

まずはパチンコの無意味さを知るべきでしょう。

パチンコは時間・お金・人生の無駄です。

Left Caption

カスカス

これについては詳しく書いている別記事をご覧ください

 

私自身、人生の中で何時間パチンコ屋にいたか分かりません。

休みの日、朝9時から夕方5時までいるとして8時間。

それを週休二日制なんで、

8×8日=64時間(1か月)

一年間で64×12か月=768時間。

11年間×768時間=8448時間

少なく見積もっても約8500時間はパチンコ屋にいたことになります。

Left Caption

カスカス

そう考えるとやべぇ・・・

 

その数千時間という時間があれば何か別な事が出来たかもしれません。

もしかしたら東大に合格できるような知識を得ることが出来たかもしれません。

何かがきっかけで大金持ちになったかもしれません。

しかしその数千時間をパチ屋で過ごして得たものはありますか?と問われても、何も思い浮かぶことはありません。

いくらその台の知識を頭に入れたところで社会的に何も役に立たないし、数年すればその台すら消えてしまいます。

パチンコで得た知識はパチンコでしか使えません。

 

止めるべきかどうかを考える

ボロ負けを機に、パチンコを止めようと思う人もいるでしょう。

そう簡単には止めれないと思いますが、止めるべきかどうかを考える良い機会だと思います。

ボロ負けをキッカケにパチンコ・パチスロを止める事ができれば、そのボロ負けは無駄にはなりません。

そのまま続けるのもありだし、止めようとするのもあり。

Left Caption

カスカス

もし止めたいのであれば、こちらもご覧ください
この記事もオススメ

 

なぜボロ負けしたのかを考える

もし止めずに続けるのであれば、なぜボロ負けしてしまったのかを考えましょう。

ボロ負けするまでの過程には、必ず原因があったはずです。

・あそこで止めていれば
・あの台を打たなければ
・あの店に行かなければ
など

人間というのは反省しない生き物です。

これを振り返らずに次も行けば、必ず同じ過ちを犯します。

なぜボロ負けしてしまったのかを振り返り反省することで、次に同じ過ちを犯そうとしたときに気付ける可能性もあります。

Left Caption

カスカス

過去のボロ負けした経緯を、戒めとしてスマホのメモ帳とかに記入しておくのもいいかもしれません

 

一生懸命働く

ボロ負けすると何も手に付かなくなると思いますが、だからといって仕事を疎かにしてはいけません。

仕事があってこそ、パチンコができるわけで。

だらだらとボロ負けを引きずらず、負けを忘れるくらい仕事で一生懸命働いてください。

そうすることで、また違った気持ちでパチンコを打てると思います。

もちろん負けた悔しさを利用して、私のように【副業】を頑張るのも一つの手。

Left Caption

カスカス

ボロ負けした悔しさは、仕事や副業へのモチベーションに換えてみませんか?

 

生活が苦しいのであれば・・・

ボロ負けして生活が苦しいのであれば、日払いバイトをしてみるのもありです。




単発バイトアプリ「シェアフル」

Left Caption

カスカス

私自身も生活難の時は、地元の日払いバイトをして凌いでいます




 

『パチンコでボロ負け』という過ちを繰り返すな!

パチンコやパチスロでボロ負けというのは、誰もが必ず経験することです。

なので「自分だけ・・」と悲観する必要はありません。

ただし、同じ過ちを繰り返してはいけません。

繰り返せば繰り返すほど、抜け出せない沼にハマっていきます。

パチンコでボロ負けしてしまったのであれば、

・パチンコの無意味さを知る
・止めるべきかどうかを考える
・なぜボロ負けしたのかを考える
・一生懸命働く

以上のことを行いましょう。

 

パチンコは“負けるのが当たり前”のギャンブルです。

なので負けること自体は仕方ありませんが、“ボロ”負けだけは絶対に避けましょう。

純粋に金額を抑えたいだけなら、【軍資金を決める】【低貸を打つ】といった方法もあります。

これだけでも“ボロ”負けは防げると思います。

 

最後になりますが、何も考えずに次も行って同じ過ちを繰り返せば、このクソ記事をもう一度見るハメになるでしょう。

「こんなクソ記事に出会いたくない」と思ったのなら、ボロ負けしないようにパチンコ・パチスロを楽しんでください。

ボロ負けして愚痴りたいときは、コメント欄にて吐き出しちゃってください。

全コメントに返信します。

あなたは、おいくら万円負けたのですか?
Left Caption

カスカス

でもボロ負けしたときのあの虚無感・・・快感だよねww




プロフィール

 

※画像は本人ではありません

年収180万円の低所得者。

副業が大好きで、底辺の頂点目指しています。

記事に対する皆さんのご意見を聞きたいので、気軽にコメントください。※誹謗中傷はNGよ

「記事に共感した」「可哀そうだからフォローしてやるか」って方は、Twitterのフォローよろしくお願いします!※フォロバします

Twitter【底辺カスカス】